Chasing Diamonds

長文考察愛だだ漏れ系aimのぶろぐ。140字じゃ足りない愛は原石を追いかけて。

Best Dressed Breakfast Awards ~Strawberry Breakfast 衣装考察~

 

ごきげんよう、aimです!

 

先週火曜日に突如サプライズプレゼントとして投下され、瞬く間に500万回再生も超えたStrawberry Breakfastのmv。

www.youtube.com

 

このmvがあらゆる意味で完璧で素敵だということは、公開直後のTLに溢れる

解釈の一致・死ぬ前の夢・幻覚

という言葉の数々に象徴されていたと思います。

 

そんな完璧なmvの中でも、衣装の面では何が、なぜ、どんな風に、完璧なのか、ファッション畑の人間としての考察欲が非常に高まりました。

 

というわけで、TrackONE IMPACT の Imitation Rain白衣装ぶりの衣装考察ぶろぐ。

描き起こしたデザイン画と共に、メンバーそれぞれの衣装の良さそしてSixTONES6人になった時の衣装の良さ、を順番に考察していきたいと思います。

 

さらに、このStrawberry Breakfastという楽曲はSixTONESとお洋服の最高のハーモニーを引き寄せる運命にでもあるのか、同じ週の少年倶楽部で披露された際にも素晴らしく素敵な衣装が選ばれていました。

 

2週間前の少クラでトークコーナーで見えていた段階から、好きすぎて考察したい旨を綴っていたところ、その衣装で披露されたのがStrawberry Breakfast。

これはもう考察だけじゃもったいない、ということでこちらのデザイン画も描き起こした上で考察しています。

 

デザイン画だけ先にまとめてあるので考察に興味がないよ、という方はそこだけでもどうぞ!

あなたどういう立場と経緯で衣装考察なんてしてるの???という方はこちらのぶろぐをお先にどうぞ! 

aimingforsixtomatones.hatenablog.com

 

それでは今回も長文でLet's go٩( ᐛ )و(ジュリ)

 

 

Strawberry Breakfast 衣装

【Music Video】

f:id:aimingforsixtomatones:20210520135740p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142300p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142333p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142354p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142404p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142409p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142419p:plain



【ザ・少年倶楽部

 

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142530p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142537p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142555p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142602p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142608p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142615p:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142620p:plain





Strawberry Breakfast 衣装考察

 

【Music Video 】

Black Suit の魔法

メンバーそれぞれの衣装考察に入る前に全員に共通するポイントである Black Suit について少し。

 

”ディスコチューン”とも表されるこの曲調であれば、ディスコルック定番のブーツカットパンツに柄シャツの組み合わせでも雰囲気は合うと思います。それこそBTSのDynamiteの衣装的な。

 

でもStrawberry Breakfastにおいて大切なのは、”僕”の何気ない日々を名作に生まれ変わらせてくれる、 主演女優賞が似合う愛しい人への気持ちを溢れさせること。

 

I wear a black suit、としっかり明言して去っていくこのSixTONESからは、

主演女優賞級の君に相応しくあるためにはこれくらいの正装当たり前だよね?

という声が聞こえる気がします。

 

今回のmvで着ているスーツはタキシードのような本当の”正装”というわけではないですが、男性のフォーマルウェアとしての認識が高い”黒いスーツ”を着ているだけでも、レッドカーペットに似合う特別感が演出できていて、曲のコンセプトを引き立てていると思います。

(女性がカラフルなドレスを着ることが多いのに対して男性のフォーマルウェアは黒、という認識に落ち着いたのには結構ちゃんとした歴史があって面白いので興味のある方は是非調べてみてください。私も今回改めて調べて楽しかったです。英語だけど個人的にはこの記事がすごくわかりやすくて好きです。Color in Menswear | The Black Suit 

 

そして全員揃ってそのフォーマルさを纏うことで高級感を演出しつつ、各々の個性をスーツの中で魅せられるからSixTONESは本当にかっこいい。

 

mvの1人ずつお姉さんを口説いていくシーンをもとに、それぞれの違いを順に考察していきたいと思います。

 

 

ジェシー

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142300p:plain

洋画のような世界観のStrawberry Breakfastが一際似合う男ジェシーさん。

 

衣装考察の際にいつも言うのですが、モデルも華麗にこなすジェシーさんはとにかく身体の造形からしてかっこいい。

スタイルお化け集団のSixTONESの中でも特に、”素材”の時点でのスペックが高く、さらにそれを生かしたお仕事の経験を積んでいるおかげで”魅せる力”も抜群な人がジェシーさんです。

大抵のお洋服をより良く魅せることができる上に自分もかっこよく演出できる人なので、ジェシーみたいな人にお洋服を着てもらって喜ばないデザイナーはいないはず。

 

そんなジェシーさんは基本なんでも似合ってしまうので私服でも見られるようにド派手なインパクトがあるお洋服ももちろん着こなせます。

でもStrawberry Breakfastのmvではあえて一番シンプルなスタイリングをされています。

 

これは、どれだけ”ジェシーそのもの”のスペックがすごいかを見せる意思を感じるスタイリングです。

超王道の真っ白なドレスシャツに組み合わされたレザーのナロータイ。シンプルなブラックのネクタイだと思っていたものがレザーだと気づいた時の衝撃は忘れられません。

 

レザーは基本的に強い・かっこいい・硬派なイメージを与える素材です。そのため身につけるときにはその強さに負けないかどうか、見極めることがとても大切です。レザータイを付けてる人になんて滅多にお目にかからない理由はそこにあります。

 

でもジェシーなら。””素材””””魅せ方””も抜群なジェシーなら、レザータイを着こなせます。それもなんの誤魔化しの効かない白いドレスシャツの上にどシンプルなブラックで。

 

着ている人のスペックがもろに見えてしまうシンプルな色調という時点で難しいのに、身につけることで ”着られてしまう” 可能性の高い素材を混ぜることでさらに難易度を上げたスタイリングで、ジェシーは輝ける。

その事実がジェシーの個性をものすごく素敵に魅せていますし、同時にビジュアル力におけるジェシーらしい、ジェシーにしかない魅力の稀有さを証明していると思います。

 

シンプルさが本当に秀逸で大好きなスタイリングです。

 

 

田中樹

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142419p:plain

ジェシーに続いて、余裕の表情で登場する樹さん。

 

樹は線が細いですが、その細さが逆に無骨でかっこいい印象を与える、これまた素材が最高な人です。

どちらかというとジェシーとは逆で、シンプルなものをかっこよく着こなせる素材の良さ、というよりは、「なんでそんな柄でかっこいいの???」というような素材の良さ。

 

そんな樹に当てられたのが細かいレオパード柄のシャツ黒のシルクのネクタイ

 

1人だけお姉さんに振られてもにっこにこな爆モテに完璧なアニマルプリントのチャラさ!

しかもなかなかシャツ地としては見ない細かさのモノクロのレオパード柄を着て””かっこいい””から樹さんには敵いません。

 

さらにそのシャツに合わせられているのがシンプルの中のシンプルで高級感のあるシルクのネクタイ。

道ゆくお姉さんへのナンパにも関わらず、3本のバラで””愛しています””と伝えるSixTONESが、実は6人合わせて18本になると””誠実””、的なギャップをこの柄×王道の組み合わせは見せてくれます。

SixTONESの中でも一際チャラくて強そうな見た目の中に、とんでもなく気配りのできる優しさと真面目さを抱えた樹さんの魅力を体現したスタイリングだと思います。

 

そしてここで特筆しておきたい樹さん恐ろしポイントがひとつ(言い方)

歩くときはジャケットを開けてルースなかっこよさを演出する樹さんですが、ラップで無双するスーパー樹タイムの直前、1:49で後ろを向いて歩きながらボタンを留め、あえてカチッとフォーマルな印象で爆モテラップタイムをこなします。

 

ジャケットが歩く時にはどう見えて、立ちどまっている時にはどう見えるのか、そしてそれがどんな印象に繋がるのか、把握している紛れもない証拠です。

 

しかも再び歩き出す前の2:14で”””片手で”””しれっとまたボタンを外し、その手はポケットに滑り込ませながら颯爽と歩き出すだけでなく、反対の手では”””愛しの人”””大我さんとハイタッチを交わすこの爆モテ……

 

いったいどこまでが本人の裁量なのかとんでもなく怖いです………本当に好き。お洋服も爆モテの演出の一部に生かしてくれてありがとう………

 

 

京本大我

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142333p:plain

爆モテ樹さんが微笑みを浮かべてお姉さんに振られるのは奥に愛しの大我さんが見えているからですか? ミュージカル俳優らしい登場が愛しい大我さん。

 

そんな大我さんがスーツの中に身につけるのはもちろん、きょも担、いやスト担、いや全人類の好物、ボウタイブラウスです。大我さんのボウタイブラウスが好きじゃない人なんて絶対いない(真理)

 

樹とは真逆な繊細で可憐な印象を与える線の細さが美しい大我さんは、その柔らかな魅力が引き立つボウタイブラウスが本当によくお似合いになります。メンズでここまで似合う人、本当にそうそういない。

ボウタイブラウスだと、タイの部分がシャツ地と同じ柔らかい質感になるので、普通のネクタイよりも軽やかさや浮遊感が増して、その点でも大我さんの魅力をより輝かせていると思います。

 

そうしてこれまで幾度となくボウタイブラウスを着てきた大我さんですが、過去のものと比べても、今回のスタイリングが一際素敵だと思う理由がひとつ。

それは大我さんが6人の中で1人だけスリーピースを着ていて、ジャケットとブラウスの間にベストが存在しているところです。

 

まず、このベストがあることによってボウタイの部分がシャツの白に紛れることがなく、存在感を増します。これによってジャケットと組み合わされた状態でのブラウスの魅力が最大限に生かされます。

と同時に、ベストによって白の面積が減って引き締まった印象になることで、柔らかく優しいだけじゃない、かっこいい大我さんが引き立っていると思います。

さらに、スリーピースを身につけていることでフォーマル度が一気に上がるので、大我さんの高貴な魅力も助長されます。

 

まさに一石二鳥ならぬ一石三鳥のスリーピース×ボウタイブラウスのスタイリング、姫と言われてしまいがちな大我さんの繊細な美しさだけでなく、とってもかっこいいところも同時に見せてくれていて大好きです。

 

 

 

髙地優吾

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142404p:plain

華麗なターンを決めながらゆらゆらとお姉さんを口説きにかかる髙地さん。

 

こちさんも樹さんと近い、骨っぽさがかっこいいタイプの線の細さを持った人です。

 

このGQ MEN OF THE YEARの時のPaul Smithが象徴的だと思うのですが、「なぜそれをそんなにしれっと着こなしておいでで???」という気持ちになる癖強めのお洋服を着こなせるのがこちさん。

www.gqjapan.jp

 

骨格を生かしながら、樹が「これ似合うだろ、よくね?(ドヤ)」って感じで変な服(褒)を着てくれるのに対して、こちさんは「あぁ、これ?なんとなく着てみただけだけど…似合う?」って感じで変な服(褒)を着てくれる感じの違いです(伝われ)

 

そんなこちさんが今回着ているのはモノクロのストライプシャツ深いボルドーのナロータイ

 

今回は変なのを着こなせるポテンシャルを見せて攻める、というよりはタイプが似た樹とペアになることでSixTONESのバランサーを担うこちさんという印象です。

 

モノクロの柄物シャツ、という意味でゆごじゅりペア感が強くて好きなのですが、こちさんが着ている方が縦ラインが強調されていて、その点で個性がちゃんと大事にされているな〜と思いました。

 

この縦ラインの強調はシャツのストライプはもちろん、ネクタイの幅が細く、かつ黒に限りなく近いボルドー、という点からわかります。

もし幅が広かったりもっと明るい赤になると、ネクタイの形ごと存在感が強まってしまうので、あくまでもこちさんの線の細いかっこよさを強調するためのスタイリングとして、細いけど深い色が選ばれたのだと思います。

樹が普通の幅のネクタイなのに対してこちがナロータイ、というのも意図的な対比かなと思います。

 

そしてあえて最初から黒いタイではなく黒に近いボルドーというのはこちさんの持つミステリアスさや底知れない深みを表してる感じもしてとても好きです。優吾沼は深い。

 

 

森本慎太郎

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142409p:plain

個人的にお姉さんへのアプローチが一番しんどいたろさん。こう、お姉さんの肩を抱ききらないところが完璧ですよね……あの手!!!(聞いてない)

 

海の男 慎太郎さんはSixTONESの中では唯一と言っていいほど、とにかくがっしりしてるので、正直 ”男らしいスーツのきこなし” が一番わかりやすくできる人だと思っています。

 

そんな彼がBlack Suitの中に着るのは6人の中で唯一のカラーシャツダークグレーのそのシャツに黒地に細い赤のラインが入ったネクタイをしています。

 

基本的に色は暗ければ暗いほど締まって見えるので、スリムに見せたければオールブラックにしたり縦を強調する細いストライプにしたり、逆にコントラストの強い白でジャケットの黒の力を増幅させたりします。

ですが、慎ちゃんのSixTONESの中での個性と特別なかっこよさはがっしりしたところにあるので、あえてジャケットの黒よりも少しだけトーンの高いダークグレーのカラーシャツを着ることで、体の厚みがかっこよく強調されているのだと思います。

 

ネクタイの幅もナローにせずレギュラーで行くことで、安定感が魅力として映ります。そして柄を見ても、細い赤いラインが広めの間隔で入っていることによって一定の太さが強調されるとともに、のっぺりとした印象を避けてくれます。

この差し色が赤でお姉さんのワンピースとマッチしてるところは、慎ちゃんとお姉さんのシーンがしんどい理由のひとつでしょう。

 

それから特筆しておきたいのは、慎ちゃんだけ、mv全編を通してジャケットのボタンを閉じたままだということ。

カラーシャツで体の厚みが強調されるのはもちろんいいことでもあるのですが、あまり見えすぎると”厚すぎる”方向にも行きかねないので、どんなに動く場面でもあえてジャケットは締める、という判断がなされたのではないかと個人的には思っています。

胸元だけで色の変化を見せることで、そのかっこいい厚みにときめかせる仕掛けかも知れません。ずるい!

 

 

松村北斗

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142354p:plain

最後はお姉さんを仕留めにかかると思いきや一番こっぴどく振られてしまう不憫北斗さん。

 

ほっくんはなんと言っても肩幅が武器。ジャケットは特に”肩で着る”と言われるほど肩がかっこいいことが重要なので Black Suitの着こなしも完璧です。個人的にはスーパー樹タイムの後ろで踊るほっくんの肩幅が絶景。

 

あとはYoutubeで見れる私服からもわかりますが、ほっくんもまあ個性的な服が似合うこと。お顔がとにかく端正なので、クリーンな印象のものを着るよりも、ちょっと変化球的なものを着た方が面白いバランスが取れて目を引く印象です。

 

そんなほっくんが今回着ているのは黒地に(おそらく花柄の)総柄のシャツと同じ柄でペアのネクタイ

 

黒地の総柄はガラが悪く見えかねない難しいアイテムですが、ほっくんのお顔と身体付きのラインが綺麗なおかげでそうは見えません。

 

また、マルチカラーの総柄の場合、その色の中のひとつを差し色として取り入れるネクタイの組み合わせが多いと思うのですが、今回は同じ柄の対になったネクタイが選ばれています。

同じ柄になることでぼんやりとしたネクタイの立体感だけが残るので体の中心に深みが生まれ、ほっくん特有のどことなくミステリアスな雰囲気がすごく素敵に引き立てられていると思います。

 

メンカラでもある黒を隅々までかっこよく纏った、でも遊び心もあるスタイリングでとても好きです。

 

 

全員

f:id:aimingforsixtomatones:20210520135740p:plain

さあそして6人一緒がとにかく最強なSixTONESさん。(比較しやすくするためにあえてポーズは全く同じにしています)

 

Black Suit を使って6人全体の統一感が保たれる中、今回はさらに京ジェ・ゆごじゅり・ほくしんの 2:2:2 でスタイリングが意識されていると思います。

 

サムネの並びで言うと、

『白が映えるモノクロ柄で魅せるゆごじゅり』

『真っ白と真っ黒のどシンプルなコントラストで魅せる京ジェ』

『カラーで魅せるほくしん』

といった感じです。

 

左サイドゆごじゅりについては、こちさんのパートでも少し触れましたが、遠目から見ても白黒のミックスが基調になった柄の強さと、それを着こなせる細いけどかっこいい体格でペアになっていると思います。

 

そして右サイドほくしんは肩幅がっしり同盟でもあり、今回は”色で魅せる”担当をしっかり担っています。モノトーン気味なSixTONES全体に、少しの色で深みを足す役割。

 

最後。最高で最強の京ジェ。(贔屓目は許して)

SixTONESを 3:3 にすればほくじぇしんのがっしり組と、きょもゆごじゅりの細い組に分けられますが、 2:2:2 にすると体格的に同じ分類になる人がいないのが京ジェ。でもそれが京ジェの素晴らしいところ。なんてったって背中合わせになった時のあのフィット感…!!!世界一完璧な10cmが京ジェの間の10cmです。

そのバランスの取れた体格差のある京ジェがセンターになることが最初から想定されていたからこそ、2人にはあえてシンプルど直球且つコントラストの強いスタイリングがなされたのだと思います。

 

 

このようにして個性の際立たせ方も、6人のバランスもコンセプトと調和しつつ素晴らしい、Strawberry Breakfast mv衣装。

そんな衣装で本来のかっこよさが一層輝く6人が、またさらに最高な動きや表情を見せてくれるからこそ、このmvはこんなにも私たちの心を掴む”夢””幻想”とも称されるのだと思います。

いつか本当にred carpetを歩くSixTONESを見る日まで、何度だって主演女優賞にescortしてもらえるこの映像の幸せを噛み締めたいです。

 

 

【ザ・少年倶楽部

さて、すでに7000字を超えていますが() 少クラのStrawberry Breakfast衣装も本当に大好きだったので考察。

こちらはベースがDance All Nightの披露にも使われた衣装なので、曲のコンセプトにガッツリ合っていてかっこいい、と言うよりは、とにかく6人に似合ってるしバランスが絶妙でかっこいい、と言う意味で素晴らしい衣装だと思います。

1人ずつ考察していきます。

 

 

ジェシー

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142537p:plain

素材の力でなんでも着こなすジェシーさんのこの衣装最大のポイントは、チェック×ストライプの超高難易度の組み合わせ。

しかも線同士の間隔が狭く、ごちゃっとした印象になりかねないチェックとカラフルなストライプの組み合わせなので、体のバランスが整っていないと本当に "着られてしまう"  衣装です。

それをリラックスした空気感で纏うからジェシーさんには本当に脱帽。肩幅も身長もきちんとあるからこそ、柄に飲まれることなく着こなせているのだと思います。

 

そしてボリュームのあるロングジャケット着る際には、ボトムスはスキニーの方が絶対失敗がないのですが、ジェシーが履くのはゆるいシルエットのレザーパンツ

レザーの質感で締まりは生まれますが、レザーが故の強さやゆるいボリュームに負けないのはやはり身長があるからです。

 

上下ともにゆるめのボリュームなのが気にならないのは、ジャケットを完全に右側に寄せた状態でベルトを留めるこの面白いデザインのおかげだなとも思います。個人的にとても好きなデザイン。身長があったらこのジャケット着たいもん…((身長があったら))

 

それから基本モノトーンの6人の中で、ほぼメンカラのストライプを担うのがジェシーというところも、この衣装のまたにくいポイント。SixTONESを背負うのはやはり我らのセンター ジェシー………

 

 

京本大我

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142555p:plain

この衣装が好きすぎる

本当に。これを着てる時の大我さん、オールバックなのも含めて大好きなんですけど、トークの時から本当に好きで。初見は「フィッシュネットっっっっっっ!?!?」と叫びました。本当に。すごい叫んだ。

 

ベースとなるインナーは普段の大我さんも好きなゆるっとしたカジュアルなTシャツとボトムスのシンプルなスタイリングですが、このリブのハーネス風なパーツがついたフィッシュネットニットが本当に天才。

 

ざっくりとした編み目から透けて見える白い肌がまあ素晴らしいこと。

しかもただのフィッシュネットだと華奢で頼りない感じが強調されかねないのですが、太いリブが身体の中央に位置することで、男らしさを損ないません

 

さらに、このリブがゆとりのある長さで付いていてダンスに合わせて動くので、ダイナミズムも生まれます。完璧。

大我さんの繊細かつ強いところを生かすのにこんなぴったりな方法があったのかと、拍手喝采でした。

 

Imitation Rain白衣装が好きなように、私は素材違いで魅せるワントーンのコーディネートが好物なのですが、このスタイリングは大我さんの魅力をしっかり引き出しているのとともに、ワントーンコーデの大成功例の一つでもあると思います。大好き。

 

 

松村北斗

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142602p:plain

今回の衣装、一番着ているメンバーの個性が爆発しているのがほくじゅりだと思うのですが、先にほっくんの考察。

もうこの衣装、私服でもおかしくないレベルに松村北斗を叫んでいると思います。スタイリストさんから買い取った?買い取ってて欲しいな?(願望)

 

シャツonシャツのスタイリングは、シャツ単体の個性が強い古着のようなシャツの良さを生かしたり、カジュアルな印象を強めたい時に効果的です。

古着かどうかはわからないのですが、この衣装の要となるプリント柄のシャツはちょっと和の要素も感じるパンチがあって、シルエットもだいぶ大きめなのでこのスタイリング方法がとても素敵だと思います。

 

あとシンプルに柄の雰囲気がほっくんにすごく似合う。スタイリストさん、見つけた時からほっくんに着せると決めていたんじゃないかなと個人的には思います。

 

そしてこの衣装はボトムスも秀逸。oneSTパンフレットでも本人が ”細いパンツは動きが制限されて機能的に自分に合わない” と言っている通り、ほっくんのパフォーマンスはゆとりのあるシルエットの方が躍動感が増すように思います。

 

そのゆとりあるシルエットを実現しながら、アンクル丈より少し短いボトムにすることで、今回の6人全体に共通する適度なカジュアルさと軽やかさが保たれています。

この丈の絶妙さは相葉丈をちょっと彷彿とさせるところも好きです(あつまれあらスト担)

 

 

髙地優吾

 

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142608p:plain

あざとこーち全開じゃん!が初見の感想だったこの衣装(※ものすごく褒めてる)

 

大我さんと違ってトークの時点では魅力を把握しきれていなかったのですが、これはとにかくベストが可愛いスタイリング。背中も合わせて4箇所ほどでギャザーが入ってリボンが出てくるめちゃくちゃ可愛いデザインです。構造よく見たいし普通に欲しい。

でも可愛さが強いデザインだからこそ、メンズでうまく着こなすのはなかなか難易度が高いと思うので、それ故のあざとこーち全開、という見解になります。さすがこちさん天晴れ。

 

そしてダンスの時はベストのリボンがひらひらしてわかりやすく ”可愛い” のですが、止まっている時はなかなか気づきにくいデザイン、かつシャツがまたなかなかパンチの強い柄なので、mv衣装考察の際に言った、「なぜそれをそんなにしれっと着こなしておいでで???」という気持ちが再来します。

 

また、この ”よく見るとすごいけどパッと見親しみやすい” 衣装を着こなせる髙地優吾が、ボトムスではレザーを履きこなすことで、SixTONESらしさのバランスをまた保っている人なのが、すごいなと思います。こちさん本当に万能すぎる。

 

 

森本慎太郎

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142615p:plain今回の衣装の中でシャツ1枚で勝負する2人がしんじゅりなのですが、樹がとにかく柄で魅せているのに対して、慎ちゃんは柄と素材で魅せます。

 

ボトムスは光沢のあるレザー3人とマットなそれ以外3人で分かれているこの衣装ですが、トップスでも光沢感があるのは慎ちゃん1人。

しかもこのシルクっぽい質感に、何柄とも形容し難いプリントと何色とも言い難い色が掛け合わされてるからこのシャツはすごい笑 

個人的にはなかなか一枚で着ようとは思えない、ロングベストとかを合わせたいシャツなので、本当にSixTONES”衣装に着られない力” はすごいなとひしひしと感じます。

 

ただ、SixTONES”着られない力” が強いだけでなく、パフォーマンスの個性を生かすと言った意味でも、このシャツが一枚だけで慎ちゃんにあてられているのはすごく納得がいきます。

映像を見返してもらうとよくわかると思うのですが、6人の中で一際ダイナミックに舞い踊る慎ちゃんのリズム感が、このシャツの開放感のある動きに滲み出ています。

これこそパフォーマンスを引き立てる "衣装” の役割です。

 

そしてシャツの柄と素材感が主役になるため、全体的なシルエットはあえてシンプルに、ボトムスに大きめのポケットだけ配置して立体感を変えるバランスも秀逸だと思います。

慎ちゃんの体格なら、やっぱりゆるいレザーに大きいポケットでも衣装に着られることがないわけです。
 

 

田中樹

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142620p:plain

とにかく柄がすっっっっっごい樹さん。もうほんとにこんなの着れちゃうのびっくりしちゃう(おばちゃん人格登場) 

 

先に書いたように、とにかく樹さんは細くて華奢に見えかねないので、エストマークをされているところをほとんど見ません。でも今回は緻密かつ縦横無尽に配置された柄のパワーで存在感と強さが存分に強調されているのでシャツはしっかりイン。そしてボタンもピッタリ上まで閉めています。

 

これはボトムスのワイドなシルエットとバランスを取るためでもありますし、着崩すところとかっちり着るところの緩急を絶妙に操る樹さんの個性がバチバチに現れたスタイリングです。

また、ボタンを上まで止めているのは柄シャツ同士で対になる慎ちゃんとしっかり差別化する意味もあると思います。

 

本当にこのスタイリングで服と相乗効果で魅力を高め合う樹さんのスペックが恐ろしいです。樹もモデルのお仕事来ないかな〜

 

 

全員

f:id:aimingforsixtomatones:20210520142530p:plain


 1人ずつデザインを描き起こした後に並べてみて、やっぱりめちゃくちゃ好き〜!となったこの図。

バランスを見ていくと

 

『柄のパワーで魅せるほくしんじゅり:構造的面白さで魅せるきょもゆごじぇ』

『レザーのボトムスの強さが光るゆごじぇしん:素材感はトップスで魅せるきょもほくじゅり』

『ウエストマークありのゆごじぇじゅり:トップスはルースなきょもほくしん』

『モノクロ兄ズ:色を纏う末ズ』

 

と、柄、素材感、シルエット、色味、とさまざまな面で対比が生まれ、かつ調和がとられていることがわかります。

 

この、6人それぞれの個性を活かしつつ、パフォーマンスのクオリティーも高め、6人が揃った時の印象を最高のものに仕上げる役割を担える衣装が私は本当に好きです。

 

 

 

Afterword

とんでもないサプライズやプレゼントだらけの2021年5月、スペシャル月間。

 

その最中に公開されたStrawberry Breakfastという曲の2つの魅せ方において、衣装がこんなにも素敵なのはなぜだろうと、このぶろぐを書くにあたってたくさん考えました。

だっていくら私の好みの問題とはいえ、Imitation Rain白衣装ぶりに本気で描きたくなったデザインが同じ曲のためのものなんて偶然、なかなかな確率です。

 

そこでたどり着いた結論は、Strawberr BreakfastがSixTONESのアイドル性をものすごく象徴している曲だから、というもの。

 

初めてmvを観た時から”このmvは全てのオタクのどこかに刺さる”という確信があったように、そしてその証明かのようにこんなにも早く再生数が伸びていくように、Strawberry BreakfastはSixTONESのアイドルらしいカリスマ性をものすごく引き出している曲だと思います。

街を歩きながらフラれていく親しみやすさと、非日常的なキラッキラのかっこよさを両立させたmvが似合うこの曲は、アイドルが愛されるために必要な素質が隅から隅まで詰め込まれている気がします。

そして私は、そういう”アイドル”であるSixTONESの、”アイドルとしての服の纏い方”に無性に惹かれるから、そのアイドルらしさを引き出すこの曲の衣装が2つとも、こんなにも好きなのかもしれないと思いました。

 

 

また、久しぶりにこんなにときめく衣装に出会えたのとともに、このスペシャル月間中、SixTONES STory で紹介される様々なスタイリストさんの言葉によって、SixTONESと衣装がどれだけ良い関係にあるか、明確に証明されていくこの時間が私は本当に幸せです。

特にこの2つのプロからの言葉は本当に感動したもの。

 

自分たちの音楽、そして世界観をとことん大事にするからこそ、その音楽を引き立たせるために欠かせない ”衣装” というピースも、類稀なる着こなす力とバランスで輝かせて、自分たちがさらに輝くために使ってくれるSixTONESが本当に好きです。

お洋服、特に衣装は、着る人の魅力があってこそ輝くものだから。

 

まだまだ未熟者で、ファッションの世界で学ぶことだらけの私の勝手な考察なので本当の意図を汲み違えているところもあるかもしれません。

でもこの考察くらい、考える余地があのSixTONES衣装たちにはあること、そしてその素敵さに少しでも”気づくきっかけ”になれば幸せです。

 

 

12500字!本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

f:id:aimingforsixtomatones:20210520203910j:plain



 

 

 

邦ロックスト担アンケート集計結果

 

ごきげんよう、aimです!

そして大変、大変、長らくお待たせいたしました!

3月末に突発的に始めた邦ロックスト担アンケートの集計結果発表ぶろぐです!!!

 

調査内容を欲張りすぎて超大作のブログになりましたが、大変興味深い結果なので是非最後まで、お好きなところに飛びながらでも読んでいただければなと思います。

 

回答してくださった方に限らず、邦ロックが好きな方であればめちゃくちゃ楽しい結果だと思いますし、邦ロックに縁がなくとも、SixTONESをきっかけに新たな音楽との出会いが必ずあると思います。

是非おうち時間の足しにでもしていただければ。

 

目次

 

 

 

 Prologue: アンケート概要

 

ジャニーズの中でも他界隈出身者が多いと言われるスト担の中に確かに存在する邦ロック層。

そんな邦ロックが好きなスト担には一体どんな傾向があるのか、どんな考えを持っているのか、そしてどんな願望を持っているのか。

自身も邦ロックを愛してやまないスト担である私 aimの超個人的な興味のもと開催に至りました。

(私の邦ロック遍歴が気になる方はこちらのブログを参考にしていただければと思います)

aimingforsixtomatones.hatenablog.com

 

 

アンケートは2021年3月13日から21日までの9日間、私のTwitterを通してGoogle Formsで実施し、合計240名の方に回答いただきました。

邦ロックが好きなスト担が確実に”いる”ことは分かっていたけど、まさかこんなにも集まるとは……

回答いただいた皆さん本当にありがとうございました!!!

 

今回の開催にあたって、”邦ロック”の定義はとてもゆるく広く設定してあります。

例えばJ-POPだと分類する人がいるかもしれないSEKAI NO OWARIや米津玄師やヨルシカも、彼らが”バンド”という言葉を発することがある以上、私は邦ロックに入れてもいいと思っています。

ですので回答される方が”私の好きなアーティストは邦ロックのジャンルに当てはまる!日本のバンドだ!ロックだ!”と思っていれば回答可能とさせていただきました。

 

このように間口を広げたために、私 aimの守備範囲を超えたバンドについて、分析や読解が及んでいない点もあるとは思います。ですが広く楽しくアンケートを開催したかった結果なのでご理解いただけると幸いです。

 

また、想像を超える熱量とボリュームの回答を多数いただき、集計技術や考察が及んでいない点も多々あると思いますが、温かい目で読んでいただけるとありがたいです…

特にバンド名や曲名の表記の確認が至らない点があったら本当にすみません…存じ上げなかった曲名等は完全に皆さんの回答を正式表記として頼りにさせて頂いてます…

 

とにかく音楽への愛と熱量が溢れたこのアンケートの結果、たくさんの方に楽しんでいただければと思います!

 

(時々皆さんの回答の引用にくっついて現れるグレーの小文字はaimの勝手な感想として生暖かく見守ってください笑)

 

 

 

1. 邦ロックスト担ってどんな人?

まずは大まかなデモグラフィックから。

 

Q.1)年齢層

f:id:aimingforsixtomatones:20210429142632j:plain

半数が20代という回答はスト担アンケートによく見られる傾向だと思いますが、30代以上の方の割合が3割近いというのは邦ロックを絡めたアンケートだからこそかなと思いました。

 

 

Q.2)性別

f:id:aimingforsixtomatones:20210429142639j:plain

一方でこちらは割とお馴染みの比率 笑。邦ロック絡めたらもっと男性ファン出てくるかな!?と思ったのですがアンケートに答える文化の浸透度はやっぱり低いかもしれないですね…

 

 

 

2.邦ロックスト担の邦ロック愛

Q.3)好きな邦ロックアーティスト

持論として3組まで聞かないと広い邦ロック界隈のどこに生息してる方なのかわからぬ!というのがあるので3組まで回答可にしたこの項目。

いや〜バンドって邦ロックに絞っても世の中にこんなにいるんだね!!!(語彙力)

集計結果はこちらです。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429142947j:plain

王者ワンオク……やっぱり世界規模のバンドですね。

そして2013年〜2017年くらいに一番邦ロックにハマっていた身からすると、そうか時代はKing Gnuなのかとちょっと遠い目になりました笑

でもちゃんと上位にいるRADやBUMPもさすがだなあと思ったり。

セカオワBIGMAMA・RADを上位3つに掲げる私としてはBIGMAMA 5票もとても嬉しかったです!MAMAファン強く生きようね!(意味深)

 

ちなみに上の表は2人以上の方から名前が上がったアーティスト。回答者がお一人だったアーティスト一覧はこちら。皆さん是非仲間を見つけてください。この人たちみんなSixTONESも好きなんだよ!←

f:id:aimingforsixtomatones:20210429151649j:plain

 

Q.3-1から3-3ではこれらのバンドが好きな理由も募ったのですが、皆さんの溢れるバンド愛、読むのがめちゃくちゃ楽しかったです。集計者の特権として、新しいバンドの音楽との出会いがあったり、名前しか知らなかったバンドへの印象が変わったりとありがたい経験をさせていただきました。

 

総合的に見ると

・曲、声、歌詞が良い、かっこいい

・世界観

・メンバー(人格・言葉・考え方・生き様・メンバー関係)

・ライブ・ライブへの姿勢が好き

・ファンへの想い・ファンとの関係

・人生に与えた影響

という回答が好きなところとして多く上がりました。

 

全部紹介できないのが残念ですが、素敵なバンド愛をいくつか引用させていただきます。順不同です!

 

BUMP OF CHICKEN

陰・内側を向いている歌詞。笑って過ごすことやポジティブを強要しないところ。
いつもリスナーに色々なメッセージを届けてくれて、こっちが力をもらってありがとうと言っても、それは曲を見つけた君の力なんだよと、自分達は自分の足できちんと立って歩けることを教えてくれるところ

aurora arkツアーのライブ映像がNetflixにあるからみんな今すぐ見てBUMP(特に藤くん)の優しさに包まれてくれ(宣伝)

 

back number

学生時代の思い出はback numberと共にありました。聴く曲によって思い出すシーンがたくさん。新曲が出るたび、ワクワクして心躍ります。

  

Acid Black Cherry

yasuの歌唱力の高さとビジュアルの良さ。 歌詞のド直球のエロさ、しかし嫌らしくなく色気として昇華されているところ。 聞くだけで強い女になれる楽曲の数々。 yasuの美しい見た目から放たれるコテコテ関西弁のギャップ。

  

GLAY

歌詞や歌声が前向きで暖かい。ギターのリフや、メロディアスなベースも良い。そしてメンバー4人が本当に仲が良く、高校生の夏休みみたいなノリが何十年も続いていて、解散しないバンドを自ら公言しているので、安心して応援できる。

”解散しないバンドを自ら公言している”というところに衝撃を受けました…とんでもない覚悟…

 

スピッツ

歌詞、曲、声、演奏、全てが刺さる。心の琴線に触れる感じがする。初めて聞いた瞬間に涙が溢れてくる曲もあれば、何度も聞いているのにある日突然意味がわかって愕然とする曲もある。私の心の一番柔らかいところを支えてくれているバンド。

 

RADWIMPS

まず人に寄り添うことができる人柄、歌詞、歌声や音楽に魅力を感じました。人柄についてはLiveでの言葉が有名ですが、自分の感情の分岐点であったり、何かにすがりたい時に力になってくれる言葉があります。どの感情になったとしてもRADWIMPSの曲のどれかに助けられます。また、歌詞はその時の状況で受け取り方が様々で、(いい意味で)押し付けがましくないように感じています。歌声や音楽に関しては好みですが、言葉では言い表す事ができない落ち着きがあると思います。
何より、“4人”にこだわる姿を今回のアルバムでも見受ける事ができました。SixTONESとの共通点のような気がして、私がSixTONESに引き寄せられたのは必然なのかもしれないとも感じます。
人に寄り添う姿勢を音楽で伝えてくれるそんな姿勢に今尚魅力を感じ続けています。
宗教なので理由とかないです(全てが好き)!

wimperとして個人的にめちゃめちゃ刺さった紹介で、特に2つ目は読んだ瞬間めちゃくちゃ笑顔になりました。そう。やっぱりRADは宗教。シンガポール公演にまで行っちゃうほどのwimperな大我さんは同じ宗派!(暴論)

 

東京事変

化け物かつ変態のあつまり感。アウトプットの全てがかっこいい。シンプルにめちゃくちゃ楽器が上手い。
才能人の皆さんが音遊びを心から楽しんでいる所

  

トロール

なかよしおじさんの緩いけどおしゃれな音楽

”なかよしおじさん”が絶妙に的確で大好きな表現でした。おんがくすきなおじさんはかわいい。

 

L'Arc〜en〜Ciel

1stSGの「Blurry Eyes」を歌うhydeの綺麗なお姉さんみたいな姿と、透き通るような存在感があるのに骨太でもある歌声に惚れた。低音の響きとファルセットのギャップに当時驚いた記憶です。 てっちゃんが作るポップなのにROCKな楽曲は、ラルクだからこそ生きるサウンドだと思うので大好きです。日本のロックバンドには他にあまり居ないタイプで、影響を受けている方は沢山いますが、歌声も曲の運びやサウンドも唯一無二だと思います。 ライブにいけばファンが楽しめる演出も沢山してくれるのが嬉しくて、サウンドが鳴り始めた瞬間に一気にラルクの世界観に引っ張られるけれど、その中で年齢性別問わず誰でも楽しめるようにしているんだろうなと毎回感じるので、曲を聞くのもステージを見るのもどちらも楽しめるところがいいなぁと思います。 ちなみにV系全盛期と活躍時期が被るためV系に間違われることがとても多いですが、完全なるロックバンドです。V系と説明するとリーダーが怒ります笑  

思いっきりV系だと思っていたので大反省。とってもわかりやすく魅力が伝わる素敵な紹介でした。

 

King Gnu

出す曲全てを毎回カッコイイ、好きだと感じるから クラシックを中心に長く音楽に触れてきた人が邦ロックシーンに焦点を合わせて自分のカッコいいと思う事をやっている、という姿勢もカッコイイ

 

9mm Parabellum Bullet

9mmってすごいんですよ。 「さっき、そこで人殺してきました」 みたいな人達がゴリゴリにかっこいい演奏したかと思ったら、急にメロンパンみたいなMCするんです。 ホント、全人類にみてほしい。

個人的に一番笑った回答かもしれない笑 的確すぎて大好きです。曲自体もかっこいいのにどこか歌謡曲っぽい良いダサさがあったり、9mmは唯一無二ですよね…YOASOBIのAyaseさんも影響を受けていると最近知って超納得でした。

 

SUPER BEAVER

ライブの熱量がとにかく凄い。渋谷龍太のMCで泣いてしまう。フェスでMCの内容使いまわししてても毎回泣いてしまう。もう一種の病気だと思う。柳沢亮太の作る大人になったら当たり前だと思い込んでいて見落としがちな社会への疑問や不満が書かれている歌詞がとても好き。このまま自分の信じた道を進んでいいんだとか思えて自己肯定感爆上がりする。

 

打首獄門同好会

普通に考えて曲の題材にしないテーマを曲にしてしまうところ。恋愛をテーマにしないところ。大人たちが音楽を本当に楽しんでいるのが伝わってきます。

 

SEKAI NO OWARI

ポップにもダークにも振れるところ。メンバーの仲の良さ(というかあの絶妙な関係性)。ライブの世界観。変わらない為に変わり続けているところ。

”変わらないために僕らはいつまでも変わり続けるよ”と歌われるアースチャイルド、SixTONESに重ねようと思うとめちゃくちゃ重なる曲でもあるのでスト担みんな聴いてほしいですね…(宣伝)

 

10-FEET

熱くて優しい。本当に優しい。うまい下手じゃなく心に響く声や言葉がすき。ファンの性別も年齢層もバラバラだけど本当にワンマンライブのアットホーム感や一体感にはしびれる。

 

ストレイテナー

各人のレベルが天元突破なバケモノ集団。互いへのリスペクトと信頼があるからこそ完成される楽曲。アコースティックナンバーからダンスチューンまで彼らの世界の中で展開されていく圧巻のスキルと世界観。夏の夕暮れは彼らのためにある。あと同世代の横の繋がりを大切にし続けているところ。めっちゃ対バンイベント行きました。

”夏の夕暮れは彼らのためにある” という表現に息を呑みました。

 

ハンブレッダーズ

こちらが恥ずかしくなるくらいに青臭いキャッチーな歌詞と聴き馴染みのいいメロディーライン。ヘッドホンの中は宇宙!

 

Mr. Children

ミスチルがきっかけで邦ロック沼に落ちました。人生における哲学そのものです。 歌うように踊るドラム、主張しないのにきちんと仕事をするギター、突然表舞台に立つベース。そしてなにより、4人で音楽をすることが楽しくて楽しくて仕方がないという表情。そのすべてが大好きです。 京本さんが表立って「ミスチルが好きです!!」とお話されているのを見て、SixTONESの歌心に信頼を置くようになりました。

 

Base Ball Bear

何年経っても色褪せない小出祐介節の散りばめられた歌詞、リズム隊が目を合わせる瞬間

”リズム隊が目を合わせる瞬間”にわかる〜〜〜!となりました。ベボベはメンバー間の空気感込みで最高。

 

WEAVER

宝石箱を開ける時の高揚感に似た、音の遊び心が旋律に詰まっている所。スリーピースであるが、三つの楽器だけの音色とは思えない音の重なり方が深く響く。歌詞の紡ぎ方も、絵本を読む様な美しい言葉の重なりが魅力的。またライブでのアレンジ力が、完成された音を再構築する様な音の無限の可能性を解放している所。ピアノロックバンドという新たなロックの可能性を広げ続けている所。 

 

MAN WITH A MISSION

サウンドが大好きなのと歌詞が沁みること。「FLY AGAIN」や最近だと月9主題歌になった「Remember Me」がおそらく一般的に聞いたことある人が多いのかも?と思いますが、ファンに人気の「Emotions」や「フォーカスライト」など強く生きようと思わせてくれる心に響く曲が沢山あります。国内外のアーティストとのコラボ楽曲も多数あり、ROCKの中でも色んな側面をみせてくれるバンドです。 大きな会場でのライブも楽しいですが、どんなに有名になっても小さい箱でのライブを絶対やってくれるところが好きです。当然ながらチケットは激戦すぎて毎年ほぼ取れないですが、それでも国内外問わずいつもファンの近くにきてくれることがとても嬉しいです。 ボーカルタナパイを中心に復興支援やボランティアにも凄く積極的で、物販などでもそういうエリアを必ず設けて、訪れる人達が見て触れて色々考える場を提供してくれるオオカミ性に富んだ素晴らしい方達。

 徹底してオオカミとしてご覧になっている”オオカミ性”の表現がとても好きです。

 

米津玄師

タイアップ力がすごいと思う。ドラマや映画を盛り上げるだけじゃなく、曲を聞くことで考察が深まったり世界観をより理解できる。ドラマや映画を見ずに曲だけを聞いても名曲。

 

KANA-BOON

自分の陰の部分に関して初めて共感できた。 それ以来、歌詞をあまり重視せず音楽を聴いていることもある自分にとって、珍しく歌詞が好きというという理由で好きなバンドであり、邦ロックにおける原点。 あと韻を踏むというか言葉遊びが好き。

 

androp

楽曲の世界観と空気感(詞の言葉選びも音も全て)。大好きだ最高堪んねえ、って感じよりも、とりあえず聴きたくなる生活の一部にしたくなる音で溢れているところ。音楽が愛おしくなる。

andropの柔らかい魅力がめちゃくちゃ素敵に表現されてるなあと頷きまくりました。

 

ポップしなないで

微炭酸のソーダ水を飲んでいる感覚になれるから

 

マカロニえんぴつ

情けなさが好きだなと思う。

 

星野源

源さんはJ-Popだと思うのですが、「生きてただ生きていて 踏まれ潰された花のように にこやかに中指を」(アイデアより抜粋)という詞を書ける人をロックと言わずしてなんと呼ぶかという気持ちで挙げさせていただきました。そして、音が楽しいとかいて音楽の意味を理解できる源さんの音楽が大好きです

まさにこういう思いを求めて邦ロックの定義を回答してくださる方に委ねたんです!!という回答。とても素敵です。

 

マキシマムザホルモン

大学時代の思い出が蘇るし、息子を出産する時にかけてもらったほど、全ての感情が曲にのり一点に集中出来るから 

”ホルモンとともに迎える出産”が衝撃的すぎて引用せずにはいられませんでした笑 最高です!息子さんも一生のエピソードになるだろうなあ…

 

 

Q.4)邦ロック歴

f:id:aimingforsixtomatones:20210429152545j:plain

スト担歴より邦ロックを好きな期間の方が長い方が多いだろうなと思っていたのですが10年以上が約半数という結果には驚きました。一方で半年以内の方もいるのが新鮮。音楽との出会いはいつ来るか本当に予測不能です。
 

(Q5. 邦ロックを好きなスタンスについてはQ.14とともに比較して紹介します。)

 

 

 

3. 邦ロックスト担とSixTONESの関係

Q.6)SixTONESが初ジャニーズか否か

他界隈ホイホイの印象が強いSixTONESは果たして本当に記念すべき初ジャニーズの座を獲得しているのか?という質問。私自身が根底に嵐がいる邦ロックスト担なのでそういった同志の割合を知りたかったという意味合いもあります。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429154924j:plain

初ジャニーズをSixTONESに捧げた方が過半数は超えたものの、正直6、7割行ってもおかしくないのではと思っていたので、意外な結果でした。邦ロックファン、実は思ってるより守備範囲が広いのかも。

 

 

Q.6.5)SixTONES以外のジャニーズ掛け持ち先(過去に好きだったタレントも含む)

f:id:aimingforsixtomatones:20210429155822j:plain

(デビュー順にしようと頑張りましたが途中で力尽きましたすみません…個人名と合わせてグループ名を書かれていた方はグループ票に換算させていただきましたのでご了承ください)

 

あらスト担兼邦ロック好きの皆さんいえーーい!!!という予想通りの結果はさておき。嵐の次にKAT-TUNが来るのは邦ロックスト担ぽいのかなあと思いました。あとはお兄ちゃんズの影響も根強そうですね。

 

 

Q.7)SixTONES内の担当

f:id:aimingforsixtomatones:20210429160147j:plain

箱推しつよし!!!バンドのファンなんて箱推しのようなもんですからね(暴論)納得の結果です。

そして次いで4分の1を占める京本担の皆様……京本担の私が主催したアンケートという影響も多少否めないとは思いますが、やっぱり同じ邦ロック好きとして惹かれる人は多いのだろうなと思います。

 

Q.8)SixTONESの好きなコンビ

f:id:aimingforsixtomatones:20210429160439j:plain

これも私が主催してる影響を否めませんが笑 やはり音楽を愛する人たちに訴えかけるのは京ジェの歌唱力だろうなと納得です。

次に多かったのがきょもじゅりとほくじゅりなのも比較的わかりやすく音楽に興味を示すメンバーたち(サブカルの松村・ヒップホップの田中)というように受け取れます。

 

 

Q.9)SixTONESに落ちた時期

f:id:aimingforsixtomatones:20210429161933j:plain

 

なんとデビュー後に沼落ちされた方が約6割。でびゅーってすごい(語彙力)

中でもおうち時間も増えたImitation RainからNAVIGATORまでの間に沼落ちされた方が多く、あの間も絶え間なく供給があったジャニーズやっぱりすごいよなあと感慨深くなりました。ライブができないと邦ロックの供給量って一気に減るからね………(涙)

 

 

Q.10)SixTONESを知ったきっかけ

f:id:aimingforsixtomatones:20210429162118j:plain

その他には B.I. Shadow時代から応援していて、舞台で観て、パーフェクトワールドを観てという回答等がありました。

 

Youtubeの強さは言わずもがなですが、次いで音楽番組きっかけの沼落ちが多いのは邦ロックスト担ならではなのではないかなと興味深く結果を眺めました。やっぱり音楽が気になってこそだよね、と。そしてそういう意味でもテレビでの露出が圧倒的に増えるデビューは大事だったんだなと改めて思いました。

 

 

Q.11)SixTONESに落ちた理由

f:id:aimingforsixtomatones:20210429162155j:plain

その他には 仲の良さ、北斗の私服などの回答。

 

!!!圧倒的楽曲!!!(そりゃそうだ)

やっぱり楽曲がよくなければ邦ロック好きには刺さりません。

続いて多い回答がパフォーマンスなのもライブありきのバンドが多い邦ロックを好きな皆さんだからかなと思ったり。

僅かな差ですがビジュアルより人間性が勝っているところも邦ロックぽいなと個人的に思います。

 

 

Q.12)SixTONESに落ちた時の率直な気持ちを簡潔に教えてください

一見なんのための質問?という感じかもしれませんが、邦ロックファンなら誰もが少しは衝撃を受けて抵抗しただろ!?という偏見を振りかざして笑 設けた質問です。

私自身、「きょもって呼んだら終わり…YouTubeチャンネル登録したら終わり…インスタフォローしたら終わり…FCなんてもってのほか…」と思いながらの沼落ちだったのでそういう人絶対1人じゃないでしょ!あの頃の自分愚かだな〜って振り返ろうぜ!な質問です笑

案の定、頻出語句は「まさか」「衝撃的」「いつの間にか・気づいたら」「ジャニーズ」

かぶるところもあると思いますが、みなさんが選んでくれた言葉をざっくり分けると 衝撃派・認めたくなかった派・ジャニーズへの偏見崩された派・気づいたら沼の派・納得して落ちた派

になったように思います。私は前半3派閥に近かったので納得して落ちた派の方々に少し憧れながら回答を楽しませていただきました笑

 

それぞれいくつか回答を紹介させていただきます。

 

衝撃派

ことばにならない…… 
5度見した
何このグループ…世界じゃん

 

認めたくなかった派

何となくジャニーズにハマったって認めたくなくて1ヶ月YouTubeのチャンネル登録をしませんでした。
まだ、まだ堕ちてない…と思いながら認めるまでの1ヶ月間毎日ストチューブを見て、松村北斗に関して検索していた。今振り返ると、完璧に堕ちた人の行動です。
うわ~、とんでもない過ちを犯したな。
ジャニーズにハマると時間が溶けることを知っていたから抗いたかった

 

ジャニーズへの偏見崩された派

ジャニーズ舐めてたなあ…
元々ジャニーズには歌の完成度を期待するものではないとをおもっていたので、「こいつら…中々やるなぁ」という謎の上から目線の気持ちでした。笑
こんなジャニーズいるんだ………

 

気づいたら沼派

好きになるわけもないという印象から気付いたらハマりまくってた。
気づいたら。まさか自分がジャニーズにハマるとは、、と思ったし周りにも驚かれた。
気づいたらアルバム買ってた 
気づいたら好きだった 毎日がSixTONES1色になって怖かった ほんとに怖かった……

 

納得して落ちた派

攻めの姿勢がみえるのが好印象だった
まさかジャニーズにハマるとは思わなかったが、バックグラウンドのストーリーを知ると納得した
この人たちは愛せると確信しました。
KAT-TUN6人期の強さを感じた、ライブパフォが上手い、デビューしそう
今まで推してきた人たちと愛の量が違うなって自覚した
これは推さなければ、という謎の使命感があった
 もっとこのグループの歌声を聴きたい、パフォーマンスを見たい
やっと出会えた

 

Q.13)詳しい沼落ち経緯

人の沼落ち経緯ほど面白いもの滅多になくない??という精神なのでついでに沼落ち経緯も聞いちゃお!という安直な質問。共感できるものから衝撃的なものまで、傑作選を紹介させていただきます。

全体を見た印象としてはJr.歴長いからこそのサブリミナルSixTONESの多さ半端ない!!!少クラありがとう!!!YOSHIKIさんありがとう!!!松村北斗顔が良い!!!音楽番組大事!!!自粛期間も無駄じゃなかった!!!沼落ちする人は基本ストチューブを2、3日で見終わる!!!八王子リホームつよ!!!というところ。

 

「こんな塩顔イケメン(松村さん)がジャニーズにいたの?」→検索→SixTONESって面白いんだなあ→パフォーマンス見てみるか→YTFF2018及びHysteria←沼

塩顔イケメンジャニーズ北斗さん、お顔の良さでSixTONES沼に人々を誘い込む率No.1でした。

 

生田くん目当てで少クラを見たら次にSixTONESがでて→これがJr.?→髙地くん!→京本ってこの子かぁ→弟?!→弟?!→めっちゃパリピなグループなのに髙地くんいるけど大丈夫?!→名前を検索→YouTubeをみる→パリピ怖い…けど気になる→YouTubeをあさる→同じ日の少クラを何回も見る→YouTubeを見る→沼

弟!?→弟!?の流れが秀逸すぎて笑 少しでもジャニーズを齧ってる人はみんなここのサブリミナルSixTONESで衝撃を受けますよね。

 

その日King Gnu目当てで見ていたMステに一緒に出ていたのがSixTONESでした。パフォーマンスをみてから誰なんだこいつらはとなり、YouTubeを見て、そこからズブズブと…約2日ほどであがっている動画全てを見ていました。それを終えた時にはもう、、完全に沼に浸かっていましたね笑

King Gnu目当てのMステと答えてくださった方が実は数人いらっしゃり…Mステやっぱすごい…バンドも積極的に出るの大事…となりました。

 

vs売りの相手方が勢いがあるということを知り、YOSHIKIを応援したいという想いから気にするようになった。BGMとして流れているのを聞いている内に耳に残る様になり、YouTube等でパフォーマンス、ストチューブを見ている内に、CD、DVDがほしい衝動を抑えきれなくなって買ってしまった。

こちらもたくさんいらっしゃったYOSHIKIファンのみなさま。本当にYOSHIKIさんとの御縁はかけがえのないものだなと思います。

 

以前からファンである友人から話を聞いていて、グループ自体はなんとなく把握していました。ツイッターのトレンドからWEGOとのコラボを知りたまたまポスターを拝見したところ、メンバーの顔と名前が一致せず、これだけ話を聞いていたのに何も知らないことをなぜか突然ショックに思い、その悔しさから自主的に調べ始め気づいたら…という感じです。

ツイ廃スト担〜!!!!!!トレンド入りは無駄じゃないよ〜!!!!!!(叫び)

 

ずっとジョアのCMから気になってはいたのですが、Happy Liveを見て、パフォーマンスや歌に圧倒されて気づいたらYouTubeを全部見て、NAVIGATORをフラゲしていました。

ジョア落ちの方も何人かいらっしゃって素敵〜!となりました。ギャップで落とされてる方が多そうな入り口ですね。今年も新たなジョア落ちが増えることに期待。

 

YouTubeでおすすめに出てきた1000円ガチャのジェシーの笑い声がイカレててそこから全部見て蓋を開けたら全員変な人で落ちました

全員変な人=落ちるの結論がめちゃくちゃ好きです笑

 

慎太郎君が結成日に行ってくれたインスタライブを見て、慎太郎君から滲み出る優しさと、メンバーとの仲の良さ、面白さに惹かれ、パフォを見てみたらジュニア曲のオラオラ感が堪らなく私に合い、グループについて調べてみると下積みや苦労があり、SMAPや嵐のようなメンバー愛を感じ、YouTubeを一気見しました。YouTubeの存在は大きかったなと思います。

慎ちゃんインスタライブ落ちめちゃくちゃ素敵〜!!!もはや羨ましい〜!!!と思いました。本当に優しい空間でしたねあの時間(遠い目)(アーカイブはどこへ)

 

ずばりずぶ濡れSixTONESからですね。ジャニーズって口パクとしか思ってなくて、歌っててもユニゾンでごまかしって思ってましたから。あの雨の音混じりのソロパートがなければ出会うことはなかったと思います。それからYouTubeでパフォーマンスを見て、京ジェのハモリにどっぷりつかりました。あとYTFFの気合い。あれは衝撃でした。ペンラの打点よ。トラベル動画で6人の関係性や過去を知って、これは傍観ではなく加勢しなければと思いました。なによりファンの世界へ広めたいって思いに背中を押されました。活動休止や形を変えてしまったバンドを推した過去があります。世間のブレイクは悲しいですがほんの一瞬です。見つからず終わることもあります。最後の1人になるまで応援すると願っても終わりは突然やってきます。そんな経験も、推すぜ!力になるぜ!の原動力になっています。

ペンラの打点よ。に笑ってたら後半のお言葉にガッツリ胸を打たれました…推せる幸せ…

 

学校のお昼の放送でImitation Rainが流れる→めちゃめちゃいい曲じゃん!→YouTubeで検索、のち色んなパフォーマンス動画に触れてみる→ジャニーズJrチャンネル含めSixTONESがでてる動画を漁りみる→もうここは沼。

お昼の放送でImitation Rainが流れる世代〜!!!怖い〜!!!嘘です羨ましいですなんてハイセンスなお昼の時間。

 

Mr.Childrenを見る目的だった紅白。SixTONESの登場シーンからなんだなんだこのかっこいい演出は😳と目が釘付けになりました。それまではジャニーズの新しくデビューしたグループなんだなぁくらいの認識でしたが、この日初めてちゃんと6人の歌を聴き、パフォーマンスを見てあ、好きかも と思ったのが始まりです。(歌い終わった後大泉洋さんに声かけられた北斗の照れ方を見て、なんか気になる人いる!!!ともなりました笑笑)その流れでカウコンを見て、これさっきと同じ人たちだよね?ってくらいの弾け具合に少し驚き😂ツイッターでもSixTONESが話題になってたので、人気あるんだな~どんな人たちなんだろう?とYouTubeを開き、人間性を知り、無事に沼へと沈んでいきました🥺

あの忘れられない大晦日(あらスト担さまざまな意味がこもってますすいません)落ちの方…!!!大泉さんのいじりも印象的だったのがとても微笑ましいです。

 

Imitation Rainが曲として好きで、SixTONESのメンバーの中だったら京本大我くんが一番かっこいいなと思って、少し気になり始めたところで、嵐が好きだったこともあり、入ってたジャニーズwebでデビュー後のブログを読んで「俺は音楽が大好きだ。」からのあの文章で元々自分が音楽が大好きで、音楽に救われてきたっておもっている人間だったので、まさに京本大我くんも同じだと思ってからは、ロックが好きだったり、言葉の選び方が好きだったりと好きなところしか見つからず、ズブズブと沼にハマりました。最初は京本大我くんしか興味がなかったのですが、YouTubeで他のメンバーも意外と怖い人たちじゃないんだ、あれ待って面白いこの人たち!と思ってからはすっかりグループのファンです。

大我さんの言葉落ちの方…素敵…あのブログは本当に号泣必至の永久保存版です。

 

元々邦ロックだけでなくフィギュアスケートも好きで、世界選手権も楽しみにしていました。しかし、新型コロナウィルスの影響で中止になり(毎年3月下旬にやっています)、覚悟はしていましたがショックで呆然としていました。そんな時に何となくYouTubeを開いてみたらSixTONESのImitation Rainがおすすめの1番上にあったので何となく聴き、関連動画にあったJAPONICA STYLEを聴いてみたら好みだったのでさらに関連動画にあったYTFF2018を見てみたら、ビビビっと衝撃を受けました。それまでアイドルをバカにしていましたが、アイドルにもこんなにすごい音楽をやっている人がいるんだ!と感じ、それまでアイドルをバカにしていたことを恥ずかしく思いました。それからJr時代の楽曲の動画を見てますます深みにハマりました。その後は新曲が出るのを常に楽しみにしています。また、SixTONESに出会ったことで音楽には優劣がないということに気づき、今まで聴かなかったジャンルの音楽もいろいろ聴くようになりました。

コロナの影響も悪いことばっかりじゃない!SixTONESが広げてくれる音楽の世界万歳!おうち時間中落ちの方本当に多かったです!

 

YouTubeのラパパンやジャポでハマったことに気づき、優しい運動会で沼り、車でカラオケ動画を見て自信を持ってスト担を名乗るようになった

”優しい運動会で沼り”がツボです笑 素敵。

 

ジャニーズとは全く無縁でしたが買い物中にImitation Rainが流れてきて、歌声に衝撃を受けて、すぐにスマホで歌詞を検索してみたらジャニーズ⁈とビックリしましたが、そこからいろいろと調べたり、音楽番組を見るうちに、あっと言う間に沼に落ちました。

買い物中落ちの方〜!!!沼はいつどこにあるか本当にわかりませんね()

 

2019年の夏のFNSジャポから。全員ミリしらじゃなかったので驚いた(中学の頃よく友人のアイドル雑誌の回し読みに混ざってたのと、スク革の話題もよくしていて毎週見ていたのでうっすら覚えていた)「FNSで興味持った方へ!公式YouTubeもあるので良かったら!(しかもURL付き)」的な感じのダイマツイートを見かけて色々な動画を見たらズドン!でした。あの時ダイマツイートしていた方々には感謝しかないです…それがなかったらつべの存在知らなかったので(当時ジャニーズはそういうの一切やらないイメージだったので、つべやってるの全然知らなかった)(割とマジでつべとか楽曲ダウンロードとかサブスクとかサブスクとかはガンガンやるべきですぞ事務所!)

ダイマツイート大事!Youtubeありがとう!サブスクとかサブスクとかサブスクも大事!

 

友人がキスマイ担でバカレアの映画を付き合って観たら、毎週欠かさず見てる内村さんがMCの番組スクール革命で見てる子がいて、この子保護しなきゃとなんかよく分からない欲が出て…みたいな

保護欲。推すに当たって大事。

 

SixTONESを特別好きなわけじゃなく、ただ深夜ラジオヲタとしてオールナイトニッポンを毎週聴いていたのが、今思うと始まり。SixTONES京本大我くんが圧倒的に見目麗しいことだけは知っていたが、謎なおじさんである京本政樹さんの息子をカッコイイと言うことに当初かなり抵抗があった。しかしデビューからだいぶ経った頃の生音楽番組でImitation Rainの高音ソロを聴いた時、堂々たる姿に突然落ちた。その後YouTube等でLIVEパフォーマンスを見るほど、京本大我くんこそ『本物』のアーティストだと確信。その後様々な文献で恵まれた肩書きと美貌を持ちながら誰よりも努力家であることを知るほど応援したくなった。

京様の”謎なおじさん”ポジションが非常に面白かったです。確かに謎と言われれば謎。

 

全く違う界隈にいて、松村北斗が気になると呟いた際、スト担たちに「是非!こちらの世界に」と言われて沼

沼に誘い込むプロスト担。

 

最初は「ジェシー面白いし気になるかも……」くらいだったのが、友達に「サブカル女だから多分松村北斗と相性いいと思う!」と言われ、YouTubeを見るうちに気づいたら松村北斗担箱推しになっていました……抗えなかった…………

””””””サブカル女だから松村北斗”””””” 最高

 

当時の彼氏と音楽番組みてたらSixTONESがでてて(NEWERAかNAVIGATOR)え、ジェシーに似てるね!って話してた直後に別れて、それから年末の音楽番組でよく見かけるようになって重ねちゃうから見ないようにって逆に意識しちゃって気になってしまってYouTubeで音楽聞いてたらチャンネルをみつけてJrのものから全部みてたら気付いたらFCはいってて沼落ちしてました。

大変切なく特殊で印象に残る沼落ちでした…

 

CDショップジャニーズコーナー担当者(アルバイト)の友だちのJr応援ポップ作成の手伝いを頼まれ、膨大な情報と向き合いました。作るのが楽しかったので。その後、映画、少年たちのチケットを渡されました。観に行きました。見終わってすぐ赤派か青派か問われました。赤派でした。そうと決まればこれでもかと布教されました。あれよあれよと情報を頭に叩き込まれた後、SixTONESさんがデビューするに当たって作成するポップを任されました。ここからですよね。というか、もうこのときには自発的に自然な流れでYouTube見ていました。完!

最後もめちゃくちゃレアな沼落ち方法!お友達ありがとう!

 

 

 

4. 邦ロックとSixTONES、運命の交点

ここからはSixTONESと邦ロックを並べて展開していきましょう。

 

Q.15)好きな邦ロックのアーティストとSixTONESに関連性や共通点はあると思いますか?

f:id:aimingforsixtomatones:20210429164648j:plain

ジャンルが全然違う分、比較する機会も少ないとは思いますしそもそも比較する必要がないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも私は自分の”好き”を並べてみたときに生まれる発見や感動はとても愛しいものだと思っています。きっと似ているところがあれば嬉しいし、全然違ったとしても、それぞれどういうところが好きか改めて自覚する楽しさがあると思います。

そんな質問にお付き合いいただいた皆様の中からいくつか回答を引用。どのアーティストについておっしゃられているのか回答全体と照らし合わせてわかる方は最初に明記させていただいています。

 

Q.15-1)具体的な関連性や共通点

回答全体を通して多かったのは

・メンバーが仲良し/信頼が厚い

・音楽愛/熱量/こだわり

・曲の良さ/曲がそもそもロックテイスト

・音楽の多様性

・圧倒的世界観

・表現力・歌唱力の高さ

・グループの背景・物語・苦労

・ファンとの距離感・関係性/ファンへの想い

・ライブ・パフォーマンスに対する熱意/姿勢

・進化し続ける・現状に甘んじない

・闇や負を表現できるところ

・ギャップ

といったところでした。

音楽愛や音楽における表現力の高さはもちろん、特に”邦ロック”と共通するところを考えると”闇や負を表現できるところ”というのは非常に納得がいきました。

一般的にアイドルといえばキラキラした圧倒的””陽””の空気感を纏った人たち。だからこそ邦ロックの暗さや荒々しさや繊細さが好きな人ほど、アイドルに偏見を持っていたり引け目を感じたりすることが多いように思います(私含む)。

でもそういう””陽””の要素も持ち合わせながら、SixTONESは””陰””の部分もカッコよく提示できる。それこそロックバンドのような人たちだなと、特に”弱さのない世界は強さとは無縁だ”と歌われるたびに本当に強く感じます。

 

以下、皆さんの素敵回答(順不同)です。

 

RADWIMPS

4人、6人にこだわる点に共通していると思います。
どんな形であってもそのこだわりを言葉や行動でファンに伝えてくれます。ファンはそれを信じ、自信を持って全員を推すことができます。
また、言葉の重みや説得力も似ているように思います。好きやかっこいいのはもちろんですが、2グループ共に対して尊敬が強いです。
またメンバー同士がお互いを尊重し許容している点でも共通していると思います。

 

NICO Touches the Walls

楽曲をここぞとアレンジするところだと思います。大半の楽曲をアコースティックバージョンも音源化していたり、ライブでもアレンジに溢れていています。30曲以上を40分かけてリミックスメドレー演奏したこともあります。
そして、アルバムタイトルにかけて大クイズ大会をしてみたり、生配信を終わらせたくなくてジェンガをやり続けたりなどなど、楽しく遊ぶメンバーがストチューブに重なります(笑)

 

メロディ、歌詞、歌声から、その情景やストーリーが浮かんでくるような、ただ歌ってるだけじゃなくて、訴えかけてくるものを感じるのが共通点なのかな〜と思います。
私はスピッツtacicaアジカンが好きですが、この3組は歌詞が詩的だったり、ストーリーを感じさせるものが多いです。私がSixTONESの曲で刺さるのも、そういう曲が多いです。
SixTONESは本当にジャンルレスにやってるイメージなので、楽曲の傾向についての共通点というか、幅が広すぎて何かしら共通点が見つかってしまう…という感じです。

 

フルサイズを聴きたいと思える歌声、歌詞、サウンド

TikTokでバズった音楽が評価されていくような時代に”フルサイズで聴きたい”と思わせることの重要性は本当に強く感じますね…

 

SixTONESRADWIMPSをはじめとする邦ロックで近いと思うのは世界観の提示の仕方です。シングルのタイアップではタイアップする作品などの世界観も出したりしますが、アルバムとして聴いた時に「自分たちはこういう音楽が好きです、表現していきたいです」と言われたような気がして、それは邦ロック界隈の感覚に似たようなものな気がしました。SixTONESの前にジャニーズに2-3年ハマったことがありましたが(その時はたまたまかもしれませんが)アルバムでは曲がバラバラの印象でこういうことは感じませんでした。Sonyさんも言っている「SixTONESの表現する楽曲」に表現の重きを置いている気がします。

 

THE ORAL CIGARETTES

「無理に応援しないところ」です。オーラルは人間の負の部分をエネルギーにするような歌を歌います。ライブのMCでは「俺らは弱いからロックを鳴らすし、ロックを愛している」と言ってました。自分のことを弱いって認めるのすごいことだと思うんです。どうしても見栄を張りたくなるし、見られる職業ならなおさら強くあるべきだという固定概念があると思います。でも、オーラルもSixTONESも逃げていいし俺ら弱いしって、音楽に救いを求めている人のそばに寄り添ってくれる人間性を感じます。 音楽に依存している私はそこに惚れてしまいました。

 

amazarashi

北斗くんのみはりのライブ演出は、amazarashiのそれによく似ていました。歌詞がスクリーンに降ってきたり大きく表示される演出と、コンテンポラリーダンスや飛び降り演出などの北斗くんのあの世界観には心底惚れました。amazarashiと北斗くんの世界観は割と似ていると思います。

 

ポルノグラフィティ

今出ている曲においては全面的に作詞作曲に携わっているわけではない。
ポルノグラフィティも最初はそうだった。
その点においても、ロックじゃない、バンドじゃない、って言われて悔しい思いをしてきた。
でもその魂だとか根底に流れているものはその程度のもので計れるものじゃないんだって、わかってるけど上手く言葉に出来ないし、そんな物差しで計られるくらいなら、こっちから離れてやるよ!みたいな口では言えない悔しい気持ちが溢れてしまうところ。

 

SUPER BEAVER

①過去たくさん苦労をしてきた(ビーバー→1度落ちてからの2回目のメジャーデビュー、スト→デビューまでの長い道のり)からこそ、ファンのことを大切にしてくれていることが伝わる。なのでファンでいれることが幸せ!
②音楽で正々堂々真正面から勝負しているところ
③最初は、いかつくて怖い、近寄り難いイメージを抱きやすい。笑 しかし実際はとても良い人たち。人として尊敬できる部分がある。

 

 (事変と女王蜂)人間のふりした化け物みたいな人がいること、グループとしての圧がすごい、アルバムを通して聞いても飽きないくらい曲調がバリエーション豊かである、グループとして曲もアートワークもお洒落
(BUMP)ほかほかしている、しれっとふざけるのが好きなところ(一時期BUMPは隠しトラックの方を熱心に聴いてたくらいなので、ズドンも大好きです)

隠しトラックとズドンの親和性に気づかせてもらって大笑いしました好きです笑

 

どのアーティストと言うよりかはSixTONESだけでロックフェスに出ているアーティストのジャンルをひと通り抑えているイメージ。基本的にフェスが好きで色んなジャンルを聞くので。Nulbarichとかはロックではないのかもしれないけれどフェスに出ていてしっとりした洋楽調が多いし、SKI-HIのようなラップ、僕僕はアイドルソングみたいだけどバンド曲なのでミセスとかにも近いような?うやむやはピアノロックなのでSHE'Sとか、STはロックだからドロスとか。アイドルだからこそ色んなジャンルができて楽曲が良いのでフェス好きにはたまらないのかな?と

 

そもそもバンドサウンドが強い曲が多く、ここでサークル作れるな、モッシュできるな、と思わせる曲構成が多いこと。フェスで見たいなと思うアーティストです。

 

わたしはSixTONESは北斗担ですが、わたしの大好きなUNISON SQUARE GARDENのギターボーカル斎藤宏介さんと、京本くんは音楽に対する姿勢にすごく似たものを感じます。
それは、誰より努力して今の自分を保っていること、がいちばんだと思っています。
本当は自信があるわけでもなくて、ネガティブになることももちろんあって、それでも大好きなことは譲れないという信念もあって、だからこそ一生懸命努力して、今の場所を見つけた。そしてその努力を続ける人。
そしてその努力の結果にきちんと誇りを持てるところ。
自分からアピールするのではなく、周りから努力家だと認められているところ。
また、斎藤さんは昨年より(スノストとデビュー日が同じ)XIIXという新しいバンドを始めましたが、"ユニゾンのボーカルが始めた片手間のバンド"という先入観をどうしたら拭えるのか、すごく考えて向き合って新しい音楽をやっています。その姿も、お父さんの名前を出されてしまう京本くんの思いにどことなく似ている気がします。
ちょっと不思議な世界を持っているところも、似てます(笑)
最後に、わたしはそんなUNISON SQUARE GARDENとXIIXどちらも100%でやるという斎藤さんと、SixTONESと俳優業どちらも100%でやるという北斗くんの姿勢に同じものを感じていて、だからこそ自分も邦ロックとアイドル、どっちも自分なりに100%で応援したいと思っています。

元々斎藤さんの親友の金井政人(BIGMAMA)が好きなのに斎藤さんにまで落ちそうですやめてください(嘘ですめちゃくちゃ好きです)

 

最初にハマったという自覚があったアーティストが[Alexandros]なのですが、その時も顔面が好きで、いまも松村北斗の何が好きか聞かれたら顔面と答えると思います。顔面が好きです。顔がいい男は最高です。(ちなみに日向坂46も好きなのですが推しは顔面が1番好きです)でも恋愛対象は顔面至上主義って感じでもないので不思議ですね……勿論北斗くんの言葉選びやファッションセンス、お芝居、価値観も大好きです。

 

星野源・米津玄師とは、人生の中で音楽に救われ、恩を返すように音楽を作る人たちという点が共通していると思います。特に、ジェシーの「音楽は裏切らない」この信念は2人もどこかで話していてもおかしくないと思います。
King Gnuは自分たちの音楽の美学を追求している点が共通していると思います。両者とも学者気質というか、学問のように音楽の世界を少しだけ拡張しようと研究しているように見えます。

 

 

Q.15-2)関連性や共通点がなくてもSixTONESを好きになった理由

こちらの質問の回答として多かったのは

SixTONESはあくまでもアイドルとして好き

・メンバーを元々知っていて懐かしかった

・これからを見守りたい

SixTONESはジャンルにとらわれないから

・ダンスを含めたパフォーマンスが好き

というもの。

こちらもこちらで納得の理由ばかりです。

特に”ダンスを含めたパフォーマンスが好き”という点、初めてSixTONESのライブを観たときに「こんなに踊って動いて近くまできて楽しませるパフォーマンスが…」と基本その場から楽器を持ったまま動かない(((例外あり))バンドマンたちに慣れている身として衝撃を受けたので強く共感しました。

 

以下、再び素敵回答の引用です。どれもめちゃくちゃわかる。

 

SixTONESはアイドルなので、ロックにこだわらずに幅広いジャンルに挑戦できる、していくだろうから。邦ロックも好きですが、HIPHOPR&B、J-pop、歌謡曲、レゲエ、EDMなど広く浅くですが色んなジャンルが好きだから彼らに期待しているのだと思います。

 

邦ロックは基本曲を聴いて好きだと思ってからアーティストを知ることがほとんど。SixTONESはどんな曲でも彼らのものにしてしまう業自体が魅力だと感じているので、言ってしまえばどんな曲でもいいんだなと感じています。もちろん好きな曲の方が嬉しいけれど。

 

パフォーマンス!今までアーティストを好きになる経緯ってまず、歌詞、演奏、だったのにSixTONESを好きになったのはパフォーマンス。歌詞を気にしたのは好きになった後。上手く言えないけど今までと逆だからこそ好きなんだと思う。

 

共通点や関連性がないと思う理由は、好きなバンドとSixTONESに対する自身のスタンスが異なるから。
好きなバンドはシンプルに彼らの音楽が好き(音楽以外の部分への関心が薄い。極論、そのバンドメンバーが不倫しようが薬やってようが音楽が良ければそれで良い)だけど、SixTONESは音楽性以外の部分(シンプルに顔だったり、バラエティの面白さだったり、6人の関係性など)も含めて興味があるから。
SixTONESはアーティストかもしれないが、わたしの中では邦ロックとは完全に別ジャンル。

 

 

Q.5&14)邦ロックとSixTONESを好きなスタンス【比較】

SixTONESに関しては”応援スタンス”とするのがしっくり来たのですが、バンドを”応援する”って感覚になんかムズムズしたので(伝われ)”好きなスタンス”、というちょっとわかりにくいワードを出しましたすみません。

めちゃくちゃフラットに言うと、どこまでお金使う?という質問です(極端)。

 

両方のファンである身として、バンドとアイドルではお金をかけるハードルが分野によって全然違うなと普段から思っています。

例えばバンドだったらFCに入らなくてもライブは行けるし、そもそもFCがないバンドだって多いです(最近のバンドはある人の方が多い印象だけど、売れてるバンドでもBUMPとか未だにないしRADもできて2年目)。それに対してジャニーズはまずFCに入らないとコンサートには行けない。”必要経費”の概念が全然違うと思います。

逆にバンドのために音楽誌を買う人って結構限られてる印象があるのですが、ビジュアルも好きになる大きな要因であるアイドルのために雑誌を買う人は多いように思います。

 

個人的なハードルの高さとして

【邦ロック】(低)曲を聴く→CDを買う→ライブに行く→フェスに行く→グッズを買う→雑誌を買う→FCに入る(高)

SixTONES(ジャニーズ)】(低)曲を聴く→出演作品・番組を観る→雑誌を買う→CDを買う→FCに入る→ライブに行く→グッズを買う(高)

という順かなと思っています(ちなみに両方全制覇している今となっては無用の基準)(石油王になりたい)

 

このような経緯からこの質問を設け、興味深い結果を得ました。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429153612j:plain

まずやっぱり気になるのはFC加入率の差。やはりFCに入らないとライブに行ける確率がものすごく低いSixTONESのFC加入率は邦ロックアーティストの倍以上です。

それから”曲を聴く”と”CDを買う”の差がSixTONESの方が少ないのも、サブスク解禁されていないからこそだなと思います(何とは言わない圧力)

あとは雑誌を買う人の数の差もとても大きいです。ビジュアルを求めるかどうかという最大のポイントはもちろん、そもそもリリース時以外は紙媒体には出てくることが少ない邦ロックアーティストに対して、ジャニーズは毎月出る雑誌が多いから余計にハードルが下がるのかもなと考えたり。テレビ誌は音楽誌の半分の値段ですしね。

 

邦ロックもSixTONESも両方好きと言っても、やはり”どのように好きでいるか”には違いが出るものだなあと興味深かったです。

 

 

Q.16&17)好きなSixTONESの曲とライブハウスで聴きたいSixTONESの曲【比較】

鬼畜との評判だったこちらの質問…笑 全部好きなのは大前提として!大前提として聞きました。

そして集計をしながら好きな曲ライブハウスで聴きたい曲が必ずしも一緒ではない邦ロック勢の仲間たちにとても嬉しくなりました。そりゃあ好きな曲を生で聴きたい気持ちはあるけど、”””ライブで聴くからこそ好き”””な曲って絶対あります。

BIGMAMAだと荒狂曲シンセカイとか、RADだったらおしゃかしゃまとか(宣伝すな)

 

というわけで一覧表がこちら。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429162906j:plain

Call meとLifetimeの圧倒的人気〜!?!?!?

私自身、和訳考察ぶろぐを書くほど大好きな2曲が邦ロック勢に人気のトップ2だとはまさか思わずめちゃくちゃ笑いました。みんな仲間。(ちなみに私は You&I、Lifetime、Call meを選びました。めっちゃランキング上位)

あとRAM-PAM-PAMとImitation Rainが好きな曲として同率なのはさすが邦ロックスト担と言いたくなりました。

そして更に面白いのが好きな曲とライブハウスで聴きたい曲を比較したとき。ランキング上位がRAM-PAM-PAM以外しっかり変わります(RAM-PAM-PAM強)

Rollin'もSTもS.I.XもSpecial OrderもIN THE STORMもギチギチのライブハウスで拳上げながら聴いてみたい〜!!!絶対最高〜!!!

でも集計結果を全体見渡すと、実はほぼ全曲満遍なく票が入っているSixTONES。だからこそこれだけ幅広く、他界隈出身者も虜にできるのねという気持ちに改めてなりました。

 

 

 

5. 邦ロックもSixTONESも存在するこの世界にありがとう〜邦ロックスト担大虚妄大会〜

現実的に交わることがそこまで簡単ではない邦ロックとSixTONES。でもちゃんと同じ世界に存在してくれてるし、私たちの脳内でならいくらでもいつでも交われるし!ということでみんなで楽しく夢を見たかったコーナーです。

 

Q.18&19)SixTONESに歌って欲しい邦ロック曲(6人全員&メンバーソロ)

正直このリストを作りたいがために私はこのアンケートをやったと言っても過言ではありません。去年 大我さんの妄想cover liveセトリを見ていても立ってもいられなくなったところから個人的にSixTONESに歌ってほしいリストを作成し(ツイート参照)

解説ブログ5本まで書いた私()そのときたくさんの邦ロックスト担の皆さんに共感していただいて楽しかったのでみんなで最強のリストを作ろうぜ!!!という集計結果です。

 

誰に何が刺さるか分からないのでここはあえて厳選することはせず、明らかに邦ロックではない曲以外は全てリスト化しています。

総勢194アーティストからたぶん倍以上の曲数!!!(数える力は残っていなかった)

 

同じ曲をあげてらっしゃる方でも当てたいメンバーが違ったりして、たくさんの回答を一度に集めたからこその面白さが生まれたのではないかと思っています。

なぜその曲をSixTONESに、もしくはメンバーに歌って欲しいかの理由も素敵なものがたくさんあって本当に皆さんプレゼン上手だなと思ったのですが、あまりにも数が多いのでここでは省略させていただきますすみません。よかったら引リツとかで思いっきり語ってください…

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141609j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141628j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141647j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141702j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141716j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141738j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141757j:plain

f:id:aimingforsixtomatones:20210430141816j:plain

横軸でアーティストごとに見ても楽しいし、自担の欄を縦読みして片っ端から聴いていくというのもめちゃくちゃ楽しいと思います。私ももっとじっくり大我さんの欄を聴いていく予定…

 

 

Q.20)SixTONESと関わりを持って欲しい邦ロックアーティスト

こういうツイートが定期の人間なので

この質問もめちゃくちゃ聞きたかったやつ。

せっかくならこの際楽曲提供に絞らないコラボを想像してもいいんじゃない?ということで、関わりを持ってほしい邦ロックアーティストの名前だけでなく、どのようにSixTONESと関わってほしいかまで募集しました。

 

こちらの結果もとても面白いことに。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429163156j:plain

上の表が2人以上の方から名前が上がったアーティスト。回答者がお一人だったアーティスト一覧はこちら。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429163332j:plain

ここまででもたくさんのアーティスト名が上がったのは一目瞭然なのですが、面白いのがこのコラボしてほしい邦ロックアーティストの集計結果と皆さんが最初に書いてくださった好きな邦ロックアーティストの集計結果を比較したとき。

好きな邦ロックアーティストの上位41組で比較したグラフがこちらです。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429163214j:plain

好きなアーティストとコラボしてほしいアーティストではまず1位と2位のワンオクとKing Gnuが入れ替わるんですよね。めちゃくちゃ面白い。

皆さんの回答理由を拝見していると、King Gnuはもう先輩組(京ジェ慎)と井口さんが仲良しだからいける!!という理由が多く、この”すでに関係性がある”という現実味でワンオクを抜いたのかな〜などと思いました。

そして比較したときに一番顕著に違いが現れるのはミスチル。私は……回答理由を読みながら泣きそうだった………大我さんの夢はもはや全スト担の夢。みんなみんな、音楽を心から愛し、中でもMr. Childrenを敬愛してやまない大我さんがいつか何らかの形でコラボをできることを本当に望んでいます。絶対有言実行しようね大我さん(祈るオタクの図)

 

一方関わりを持ってほしいアーティストだけにフォーカスを絞ってコラボ方法に目を向けた集計結果も面白いことに。

f:id:aimingforsixtomatones:20210429163436j:plain

その他の回答には既存曲を一緒に歌ってほしい、 mvに出演してほしい、という回答が見られました。

 

楽曲提供・対談・コラボ楽曲・対バンに満遍なく票が入っているアーティストもいれば楽曲提供一択!という感じの人もいて面白かったです。

楽曲提供が望まれる理由としては

・単純に推し×推しの図を見たい

・世界観が合いそう

・そのアーティストの紡ぐ歌詞やメロディーをSixTONESに歌ってほしい

・そのアーティストがどんな曲をSixTONESに作るか興味がある

などが多く、

対談が望まれる理由としては

・既に関係性があるから(King GnuSUPER BEAVERなど)

・面白い化学反応が起きそうだから

といったところでした。

 

回答理由を拝見しながら”実はこの人ジャニーズに提供したことあるんです”という文字を何度も見かけ、意外とあり得なくないのかもな〜!!!事務所やっぱりつよ〜(語彙力)なんて楽しい気持ちになりました。

個人的にはセクゾ専任になりかけの金井政人(BIGMAMA)× SixTONES をいつまででも待っています(定期言霊)

 

 

Q.21)SixTONESに出て欲しいフェス

f:id:aimingforsixtomatones:20210429163500j:plain

フェス別に多かった回答理由はこちら。

ROCK IN JAPAN :伝統・王道・動員数が多い・出演者のジャンルが幅広い(アイドルも出てる)

SUMMER SONIC海外アーティストも出る・ジャンルが幅広い・お客さんの幅が広い

FUJI ROCK自然豊かなロケーション・ポップ以外の多様なジャンル・ジャニーズに偏見がある人が多そうだからあえて・スト担に味わってほしい雰囲気

COUNT DOWN JAPAN :SixTONESと年越ししたい・屋内フェスで観たい

METROCK :配信・インタビューなどもあって広く伝わる・アイドルも出る

JAPAN JAM :空気感が良い・移動が少なくていろんな人に聞いてもらえる

ap bank fes :大我さんが好きだから

SWEET LOVE SHOWER雰囲気が好き

FM 802 RADIO CRAZY :ジャニーズの流れないラジオとして有名だけどあえて

RISING SUN ROCK FESTIVAL広大な北の大地を背負うSixTONESを見たい

VIVA LA ROCK :屋内で観たい

BAY CAMP :景色がいい・オールナイト

Coachella :世界最大が似合う

 

他の理由としては

・近くで開催される/行きやすい/毎年行ってる

・個人的に好き/思い入れがあるフェス

・コアな音楽ファンが多そう

・新規ファン獲得できそう

・ダイブ・モッシュ禁止で安全面確保できる

・野外で観たい

・ロケーション

というものがみられました。

 

動員数とか運営の力を現実的に考えるとやはり上位3フェスになるよな〜と思いましたが、ラブシャで観るSixTONESとかライジングで観るSixTONESとかも絶対良いよな〜と楽しく妄想しました。

あとCoachellaが出てくるとは思わずびっくりでしたがPerfumeも出てるし、日本じゃない方が逆に実現しそう??とかも思ったり。海外フェス出てくれSixTONES…(言霊)

 

 

Q.23)バンドSixTONESにライブして欲しい箱・会場

こちらの質問、”もしもSixTONESがバンドだったら…”という始め方をしたのですが、その想定を加味されたのかされていないのかわからない ”SixTONESには大きい会場が似合うので!”というニュアンスの回答がそれなりに見られました。大変勝手ながら今回は虚妄大会しちゃおうぜ☆という趣旨を大事にしたかったので、集計は現実的にはSixTONESが立たないであろう会場のみとさせていただきました。ご理解いただけると幸いです。

ちなみにこの一覧以外で多かった回答は東京ドーム(そりゃそうだ。いつか叶えてね)

f:id:aimingforsixtomatones:20210429163629j:plain

やっぱり箱といえばZepp!ちょうどいい規模!いつもお世話になってますドリンクホルダー可愛いけどこんなに数使わないよ!(あるある)

ちなみに私は今回の回答理由を拝見して初めて知ったのですがZeppってSony運営らしいですね…いつかZepp公演もできちゃいますか青ソニさん…?(倍率)

武道館はやっぱり聖地だし、コーストも個人的にめちゃくちゃ好きな箱なので回答してる方が多くて嬉しくなりました。あの横長感とダンスフロア感SixTONESに合いそうですよね。コーストに響き渡るDAN絶対最高…

 

素敵回答もいくつかご紹介。行ったことのないライブハウスのイメージが湧いてとても楽しかったです。

 

東京キネマ倶楽部

大正期のオペラハウスをイメージした箱の構造が面白いので、ステージだけでなく全部を使って面白いことしてくれそうです。

Banana Hall 

バナナシェイクがめちゃくちゃおいしいのでスト担みんなで飲んでるとかだと楽しいなと。

渋谷WWW

前には行きたくない、行く勇気がないけど、でも顔を見ながら音楽を聴きたい!という方におすすめの箱。 段差と柵がいくつかあるので本当に見やすい。 キャパはそんなに大きくないけれど、このくらいの箱でSixTONESサウンドを体内に染み渡らせたい。

両国国技館

男の熱い格闘場で男だらけの野郎ライブが似合う。まぁ女の自分は行けませんが、Mステで福山雅治さんの野郎ライブの映像が流れた時にワイプの中で京本大我くんの顔が明らかに憧れで輝いていたのは見逃しませんでした。

 

 

 

6. 邦ロックとSixTONESの未来

Q.24)まだSixTONESを知らない邦ロックファンへメッセージを!

せっかく界隈またぎを経験した仲間たちが揃うのであればみんなで勧誘もしちゃおう!ということで最後はアイドルにまだ抵抗があるかもしれない邦ロックファンたちへメッセージを募りました。さすがteam SixTONESの広報担当、勧誘技術が最高です。

頻出語としては

「とりあえず」「とにかく」「一度聴く」「絶対」「度肝抜かれる」「刺さる」「先入観・固定概念・偏見よさらば」

という感じ。納得。

 

拳も煽りもヘドバンも出来ますペンラの打点も低くキャーよりフゥー!が似合うとても初心者にやさしいアイドルです

 

SixTONESの守備範囲の広さに驚かされます。絶対何かしら刺さる。アイドルの規格を超えた、アイドルっぽくない、でも正しくアイドル!な彼らの曲は、聴いて、見て、損はないと思います!!何卒!!

 

偏見持ってる人こそ沼落ちするし、一回聴いてみ?あとSixTONESロックバンド好きな人多いよ。

 

私自身が「ジャニーズ」に偏見を持っていた人間ですが、鮮やかに裏切られるように、彼らの魅力にハマリました(SixTONESきっかけで、他のジャニーズグループが歌う素敵な歌にもいくつか出会えています)。まずは数曲、彼らの歌に耳を傾けてみてください。

 

いつか必ずフェスにSixTONESが出演して度肝抜くのでその日まで待ってろよ!!!!

 

彼らも音楽を愛する人たちなのでよろしくお願いします。

 

ジャニーズだから、と敬遠してる人はきっと沢山いるはず。ジャニーズにもこんなにあなた達同様音楽を心から愛して真摯に向き合ってるグループがあるのだと知って欲しい。正にここに同じ境遇の人間がいます。私もかつてはそういう思いもありましたが、彼らに会って再度音楽の素晴らしさに気づけました。彼ら自身を知るまでいかなくてもいいです。ただ音楽を聴いて欲しい。あなたの音楽のプレイリストにぜひ加えて貰えたらと願います。

 

魂震える出会いがこの先の人生に待ち構えているなんて、素敵なことですね!音楽愛好家の皆さんとは、出逢うべき時に、出逢うべくして出逢うと思います。その時を楽しみに、音楽を愛して生きましょう。

 

今すぐにYouTubeで「SixTONES ライブ」と検索して欲しい!!!!!!!あの楽曲×パフォーマンスを見れば絶対絶対すきになる。ジャニーズだから、ジャニーズなんて、、って思ったらもったいない!バンドなんて、フェスなんて怖いんでしょ、、?って偏見を持たれがちな邦ロックファンなら、見もせず聞きもせず判断されること、本当に素晴らしいアーティストが世に知られないことの悔しさを誰よりも知っているはず!音楽が人の心を動かし、日々の生活が豊かになることを知っているはず!「百聞は一見にしかず」!絶対後悔しないので、今すぐにSixTONESをみて下さい!!!!!!!!

 

SixTONESのライブ、前後左右同年代(30~40代)でした。お幾つの方でもどうぞ! 

 

6人で歌うので、声(音)はストレート方向だけから届く訳ではありません。四方八方から声(音)が飛んできます。耳を塞いでも小さな隙間から誰かの声(音)が飛び込んできます。違う音の伝わり方を是非SixTONESで知って欲しいです。

 

バンドっぽいブチ上がり曲からしっとり切ないバラードまで歌いこなすアーティスト!!!!2年目に好きになるのは遠い未来から見たら古参だーー!!ズドンしようぜー!

 

SixTONESが光るとき、それはアイドルらしくキラキラ笑顔で歌っている姿ではありません。もがいて、苦しんで、吐き出したとき。皮肉にもその気迫が輝きを増して放たれます。
その姿がロック。まじでロック。
アイドルなんて、ただ提供された曲を涼しい顔をして歌っている。そんなイメージは打ち砕けます。

 

 

 

Epilogue アンケートを終えて

さてここまでで32000字超え…果たしてたどり着いてくださる方はいるのでしょうか…もし読んでくださっている方がいるなら、まずは本当にありがとうございます。お疲れ様でした。本当に。笑 

 

軽い気持ちでこの際だから色々聞いちゃおう〜と思って始めたアンケートにまさかこんなにもたくさん、そしてこんなにも熱く回答いただけるなんて到底想像していませんでした。

全部紹介できなかったのが申し訳ないくらい、長文で回答してくださったり、何時間も悩みましたと言ってくださったり、最後の欄で邦ロック関係なく私に愛を注いでくださる方もたくさんいて、本当に胸がいっぱいになりました。

私の過去のブログきっかけで邦ロックを好きになりました!なんて言ってくださる方もいて、めちゃくちゃ恐縮ですが本当に嬉しかったですありがとうございます。

 

私は、音楽に生かされてきた自覚が明確にあります。

その明らかな救いとなった音楽は邦ロックであり、邦ロックでしかありません。

でも邦ロックのおかげで救われた心で新しい世界に出会い、新たな感覚を身につけ、また本来の自分を守ってもらうこともあり、そうしてようやく、SixTONESという最高に素敵な6人とその6人が紡ぐ音楽にたどり着くことができたと思っています。

だからこそ邦ロックもSixTONESもどちらも本当に大事だし、きっとどちらもなくなっても心臓は動き続けるんだろうけど、気持ちは動かないんだろうなと、本気で思っています。

その大事な大事な私の人生に欠かせない2つへの愛をいっぱい浴びて、その愛についていっぱい考えて、とても幸せな時間でした。

 

共に邦ロックもSixTONESも愛するたくさんの仲間の言葉を見ることができて、改めて、この愛しい音楽と愛しい人たちに日々感謝して、時には頼らせてもらって、彩りあふれる人生を歩んでいきたいと強く思いました。

 

これを読んでくれるあなたにとっても、共感したり、同志を見つけたり、新たな音楽に出会ったり、少しでもプラスに思えるきっかけになりますように。

 

 

長い長い長ーーーーーーいぶろぐ、お付き合いいただきありがとうございました!

感想などなどリプでもマロでも引リツでも、いただけたら嬉しいです!邦ロックスト担の出会いの場とかになっても楽しいな〜と夢見ています笑

 

この先も一緒に、大好きな音楽に溢れた日々を過ごして参りましょう!

 

 

 

 

京本大我さん10000字インタビューを読んだ。

 

ごきげんよう、aimです。

今回はただひたすらに、京本大我さんの10000字インタビューを読んで溢れ落ちていく感情をどうにか受け止めたい記録。あくまでも私の受け取った感情と勝手な推察。

きっと正解ではないけど、正解なんてないのかもしれないし、とにかく今抱えてるこの想いが愛しいからとっておきたいなという衝動です。

受け取ったものに見合った言葉の精度や純度を追求したいとは思ったけど、如何せん感情爆発しがちな人間なのでうまく纏まってないところもあるかも。

あとネタバレ祭りなので読んでくださる方はそこもご了承ください。

いざ、10000字に対抗する11000字の旅へ。

 

 

 

 

 

覚悟をしていたつもりだった。

京ジェ担の私が、ここまでのほっくん、樹、慎ちゃん、こちの4人の10000字で毎回びっくりするほど泣いてきた。

いくら感受性と感情のキャパが釣り合っていない上にSixTONESに涙腺が対応していない私とはいえ(自覚は一応ある)、10000字インタビューの威力はここまでの4回で思い知ったつもりでいた。

 

思いもよらぬ爆弾。

想像に難くなくても改めて言語化されると質量がのしかかる記憶。

希望や願いを孕んだ推測が掬い上げられて証明されたり叶えられたりする瞬間。

深く確かな絆と愛。

 

毎回、10000字という枠の中に、これよりさらにたくさんの要素が詰まっている。

だからついにきてしまった大我さんの10000字を予告の時からずっと警戒していた。

読んでもいないのに”1万字”という言葉が入ったツイートが最近やたら多く、その度に落ち着き失っていた。

 

でも大我さんはいつだって予想や想像を軽々と越える。

 

あんなにいろんな感情が混ざって混乱しながら泣いたのは初めてだった。

それなのに最後に残るのが澄んだ温もりなのもどこまでも新鮮だった。

そんな10000字インタビュー。

 

 

 

順番にたどっていこう。

 

冒頭でデビューを告げられた時に喜びと同時に不安に襲われた、と語られる内容はRIDE ON TIMEで聞いていた ”自分たちの知らない自分たちになっていくのが怖い(だから)俺は(デビュー)したくない” と言う大我さんが蘇る言葉だった。

その不安が現実にならなかった今だからこそ言えるのかもしれないけど、そこまで不安になるほど、デビューしていない状態のSixTONESはすでに大我さんのなかで変えたくない確固たるものになっていたんだと実感できて、その時点で大我さんの中のSixTONESの大きさに涙が溢れた。

 

でも大我さんにとってSixTONESの、そして5人のメンバーの大きさを、その後も何度も何度も絶対に忘れないように刻まれるような感覚になるインタビューだった。

 

 

最初に10000字には”想像に難くなくても改めて言語化されると質量がのしかかる記憶”が詰まっている、と書いたけど、これはここまでの4回に渡って、決して順風満帆ではなくそれぞれに心に傷を負ったSixTONESの軌跡をたどりながら毎回強く感じていたことで。それはもちろん大我さんの回にもあった。

”最初がっつりイジメられたんで” と始まり飄々とした言葉が並んだ9行で終わる話。

境遇にしろ容姿にしろ、誰もが羨まないわけがないものを生まれ持ってきた大我さんが何も経験してないなんて思ってなかったけど、改めて言葉にされて感情が揺れないわけがない。しかも今それを知る私に何かできるわけもないのも当たり前。

でもやるせない気持ちとともに、聞けてよかったと思う気持ちも無視できなかった。

それを乗り越える強さのある人でいて、それを淡々と表現してしまうまで他の記憶の存在を積み重ねてくれて、話せる日を迎えてくれてありがとうと思えるから。毎日毎日いてくれることに感謝する理由がまたひとつ増えたから。

 

 

京様がこれを想定してジャニーズに入る大我さんにかけた言葉にも象徴されるけど、10000字の特徴として、この宇宙一素敵な人たちを愛情たっぷりに育ててくれた素敵なご家族たちに感謝が止まらなくなるという事実も見逃せない。

特に家族のエピソードが多かったほっくんの10000字に始まり、いつでもSixTONESの選択の後ろには愛に溢れた家族の姿がある。

京様はご本人からも大我さんの見守り方を口にしてくれるから余計に知ってるエピソードが多かったりリアルな空気感が伝わってくるけど、やっぱり10000字という場でもその存在は大きく、大切で、愛に溢れていた。

少し脱線するけど、SixTONESに全幅の信頼を置いて安心して好きでいられる大きな理由のひとつが”愛されて育っていること”だと感じる機会が最近とても多い。

これは樹の10000字にも通じるけど、愛情をかけてもらったことを知っている人が配れる愛はどんな愛よりも威力が強いと思っているのでSixTONESからそれを感じられることが大好き。そして自分もそういう愛を繋いで行ける人になりたいなと、自分の表現するものにはその想いを込めたいなと強く思う。

 

 

話を戻す。

 

3月13日のきょもじゅりANNのように流れるようにボケ倒して樹をいじる突飛な賢さを見せることもあるけど、基本的に大我さんはSixTONESを”見ている”人だと思う。ぽやっとした自由奔放なお坊ちゃんに見えて、実は誰よりもSixTONESを”見ている”。

 

SixTONESは6者6様にスト5に対して感覚を敏感にしてる部分があると思うけど、

大我さんは誰よりも5人を”見ている”し、

ジェシーは誰よりも5人を”感じている”し、

慎ちゃんは誰よりも5人を”察している”し、

こちは誰よりも5人を”捉えている”し、(今年のバースデー動画とか怖いくらいこれがすごい)

樹は誰よりも5人を”読み取っている”し、

ほっくんは良い意味で5人から感覚は少し逸らしているように思う。直接感覚を向けるというより5人が表現して放つ空気を吸い込むような印象。

 

この大我さんが”見ている”ところは、ほとんどのANNの放送を聴いていること、メンバーのブログを毎日読んでいること、今回はこちの10000字への言及しかなかったけどたぶん他3人のも読んでるしこの後のジェシーのも読むこと、1人のお仕事の時もメンバーのことを思い出してその姿を参考に”ひとりSixTONES”をやりながら”SixTONES 京本大我”として1人で立つこと…いろんなことが象徴してると思う。

私はこの大我さんしか知らなくて、いつからこんなに素敵な人なのかの確証が持てるほど長い間応援できていないけど、今の大我さんがあるのはグループでのデビューを期待した瞬間に告げられた 協調性がまずない” というあまりにも酷な言葉の影響もきっとあるんだと思う。

確かに、育ってきた環境もあって個として磨いて発揮する力がとてもとても大きい人だと思う。ソロでもやっていける人だと思う。素質だけ見ればそれを望む人がいることを理解することも難しくないし、本人がジャニーさんに抵抗することなくその道を受け入れて目指そうとしていたこともわかる。SixTONESとして初めて、でも同時にラストチャンスに感じるグループに入ってもなお、ひとりでいることを想定していたり、ひとりの方が周りにとっても良いのではないかと思っていたことも納得はいく。

 

でも。大我さんは本当に、本当に周りをよく見ているし、”見えてしまう”ときもあるんだろうなと、そしてその見えるものを静かに受け止める器が本当に大きいのだと、私は思う。それは大我さんが”協調性”を意識して辿り着いた”見ること”なのかもしれないし、グループになって初めて相手が生まれたからくっきり浮かび上がってきた元々持っている”見る”という能力なのかもしれない。わからないけど、周りを”見ている”ことは間違いない。

 

周りを見れるからこそ、それに対して自分は何を磨くべきか理解して行動できて1人で立てるんだろうし、周りが見えるからこそ、5人の方が良いのではないかという発想もあったんだと思う。だってメンバーの”できていないところ”が見えるのも一緒に進んでいくためにすごくすごく”見ていた”から。

人が集まった時にわかりやすく求められる”協調性”というのは”見ている”ことよりもその場の人や状況やタイミングに合わせて動くスキルだから、必ずしも発揮するのが簡単なものじゃない。でも”協調性”よりも”見ている”ことの方がSixTONESでは確実に重要視されていると思う。正直誰も”協調性”には興味がないのがSixTONESな気がする。自分なりの方法で”相手を想うこと”ができれば協調性なんてわざわざ気にするスキルではないというか。そういう場所に大我さんは辿り着くことができて、求められて、輝いて、今を作ってくれてるんじゃないかと思う。それがすごく嬉しくて安心する。

 

 

そしてその誰よりも”見ていた“ことは今回のSixTONES結成の話でもすごく表れていた。

何度も何度も6人が教えてくれてる話。まだファンになって1年半ちょっとの私でも何も見ずに他の人に説明できるくらい聞いたり読んだりしてきたはずのSixTONES結成の新事実をこのタイミングで知ることがあるなんて思わなかった。

そりゃあ状況を完全に知り得ることなんてこれから先もないし、いつだって私たちが見せてもらってるのは氷山の一角だという自覚があるけど、それでもここまでそのエピソードへの印象がガラリと変わる事実が、今、出てくるなんて、思ってなかった。

SixTONESは名前をもらった時から、 ”この 6人でいつまでも一緒にいる覚悟はあるのか” 問われていた。

他のメンバーがあえて詳細は省いてポジティブでライトな印象のエピソードにしてきたのか、そもそも圧倒的なポジティブな状況として捉えていたのか、その両方なのか、答えはわからないしわからなくていいけど、大我さんの語るSixTONES結成の裏側は決して嬉しいだけの思い出ではなかった。デビューを告げられた時と同じ、喜びと不安が同時に、もしかしたら不安の方が押し寄せる記憶だった。

それはきっと ”この世の仕組みは怖い” と何度も突きつけられてきた大我さんのネガティブが根強いから。

 

誤解を恐れずに言いたいのだけど、大我さんはやはり根っこがネガティブな人だと思う。しかもとても。それを ”妙に現実主義” と呼ぶことも、現実を残酷である前提で見ている証拠な気がして余計ネガティブだと思う。

でもそう思って当然だという過去が今回いくつか打ち明けられた。ジャニーさんは愛情深い人だったと信じてるけど、それでもジャニーさんじゃなかったら許されていないであろう残酷で時には理不尽なエピソードがたくさんある。

今回の大我さんの描写は、そんなジャニーさんに SIX TONES をもらうまで、そして SixTONES として発表するまでの厳しい”現実”を見せられた過程も丁寧に記憶された結成の道のりだったと思う。

胸は締め付けられたけど、この状況の光だけを受け取るわけじゃない大我さんにすごく”らしさ”を感じて、愛しくてしょうがなかった。そして何より、今現在大我さんの観点が一番ネガティブではあるけど、だからと言ってSixTONESの中で大我さんが極端にネガティブなわけではないと思えることが、不謹慎かもしれないけど、すごく嬉しかった。

SixTONESは自分たちでも言うように、基本的にとても優しくもろく気にしいで繊細で心配性な大男たちだ。どんなに堂々とかっこよく圧倒的な自分たちの世界観を魅せることに長けていても、心の中では不安げにきゅっと寄り添っていることも多い愛しい人たち。単にその中で大我さんは 闇に向き合い、闇を見せる動きを意識している割合が高い人だということなんだと思う。厨二なところも含めて(小声)(愛しい)

 

 

そしてそれは”自分の弱い部分を見せることで救われる人がいるのではないか”、という大我さんが大事にしてくれている対等な愛情関係にも表れている。だってファンのことを ”最高のライバル” って言ってくれるアイドル、少なくとも私は聞いたことない。

樹を筆頭にSixTONESはファンが同じteamであると掲げながら、対等であることをすごく意識してくれる人たちだと思うけど、大我さんは対等であるのと同時に、樹の言う純粋な協力体制とは違う方向、”切磋琢磨して闘うこと”を”支え合う方法”として選ぶ。

”アイドルでいることは誰かの光でいること” と言葉にしながら、遠く手の届かないような”光”としての姿を見せてくれるものの、それよりはるかに頻繁に自分の弱さや”闇”の部分をさらけ出してくれるのが大我さんの”光”が増す要因だと思う。そしてそれを見せた上で成り立つ関係性に ”最高のライバル” と名前をつけてくれることで、お互いを高め合うからこそいつまでも一緒にいられるような感覚になってしまうからずるい。自分の弱さを受け取ってそれを糧にしてもらえたらまた自分も逃げないでいられる、なんて永遠に抜け出せないループだ。間に一定の距離はあるけど、常にお互いを見てるし感じ合ってるし補い合う関係だ。そんな繋がりを大我さんは私たちにくれる。

正直”ライバル”というのは決して近い距離感ではないと思うし、わかりやすく絆が見える関係ではないと思う。でも大我さんが保って繋いでくれるこの距離感が私はとても信頼できるし、リスペクトのこもった愛だと受け取ってしまう。考えすぎかもしれない。でもそれがどうしようもなく好きだ。時々嬉々としてベタなアイドルっぽいセリフやあざとさも放ってくれる人だし。ライバルでいたいのと同時に、いつまでも敵わないと満面の笑みで嘆きながら転がされていたい。

 

 

結成の話に少し戻るけど、こういう新事実、もしくは今まで明かしてこなかった捉え方をこのタイミングで言葉にしようと思ってくれたのはなぜだろうというのも思う。

この先語ることはないと思ったからだろうか。それとも今なら伝わると思ったからだろうか。感覚的なものだろうか。わからないけど、”話してもいい”と思ってくれる日が来たことが嬉しくて安心してそれで私は満たされてしまう。だって大我さんの”表現”に絶大な信頼を抱いているから。

堪えきれずに読後すぐツイートしたけど、歌にしろインタビューにしろ文章にしろ、大我さんの”表現する力”は本当に特別だと思う。

大我さんは自分のことを口下手だと言う。でも私はそれを一ミリも信じたことがない。大我さんの言葉は、発される場所、タイミング、内容、どれも精度がものすごく高い。それは勘が優れているのに加えて、根っこがネガティブな人が 考えて考えて、時には余計なことも考えた上で、紡いでくれる言葉だからだと思う。その考えるプロセスの長さを自覚しているから”口下手”という表現になるのかもしれないけど、それがなければあの深みや巧みな仕掛けは生まれないと思うから私はそれがまるっと愛しい。

そしてその人が今このタイミングで、闇の割合も多めなのにもかかわらず、最後には晴れやかな温もりの残る話をしてくれた事実をずっと抱きしめていたい。

 

  

”大我さんにとってSixTONESの、そして5人のメンバーの大きさを、何度も何度も絶対に忘れないように刻まれるような感覚になるインタビュー”だったと最初に書いたけど、それを一番象徴してるのはやっぱり ”本当の1番の財産はメンバー5人と出会えたことかもしれないですね” と言うところ。

夢や目標を訊かれた時に大我さんは ”自分の世界観を守り続ける””自分らしい音楽をいつまでも歌っていたい” とこれまで言ってきたし、本人も自覚してるけど、このインタビューの最初も、どれだけ自分にとって音楽が大きな存在かという観点から始まった。

その確固たる意識が、5人と歩んできた道のりを辿る中で温かく和らいで広がったような言葉だった。

 

最近この話をよくしてしまうんだけど、私はまだ、ミュージカル俳優の大我さんを知らない。

私が好きになって、好きで好きで仕方ないのは”SixTONES京本大我さん”。それはもちろんミュージカル俳優の大我さんも含んだ大我さんだけど、大我さんの明らかな軸のひとつを知らない不安にどうしても駆られてしまう瞬間がある。そしてミュージカル俳優の大我さんを知っている人であればあるほど、SixTONES京本大我さんに対して私とは逆の気持ちを抱いている人が少なからずいることも知っている。私のことすらアンリーだと思っている人もいるとこの前知って衝撃を受けたけど笑 だから時々そういう方向から聞こえる”1人の大我さん”が存在し得る可能性が怖かったんだと思う。ここまでSixTONESとして活動していてもなお、未だに1人でふっといなくなってしまいそうな大我さんを想像する人がいることが怖かった。

ananソロで SixTONESを守るのは絶対条件で当たり前すぎる” と言ってくれていても、同時に ”みんなが望んでるのって6人でずっといる絵だと思うんです” と言っていたことの方に、どこまでが大我さんの心からの意思なのか不安を感じてしまうようなネガティブさを私は持っていた。

でも今回、決して楽しく明るい思い出ばかりではない自分のJr.時代と5人と共に進んだ記憶を辿る中で ”いつの間にか自分より大切だと思える仲間ができてた” と大我さんは言葉にしてくれた。辞めようと思った時もその仲間が自分の支えであり救いだったと、いろんな角度から表現してくれた。

これ以上の保証なんて考えられないくらい、リアルで真摯で心に深く刻まれる想いだった。

どんな風に誰を好きでいるかってことほど他の誰にも左右されるべきじゃないことはないってわかってたはずなのに、ここに来るまで信じきれなかったことに申し訳なさでいっぱいだけど、こうやって改めてSixTONES京本大我さんが、本当に心底好きだと、この先も胸を張って信じてずっと言えることがとてもとても幸せ。

 

 

そうしてSixTONESにいてくれる大我さんのメンバーへのメッセージは、やっぱりどこか謙虚でネガティブなところが見え隠れしていた。大好きで大切だからこそ細かいところまで気にしちゃうところが滲み出ていたように思う。とても好きだ。

 

樹を ”とにかく察する能力が高い人” と表現するところは、よく”見ている”大我さんを象徴するところのひとつだと思う。だって樹が自分の10000字で一番最初に自分を形容した言葉が ”人の反応を想像するのが昔からめっちゃ得意” だから。

”辛い時に一番感じ取って受け止めてくれた”と大我さんは樹のことを見ていて、樹は ”素でいられる人はあんまりいなかったのにきょもと一緒にいるとすごい楽だった。言ってることを理解はできないけど導き出す結論には納得できる人” と大我さんを見ている。お互いへのリスペクトと信頼が止まらないしお互いを”受け止めてくれる人”として見ているきょもじゅりが大好きで仕方ない。

2人になると一瞬で高校の教室が見える、そんな関係がいつまでも続きますように。

 

大我さんのことを ”子供みたいで愛おしい” とも言うのに、メッセージとしてまず口をついて出るのが ”兄貴でいてね” な慎ちゃんに、やっぱり大我さんはちゃんとお兄ちゃんだった。察しまくって周りを優先させがちな末っ子に ”まだまだこんなもんじゃないよな” って期待してくれるのは紛れもないお兄ちゃんだ。ここまでのゆごほくじゅりの慎ちゃんへのメッセージも、もっとのびのびと、無理も遠慮もしないでいいんだぞってものだったけど、そこに”期待”を重ねるのが慎ちゃんの一番最初のお兄ちゃんである大我さん。

お互いを見守りあいながら、これからもことあるごとに顔を見合わせて笑っていてねきょもしん。

 

こちさん10000字から爆弾続きのきょもゆご。

1人の時間が長いこともあって、大我さんは自分の中にしか答えがない人だと思う。人の良いところから影響や刺激を受けることはもちろんあるだろうけど、”決断”に関しては限りなく他人に委ねるところを減らしたい人だと思う。その結果京様は頭を抱えたわけだし。

でもその大我さんのそばに”いる”力がずば抜けたこちさんは、大我さんの決断を左右した稀有な人だ。大我さんの絶対他の人には委ねないであろう大きな決断につながる気持ちを、目の前に”いる”ことでこちさんは引き出してしまった。そして引き出してもなお、そこにい続けて受け止める以上のことをしなかった。それがこちさんの本当に本当にすごいところで、大我さんがこちさんを全力で頼れる何よりの証明だと思う。

思えば、こちさんの ”今、大我がSixTONESにいてくれることが全てだと思うから” という言葉からすでに私なんかの小さな不安は消える運命にあったと思う。どこまでも偉大な人。

そして全力で頼っていることを ”甘えすぎちゃってるからいつか頼ってもらえる存在になりたい” と大我さんは言う。ことあるごとにこちさんを”一緒にいて落ち着く”とか”波長が合う”とか去年のお誕生日に至っては”ニコイチ”と言ってみたり、そういうのが全部こちさんに”頼ってほしい”という願いも込められたものだと思うと愛しくて仕方ない。

そうしてこちさんを引き寄せながら、大我さんは頼ってるのは自分ばかりだと思っているかもしれないけど、私は僕僕を歌うときに大我さんとハモる時だけ異様にのびのびするこちを知っている。

”愛に咲いた花の” 名前は ”Liar" 遠いあの場所で ”揺れてる”

生放送だと特に、大我さんがいるパートの声の伸びが違うと、大我さんと歌ってるのが一番楽しそうだねこちさんと、いつも思っている。

今度更新するスト担バイブルリストに必ず入れると私が心に誓っているテレガイAlpha vol.36 でも、大我さんが ”髙地はライブでも「大我これ大丈夫だったかな」とか聞いてくれるけど自分を過小評価してる。もっと自信持ってもいいのになってずっと思ってた” と熱く語っているのに対して、こちさんの反応は ”うれしい〜” としか書いてないけど笑、こちさん、これは相当嬉しかったと思う。現に「大我これ大丈夫だったかな」というセリフは大我さんを頼ってるわけだし。

大我さんの求めてるほどの頼られ方じゃないのかもしれないけど、大我さんはちゃんとこちさんを支えてると思う。頑張りすぎなくても、年長組の年下でいていいと思うよ大我さん。どこまでも自然体で、根底には必ず思いやりのあるきょもゆごが、お互いを一番支えるのだと思う。

 

きょもほくに関しては、違う職業にならない限り素直に尊敬してると口にできないほっくんに対して、さらりと ”今年、去年は特に北斗をいちばんリスペクトしてます” と言ってのけるのが大我さんであり、きょもほくがいつまでもお兄ちゃんと弟の上下関係を根底にしたビジネスパートナーなんだなと笑いながら腑に落ちた。いいから素直になってよほっくんという思いが拭えない圧倒的なきょも担で申し訳ないけど、きょもほくが翔潤の道に近いものをたどってくのではとワクワクしてしまう私もいるし、何より素直じゃないわんわんなほっくんを見ることも最近の大我さんはとても楽しそうなので、誰に何を言われても、2人の心地よい距離感でいてねと思う。

リスペクトがきっと一番強固な繋がりのふたり。

 

そして京ジェ。

なんでここまで京ジェに惹かれるのかは改めてジェシーの10000字も読んでから京ジェだけに捧げる文章として考えたいけど、今回の気持ちは今回でまとめておかないといけない気がするので書く。

基本的にずっと泣きながら読んでいたけど、3回ほどあったスーパー京ジェポイントでは本当に一度ページを閉じた。冗談抜きで、5分くらいずつただただ泣いて、自分の京ジェへの思い入れに自分でも若干引いてからしか戻れなかった。今も書いたり読み直したりするだけで泣いてる。

6人で会う前に大我さんを呼び出したゆごジェの話。

”欠かさず応援してるぞって声をかけてくれる” ジェシーの話。

”2人の間だけ”を共有する京ジェの話。

まず、私はジェシーがメンバーに「誇りだよ」とものすごく自然に言うところが大好きだ。これはきっと英語ではよく言う"I'm proud of you"の影響だと思うんだけど、それを照れずに日本語に落とし込んで伝えてくれるジェシーを本当に尊敬する。

そしてこのジェシーの「誇り」という言葉はどれだけ大我さんの支えになっていたのだろうかと、ずっと思っていたけど、今回は痛いほど思った。

初めて ”自分よりも大切だと思った仲間” に、認められないどころか迷惑をかけて嫌われてるんじゃないかという不安を、”よく見ている”、”ネガティブ”な大我さんは強く感じていたと思う。その隣に、欠かさず応援してくれて「ミュージカルで活躍してる大我は誇りです」とどこへだって自信満々に言うジェシーがいるすごさ。

どれだけ、どれだけ救われただろう。

「誇らしい」という表現は、その誇らしく思う対象を”肯定”する以上に、その対象を”自分のもの”としても受け止めた上で周りに知らしめたいほどの好意を抱いていると示すことができる、すごく大きな愛だと思う。

1人でやっていくための軸であったはずのミュージカルという道が、グループでやっていきたいという気持ちが芽生えた後でも大切で仕方ないという葛藤に、大我さんはどれだけ苦しんだか計り知れない。そこにジェシーは大我の大切なものは俺にとっても大切で自慢のものなんだよと伝えに来てくれた。しかもそれを外側に向けて宣言することも厭わない。

そんな安心することあるだろうか。

しかもそう言ってくれるジェシーは大我さんが愛してやまない音楽を通して誰よりも繋がっていられる人。お互い苦手意識のある言葉を使わなくても、何時間でも一緒に歌って通じ合える人。相性が良くないと思った時があったとしてもそれをひっくり返すための努力をただただ楽しく一緒にできる人。

その人の絶対に揺るがない応援が大我さんにはあった。

SixTONESは6人それぞれに他の5人がいてよかったと思うグループだと私は常々言っているけど、京ジェ担の贔屓目だと言われてももういいけど、やっぱりお互いがいてよかったと、一番、一番思うのは京ジェなんだ。

それぞれジャニーさんに”YOUは1人がいいよ”と言われていた2人が、出逢ってくれて、同じグループになると自ら選んでくれて、隣に居続けてくれて、本当に本当によかった。

京ジェが大好きで仕方ない。

この話はあなたにお手紙書きましょうに繋がるところもたくさんあるんだけどこれ以上書くと京ジェぶろぐに支障をきたしそう(だしすでに京ジェパートが長すぎ)なので今はこの辺で。

2人の間にしか存在していない事実があるって知れただけでしばらく幸せに生きていけそうなくらい京ジェが好きです。今はそれだけ。ずっと隣で歌いながらもちもちしてて。

 

 

 

というわけで。

1ヶ月前から読むのが怖かった、なんならこの企画が決まった時から読むのが怖かった京本大我さんの10000字インタビュー、読んでよかった。

読ませてもらえて、本当によかった。

複雑に折り重なった未知の感情に相当泣かされたけど、今私の中に残ってるのはとても澄んだ温かい安心感と、これまで以上に強固に確立されたSixTONESと大我さんが大好きで仕方ないという想い。 

この気持ちを大切に大切にここに取っておきたいと思う。

そしてこれを抱えて、我らのセンタージェシーさんの10000字を迎えたいと思う。

 

 

SixTONES、毎日SixTONESでいることを選び続けてくれてありがとう。

大我さん、今日も京本大我さんでいてくれてありがとう。

どこまでもどこまでも大好きです。

 

 

 

 

 

2021.3.24 aim

 

Connecting your call to SixTONES... ~Call me 和訳と考察~

 

 

ごきげんよう

 

またまた書きたいブログリストをすっ飛ばして書きたい衝動に従い、Call meの和訳と考察を書くことにしました。

個人的にSixTONESの全編英詞曲史上もっとも歌詞の意味を理解して聴くべきだと思うCall me。解禁時に書いていた歌詞予想ではやはり違ったところがあったり、フルになって変わってきた意味もあるので改めてこの曲の素敵さを私なりに考えていけたらなと思います。

Lifetimeの時と同様、解釈の方は相変わらずばかでかい愛(としんどい気持ち)をだだ漏らしているだけの超個人的見解で、和訳だけ探している方もいるかと思うのでワンフレーズずつ訳してから、少しずつ解釈を紐解いていきたいと思います。

十人十色の捉え方があって然るべきだし、それが許されることが音楽の素晴らしいところですが、私の意訳なり解釈なりが少しでもこの名曲をさらに愛する”きっかけ”だと思っていただけたらこんなに嬉しいことはありません。

 

それではLet's go٩( ᐛ )و(ジュリ)

 

 

 

Call me 和訳

作詞:nana hatori 作曲:Christopher Golightly, Carlos・K

 

Call me girl call me girl, yeah

(This one's all for you)

I'll be waiting for you

(Yeah, only you)

I want your love, girl I want your love

(Best believe it)

Yeah

(Verse one, yeah listen up)

  

ねえお願い 電話してほしいよ

(これは君だけのための歌)

君のことを待ってるよ

(そう、君だけ)

君の愛が欲しいよ、愛しい君の愛が欲しい

(信じてくれよ)

(さあ始めよう、よく聴いて)

 

 

Ever since we met girl I've been thinking of you

And I know it might sound crazy

I fell, fell, fell, so deep

Even though I know there's someone on your mind

If only you'd give me some time

 

出会った時からずっと君のことを考えてるよ

こんなこと言ったらおかしくて驚かせるかもしれないけど

深く深く深く堕ちたんだ

君の頭に”誰か”が思い浮かんでるのは知ってるけど。

少しでも僕に時間をくれさえすれば……

 

 

Is he true and honest to you?

Cause I see that you've had to cry

There's loneliness in your eyes

 

I know that you love him

And damn if he ain't lucky

If he doesn't treat you the way that he better

I'll be there for you

Remember, remember 

You got my number

 

あいつは君に対して真摯で正直でいる?

だって君が泣かされてたって僕は知ってるんだ

君の目はいつだって寂しそうだ

 

君があいつを愛してることも知ってるし

ああもう幸運なのがあいつじゃなければいいのに

もしあいつが君をちゃんと大事にしてないなら

僕が君のためにいるよ

覚えていて、お願い

僕の番号を知ってるって

 

 

Baby won't you call me call me 

Anytime you need somebody to love

Even if there ain't any room for me inside of your heart

Baby won't you call me, call me

I'll be there to wipe your tears

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

Girl I want your love, girl I want your love

You and me could be a possibility

You deserve so much more

Girl I want your love, girl I want your love

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

ねえ、お願い電話して

誰かが恋しいときはいつだって

もし君の心の中に僕の居場所が少しもなくたって

お願い、電話してくれない?

君の涙を拭いに行くから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

愛しい君 君の愛が欲しい

君と僕、可能性もなくはないよね?

君はもっともっと幸せになるべきだよ

愛しい君 君の愛が欲しい

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

 

Sometimes I don't know if I can listen

Don't wanna know who you are kissing

Sometimes I find myself wishing

If only I if only I if only I could...

Hold you tight and just spend the night

Watching silly movies making sure you're feeling alright

I could be the one to hold you close

And you know I'll never let go

 

時々聞いてられるかわからなくなる

君が誰にキスしてるかなんて知りたくない

時々気づくと願ってるんだ

もし、本当にもし、僕が…

ただ君をぎゅっと抱きしめて夜を過ごせたなら

君が元気で大丈夫にしてるか確かめながらくだらない映画でも観れたら

僕だって君を抱きしめる人になれるんだよ

そしたら僕が君を絶対離さないことを君も知ってるでしょう?

 

 

Is he true and honest to you

Girl I don't wanna see you cry

Enough of his stupid lies

 

I'll be waiting for you to make up your mind

Swear that I'll never leave you behind

Remember, remember

You got my number

 

あいつは君に対して真摯で正直でいる?

僕は君が泣いてるのを見たくないよ

あいつのくだらない嘘はもう懲り懲り

 

君が心を決めるのを待ってるよ

絶対に君を置いていかないって誓うよ

思い出して、お願い

僕の番号のことを

 

 

Baby won't you call me call me

Anytime you need somebody to love

Even if there ain't any room for me inside of your heart

Baby won't you call me, call me

I'll be there to wipe your tears

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

Girl I want your love, girl I want your love

You and me could be a possibility

You deserve so much more

Girl I want your love, girl I want your love

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

ねえ、お願い電話して

誰かが恋しいときはいつだって

もし君の心の中に僕の居場所が少しもなくたって

お願い、電話してくれない?

君の涙を拭いに行くから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

愛しい君 君の愛が欲しい

君と僕、可能性もなくはないよね?

君はもっともっと幸せになるべきだよ

愛しい君 君の愛が欲しい

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

 

(I don't know what I should do)

You're all that I want

(I'd do anything for you)

You don't know how I'm feeling

How do I get you to think of me?

Closer and closer your heart beats in front of me

 

Oh I could never give you up

All my love 

(Believe me when I say)

You're the only one I think about

(I don't care what people say, I'mma take you on a date tonight)

Oh I promise I'll be good to you

(All I want to do is see your pretty smile again girl)

 

もうどうしていいかわからない

君以外何もいらないんだ

君のためならなんだってするよ

君は僕がどんな気持ちかなんて知らないんだ

どうやったら僕のことを考えてくれる?

少しずつ君の鼓動が僕の目の前に近づく

 

ああもういつまでも君のことを諦められるわけがないんだ

君が僕の愛の全て

信じて欲しいよ

考えてるのは君のことだけだって

他の誰がなんと言おうが僕は今日君をデートに連れ出すよ

君のために尽くすって約束するよ

また君の愛しい笑顔を見ること以外にしたいことはもうないんだ

 

 

Baby won't you call me call me

Anytime you need somebody to love

Even if there ain't any room for me inside of your heart

Baby won't you call me, call me

I'll be there to wipe your tears

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

Girl I want your love, girl I want your love

You and me could be a possibility

You deserve so much more

Girl I want your love, girl I want your love

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

I will be there whenever you need 

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me take you out and around

I won't let you down

 

So you gonna call?

 

Call me girl

 

ねえ、お願い電話して

誰かが恋しいときはいつだって

もし君の心の中に僕の居場所が少しもなくたって

お願い、電話してくれない?

君の涙を拭いに行くから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

愛しい君 君の愛が欲しい

君と僕、可能性もなくはないよね?

君はもっともっと幸せになるべきだよ

愛しい君 君の愛が欲しい

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

君が必要とするときはいつだってそばにいるから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を連れ出させてよ

絶対がっかりさせないから

 

じゃあ、電話してくれる?

 

電話してよ

 

 

 

Call me 考察

 

①歌割りと歌詞の話

 

Call me girl call me girl, yeah

(This one's all for you)

I'll be waiting for you

(Yeah, only you)

I want your love, girl I want your love

(Best believe it)

Yeah

(Verse one, yeah listen up)

 ねえお願い 電話してほしいよ

(これは君だけのための歌)

君のことを待ってるよ

(そう、君だけ)

君の愛が欲しいよ、愛しい君の愛が欲しい

(信じてくれよ)

(さあ始めよう、よく聴いて

 

まずは安定で信頼のSixTONESの外交官J2に誘われるのがこの曲。

 

3行目のジェシーさんから既に心を抉ってくる歌い方です。

ジェシーの話すアメリカ英語の主流は、話しやすさや流れを重視するので単語と単語を繋げて発音しがちです。そんな中、最初の君の愛が欲しいと願うところでジェシー

I / want / your love, / girl I want your love

と1回目のみ want your をつなげた音にせず、単語をしっかりと区切って歌っています。このことで want の”欲しい”という意味がすごく強調されて、"君が欲しい"切実さが切なくて儚いながらも強烈に伝わってきます。

レコーディングでの指示なのかジェシーの判断なのかわからないですがどちらにせよこの選択がなされている時点でCall meの細部までの"切なさ"へのこだわりが感じられると思います。

 

Best believe it は直訳したら 信じた方がいいぞ、信じた方が身のためだぞ、的なニュアンスがあるのですが、この主人公はそこまで強気ではないのであえて 信じてくれよ と訳しました。

続く樹の Verse one, listen up も直訳したら 1番よく聴けよ になるのですが、紹介するのが1番だけというのも不思議だし、やっぱりどんなにラップを頼りに強気な言葉を発しても背景の想いが切実な主人公なので さあ始めよう、よく聴いて と訳しました。

 

冒頭から切なさ全開すぎて苦しいです(息切れ)

 

 

Ever since we met girl I've been thinking of you

And I know it might sound crazy

I fell, fell, fell, so deep

Even though I know there's someone on your mind

If only you'd give me some time

出会った時からずっと君のことを考えてるよ

こんなこと言ったらおかしくて驚かせるかもしれないけど

深く深く深く堕ちたんだ

君の頭に”誰か”が思い浮かんでるのは知ってるけど。

少しでも僕に時間をくれさえすれば……

 

このパートの Ever とgirl の発音からすでに明らかですが、今回のほっくんはとにかく文章中の r の発音の自然さが半端ない。ほっくんの発音センスは元から勉強してることがよくわかるもので好きでしたが今回の発音の進化度には本当に驚きました。きっと何度も何度もフレーズで練習して自分の中に染み込ませているんだろうなと、烏滸がましいですが、その努力に感激しました。

 

ここの訳でポイントなのは英語では fell を繰り返す方がこのリズムだと自然なのに対して、日本語では 深く を繰り返さないと不自然なところ。fell が繰り返されることによって堕ちていく景色が明確なので、それを和訳の 深く の繰り返しで補填する形が個人的に好きです。

 

あともうひとつ大事なのが If only you'd give me some time の "only" 。ここが If you'd give me some time なら 君が時間をくれたら(!) と感嘆符をつけたくなるくらい自信がある仮定になるのですが、onlyがあると 君が時間 "さえ"くれたら と、"君"が時間をくれる望みの薄さを仄めかしてきます。切ないポイント加算です…

 

 

Is he true and honest to you?

Cause I see that you've had to cry

There's loneliness in your eyes

 

I know that you love him

And damn if he ain't lucky

If he doesn't treat you the way that he better

I'll be there for you

Remember, remember

You got my number

あいつは君に対して真摯で正直でいる?

だって君が泣かされてたって僕は知ってるんだ

君の目はいつだって寂しそうだ

 

君があいつを愛してることも知ってるし

ああもう幸運なのがあいつじゃなければいいのに

もしあいつが君をちゃんと大事にしてないなら

僕が君のためにいるよ

覚えていて、お願い

僕の番号を知ってるって

 

 

さあここが私の第一号泣ポイント。

どんな恋愛テーマのインタビューでもタブーや約束の話になると(相手のことを想った上でという口実があったとしても)"絶対に嘘は嫌"と豪語する大我さんが想い人の苦しみを 真摯で正直 にいてもらってるかを通して確認するわけです。担当の贔屓目と思ってもらって構わないですが、大我さん以上に似合う人がいないフレーズだと思うし、こんな完璧な状況を与えられても振り向かない"君"に私は疑問しかありません (落ち着け)

そしてそんな奴からは離れろよとここで言い切ることはできず、精一杯のアピールが 君の目にはいつだって寂しさが見えるよ と控えめに言うところなの、心が締め付けられる一方です。大好き。

 

そしてこの切なさmaxの大我さんに続くちょっと怒りとやるせなさを露わにする樹さんも絶妙なバランス。聴き取りの時点でキャッチできてなかった  damn if he ain't lucky の効き方が本当に好きです。

If he doesn't treat you the way that he betterは直訳すると  もしあいつが君に相応しい態度をとっていないなら となるのでより自然になるように もし あいつが君をちゃんと大事にしてないなら としました。「(人)better (動詞)」の形は厳密に言うと 〜するべき 以上に もし(人)が(動詞)をしなかったらただじゃおかねえからな 的ニュアンスが強いので本当に樹にぴったりだと思います。守りに来てくれる樹さん。

 

そしてこの曲では初めて 覚えていて と請うのが慎ちゃんなところ、本当にずるいなと思います。しかも覚えていてほしいのが"僕がいること"とか"僕のこと"とか ではなく、あくまでも "僕の番号" なところ………………健気すぎてどうしよう…………………

 

 

Baby won't you call me call me

Anytime you need somebody to love

Even if there ain't any room for me inside of your heart

Baby won't you call me, call me

I'll be there to wipe your tears

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

Girl I want your love, girl I want your love

You and me could be a possibility

You deserve so much more

Girl I want your love, girl I want your love

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

ねえ、お願い電話して

誰かが恋しいときはいつだって

もし君の心の中に僕の居場所が少しもなくたって

お願い、電話してくれない?

君の涙を拭いに行くから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

愛しい君 君の愛が欲しい

君と僕、可能性もなくはないよね?

君はもっともっと幸せになるべきだよ

愛しい君 君の愛が欲しい

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

そしてサビではもはやお馴染み感もある懇願してくれるSixTONESさん

ここでの注目ポイントはツイートでも以前言ったのですが Anytime you need somebody to love のところ。

ツイート時点では曲の全貌を理解していないのでこの書き方ですが、本当に”君”は手の届かないけど守りたい、愛したい、人でした…

そしてこのフレーズは2人の関係性を表すだけでなく、"君"が誰でもいいから愛したい、誰でもいいから愛を注ぎたい、そばにいたい、的な恋しい気持ちになったら電話してよ、利用してよ、っていう主人公の想いも露わにしています。別に僕自身求めてくれなくていい、それでも君に欲してもらえる方法があるなら喜んで受けるよ、というこの献身度………つらい………

 

しかもそこに続くのが もし君の心の中に僕の居場所が少しもなくたって なわけです…"君"の中に自分がいないことをあまりにも自覚しすぎなこの主人公…………

 

そしていつでも守ってくれる感が強いSixTONESは 、傘になってくれたり照らし続けてくれたり本当にあの手この手で幸せをくれようとするわけですが、今回は涙を拭いにきてくれる、と……個人的に嵐の Whenever you call みを感じるパートのひとつでもあります。

 

さらにこのパート、極め付けが 君を愛する"チャンス"をちょうだい君に愛されることなんて滅相もないと言い出しそうな勢いで 君を愛させて と言う前に 君を愛するチャンス から願うわけです。

 

もうどうしていいかわからない()

 

と思いきや 君の愛が欲しい と真っ先に正直になる髙地さんの登場〜!!!?(語彙力)

そして"君と僕"の可能性を少しくらい期待するならいいよね…?と訊いてくる樹さん…

さらには 君はもっともっと幸せになるべきだよ な大我さん…………(号泣2回目)

ここも堪えきれずツイートしたところですが、

"君にはもっと素晴らしいものが相応しいよ"と"君"のことを大事にしながらめちゃくちゃ肯定してくれる you deserve so much more... この後にも出てくるきょもほくじぇに割り当てられた歌詞なのですが、先陣を切って歌うのが大我さんなの本当に歌割り決めてくれた人にひれ伏したい…苦しすぎて大好きなところです。

 

そして再登場の正直こちさんと Remember パートに続くたろぴのキャラメルに刺されるトドメ…

 

Verse one ありがとうございました(墓)

 

 

Sometimes I don't know if I can listen

Don't wanna know who you are kissing

Sometimes I find myself wishing

If only I if only I if only I could...

Hold you tight and just spend the night

Watching silly movies making sure you're feeling alright

I could be the one to hold you close

And you know I'll never let go

時々聞いてられるかわからなくなる

君が誰にキスしてるかなんて知りたくない

時々気づくと願ってるんだ

もし、本当にもし、僕が…

ただ君をぎゅっと抱きしめて夜を過ごせたなら

君が元気で大丈夫にしてるか確かめながらくだらない映画でも観れたら

僕だって君をぎゅっと抱きしめる人になれるんだよ

そしたら僕が君を絶対離さないことを君も知ってるでしょう?

 

2Aの田中〜!!!!!!(号泣)

一見淡々としていそうなラップのトーンで実は1番夢を語っているこのパート。2Aの田中のずるさ全開です。しかもその夢があまりにも控えめ……とにかく君の幸せが1番で、何も特別なことは君に望んでいない主人公。 making sure you're feeling alright を想像上の望みとしてあげていることがもう本当にたまらなくしんどいです。

個人的に Hold you tight の Ho の発音もめちゃくちゃ好きです (言語化できない)

 

 

Is he true and honest to you

Girl I don't wanna see you cry

Enough of his stupid lies

 

I'll be waiting for you to make up your mind

Swear that I'll never leave you behind

Remember, remember

You got my number

あいつは君に対して真摯で正直でいる?

僕は君が泣いてるのを見たくないよ

あいつのくだらない嘘はもう懲り懲り

君が心を決めるのを待ってるよ

絶対に君を置いていかないって誓うよ

思い出して、お願い

僕の番号のことを

 

きょもほくの!!!対比は!!!表裏一体感は!!!ずるいと!!!何度!!!言ったら!!!(落ち着け)

しかも同じなのは Is he true~ だけでほっくんが新たに背負うのがこのシングルの大きなテーマである"嘘"なのもずるい。

特にEnough of his stupid lies については曲の全体像の考察にも関わってくるのでまた最後に書きたいと思います。

 

続く I'll be waiting for you to make up your mind のすごいところはあくまでも待っているのが”君の決断”であって、”君が僕を選ぶこと”とまでは言えていないところ。

そしてこの”待つ”という選択を大我さんが歌うことで先日のザ・テレビジョンの企画で

「好きな人に彼氏がいることが判明。押す?or 諦める?」という質問に

「難しいけど…待つかな。アクションを起こさずに。自分だったら、恋人が別の男に掻き乱されるの嫌だし。人の幸せを壊すのも辛いし」

と言っていた大我さんが鮮明に蘇ります…しかもCall meのこの状況下では”好きな人”の幸せはすでに”壊れている”にも関わらず…嗚呼……

 

そして 約束の promise を超えて swear の誓いをして 君を置いていくことはないよ と宣言してくれる大我さん…これは激重担当の贔屓目じゃないと思いたいんですけどやっぱり重たさとか壮大さの割合がいつもスト5より高めな気がして大好きです。

 

次のこちさんの Remember は歌割りに合わせた訳を実は意識していて。rememberという単語は"記憶する”という意味しかないので日本語にするときに”覚える”にも”思い出す”にもすることができます。そこでこの曲を通して出てくる remember を比較したとき、

慎ちゃんの remember は 覚えていて

こちの remember は 思い出して

が曲の流れとしてもゆごしんそれぞれの歌としても合うなと変えてみました。慎ちゃんの方がどうしても未来に望みを持ってしまう切なさで、こちさんはあくまでも過去から現在の世界線にしかいない感じ、伝わるでしょうか…ちょっとした訳の差によるしんどさポイントアップ法です(鬼畜)

 

 

Baby won't you call me call me

Anytime you need somebody to love

Even if there ain't any room for me inside of your heart

Baby won't you call me, call me

I'll be there to wipe your tears

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

Girl I want your love, girl I want your love

You and me could be a possibility

You deserve so much more

Girl I want your love, girl I want your love

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

ねえ、お願い電話して

誰かが恋しいときはいつだって

もし君の心の中に僕の居場所がなくたって

お願い、電話してくれない?

君の涙を拭いに行くから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

愛しい君 君の愛が欲しい

君と僕、可能性もなくはないよね?

君はもっともっと幸せになるべきだよ

愛しい君 君の愛が欲しい

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

一サビと言葉の変化はない二サビですが、歌割りが変わることでまた進展した意味合いが生まれるのでそれがボーカルが何人もいるアイドルの強みだなとものすごく思います。

 

例えば先ほど「"君"の中に自分がいないことをあまりにも自覚しすぎなこの主人公」と表現した Even if there ain't any room for me inside of your heart が3回のサビを通して先輩組に当てはめられているところ、先輩組担としては心への負荷が計り知れません。Lifetime の Hard times に続く大我さんの heart の発音の破壊力は特に。

 

そしてこのパートの Gimme までがこの曲の比較的ど直球な部分ばかりを担って切なさポイントは低めでいるこちさんの最後の油断を与えるポイント。次のフル音源オンリーのパートで爆発するので非常にずるいです。

 

その後。個人的に Girl, I want your love を歌うのに特に長けているのがキャラメルボイスのたろぴだと思っているのでこの二サビは大好き…僕僕の二サビの 鮮やかに揺れてる が好きなのも同じ感じですね。キャラメルに求められる愛情はすごいです(語彙力)

 

さらにそこをまとめあげるのが儚さ切なさ全開のジェシーで、SixTONESのエンターテイナーと見せかけて最も繊細な末ズが生きまくる二サビまとめなのも天才的な配分だと思います。

 

 

(I don't know what I should do)

You're all that I want

(I'd do anything for you)

You don't know how I'm feeling

How do I get you to think of me?

Closer and closer your heart beats in front of me

 

Oh I could never give you up

All my love 

(Believe me when I say)

You're the only one I think about

(I don't care what people say, I'mma take you on a date tonight)

Oh I promise I'll be good to you

(All I want to do is see your pretty smile again girl)

もうどうしていいかわからない

君以外何もいらないんだ

君のためならなんだってするよ

君は僕がどんな気持ちかなんて知らないんだ

どうやったら僕のことを考えてくれる?

少しずつ君の鼓動が僕の目の前に近づく

 

ああもういつまでも君のことを諦められるわけがないんだ

君が僕の愛の全て

信じて欲しいよ

考えてるのは君のことだけだって

他の誰がなんと言おうが僕は今日君をデートに連れ出すよ

君のために尽くすって約束するよ

また君の愛しい笑顔を見ること以外にしたいことはもうないんだ

 

さあやってまいりました衝撃のゆごほくゾーン。

やっぱり端々が Yellow キラキラでありゆごほくなんだよSonyさああああああん!!!!!!ありがとう〜!!!!!!(落ち着け)

わかりやすく重く深く苦悩し葛藤する姿をお互いを支え合いながら歌うのがゆごほくなの、あまりにも良くないですか…?こちの主語が I なのに対してほっくんの主語が youなのもめちゃくちゃ””わかる””し最高にしんどい…

 

そしてその後に壮大に重く愛を歌い出すのが樹に要所要所支えられてる先輩組なのほんとに…先輩組担一体どうすれば………(がんばれ)

しかも

"ここまでの葛藤に基づいた諦めない決意” をジェシーが歌い、

”自分の愛の全てを捧げ、君のことしか考えられない現状”を慎ちゃんが歌い、

”これから先の約束”を大我さんが歌うこの展開…

時間軸も三者三様に似合っていてこれ以上ない仕上がりです。

 

また、ここの大我さんが約束する be good to you は直訳するなら”君にとって良くある”。つまり”君にとって良いようにしかいないよ”=”君のために尽くす”という解釈で私は訳しています。

これだけでもすごいのにこれを”約束”してしまう歌詞、そしてそれを歌う一際愛の重い大我さん…しんどくて非常に好きです。

 

そしてここの樹はというと、I don't care what people say, I'mma gonna take you on a date tonight と周りの目なんか気にしないで連れ出すほどの覚悟を言葉にしているわけです。いつだって先陣を切ってteam SixTONESの盾になろうとする樹さんにぴったりすぎるほどぴったりだと思います。

ただこのフレーズのもっとすごいところは最後のパートで大我さんが続きを引き受けるきょもじゅり案件だというところ…最後にまた考察します。

 

 

Baby won't you call me call me

Anytime you need somebody to love

Even if there ain't any room for me inside of your heart

Baby won't you call me, call me

I'll be there to wipe your tears

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

Girl I want your love, girl I want your love

You and me could be a possibility

You deserve so much more

Girl I want your love, girl I want your love

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me love you

 

I will be there whenever you need 

Gimme, gimme, gimme a chance to love you

Let me take you out and around

I won't let you down

 

So you gonna call?

 

Call me girl

ねえ、お願い電話して

誰かが恋しいときはいつだって

もし君の心の中に僕の居場所がなくたって

お願い、電話してくれない?

君の涙を拭いに行くから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

愛しい君 君の愛が欲しい

君と僕、可能性もなくはないよね?

君はもっともっと幸せになるべきだよ

愛しい君 君の愛が欲しい

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を愛させてよ

 

君が必要とするときはいつだってそばにいるから

お願い、君を愛するチャンスを頂戴

君を連れ出させてよ

絶対がっかりさせないから

 

じゃあ、電話してくれる?

 

電話してよ

 

ラスサビ。ついにクライマックス。ここの歌割りしんどいポイントは大きく4つ。

 

先輩組の Even if~ ターンを締める慎ちゃん、

ずっと自分の想いや自分が差し出せるものしか歌ってなかったのについにチャンスを懇願し出してラストに向かって加速する大我さん、

懇願するというよりは諦めや悟りとも感じられるような弱々しさを感じさせる”欲しい”気持ちを歌うほっくん、

そして圧倒的安心感の deserve の発音で抉ってくるジェシーさんです。

 

そして I will be ~ から誘われる最後の京ジェ展開…

I will be there whenever you need のすごさはツイートした通りなのですが、

先ほどI don't care what people say, I'mma gonna take you on a date tonightで覚悟を決める樹さんの続きの大我さんがこのパートのLet me take you out and aroundのところです。

周りにまず宣言をするのがあくまでも樹なのに対して、少し時間を空けてから実際に連れ出す行動に移していくのが大我さんだというこの絶妙なバランス。守り守られるきょもじゅりの素晴らしい構図だと思います。

しかもその後にまた 絶対がっかりさせない と約束を重ねてくる大我さん。何回約束してくれば気が済む!?!?(落ち着け)

 

そしてもちろん最後も爆弾を落とすジェシーさん。

So you gonna call? Call me girl の言ってることと真逆の想いを悟っている大天才切ないジェシーさんは僕僕の”君のせいだ”で絶対”僕のせいだ”って思ってるジェシーさんと同一人物だと思います。

そしてTelephoneでお馴染みのCall me girlと言葉自体は同じでも、自信、背景の想い、思考のプロセスや愛の重さが全然違うことで表現の幅は変わるんだよと見せられるところ、SixTONESの技術の高さを証明して立ち去る最高の演出だと思います。ずるい。

さらにこのSixTONESと製作陣が少しずつ今までの曲と連鎖させながら進化を遂げていく粋さも私は大好きです。ずっとSixTONESを追いかけてたくなる理由のひとつ。

 

 

②”嘘”と向き合うSixTONES

 

さて、Lifetimeぶろぐよりもはるかに多い回数取り乱しながら書いて参りましたが(しかも超絶長くて読みづらいのすみません…ここまで読んでくださる方は菩薩…)

考察の最後は Call me 全体とこの曲が2021年2月17日、SixTONESの4thシングル僕が僕じゃないみたいだのカップリングに選ばれたことの意味について考えて終わりたいと思います。

 

映画ライアー×ライアーのタイアップなので、もちろん今回のシングルの大きなテーマは”嘘”です。

そのシングルの全形態の6曲からリアレンジとインストを除いた合計4曲の新曲(僕が僕じゃないみたいだ、Strawberry Breakfast、Bella、Call me)の中で1番わかりやすく”嘘”が大なり小なり鍵となっていて、対比も強いのが僕僕とCall meだと私は思っています。

 

切なさが顕著に表れた2曲、ということ以外にこの解釈の最も重要な根拠が2Bのほっくんのパート。明確に lie という単語が出てくる Enough of his stupid lies (あいつのくだらない嘘にはもう懲り懲り)のところです。

僕僕の"嘘”が自分を取り繕ったり君に向き合うために必死な出所がピュアな嘘であり、ライアー×ライアーのキャラクターたちが流れでついていく”嘘”と重なる”嘘”なのに対して、Call me で明確に言及される嘘は”君”が苦しまされている”あいつ”の馬鹿げたくだらない”嘘”です。

これは通ることで成長や気づきがあったり相手への想いが深まる”嘘”があるのに対して、苦しみを生む、愛しい人が体験すべきでない”嘘”、もある、ということではないでしょうか。

こうして同じ恋や愛に関する嘘でも、バリエーションも振り幅もあると音楽で表現するのは、とても丁寧でクリエイティブな作業だと思います。

そしてこの幅のある表現を見せることが今回のシングルにおけるSixTONESの新たな挑戦のひとつであり、見事に成功したからこそ、私たちはこんなにも心を奪われているんだと思います。

 

大我さんも、SixTONESらしさがあるけどマンネリ化していなくて表現力もグレードアップしている曲”と表する Call me。

対してほっくんがSixTONESのメンバーが歌うから良い曲”、”SixTONESのメンバーって恐ろしく優しくて不器用で弱くって、なんてところがバレバレな声してるの。だからこの曲を歌う資格と理由がある”と表する 僕が僕じゃないみたいだ。

やっぱりSixTONESを代表するロマンチックな”表現者”であり、生きる表裏一体なきょもほくの綴る言葉を見ても、僕僕とCall meは対応しているように思えます。

 

さらに、この絶妙な僕が僕じゃないみたいだとの距離感を持った Call me が通常盤に入れられている、という事実に私は厚い信頼を感じます。

SixTONES(そしてSonyさん)の表現の幅を拡大することに対する貪欲さと、大事な核は変わらないまま進化していくところ、そしてそれをどうやって、誰に伝えるべきか、適確に表現して選ぶこともできるところ、何回好きになっても足りません。

 

 

 

 

たとえ Call me の主人公が望む"君”からの電話はなくとも、この曲や他のSixTONESの音楽からの呼び出し音に気づいて、受話器を取ってみてくれる人が1人でも増えますように。

僕が僕じゃないみたいだ というSixTONESの新たな名作、そして Call me へのとびっきりの愛を込めて願います。

 

 

 

 

 

 

 

Cause SixTONES is my blessing of a Lifetime ~Lifetime 和訳と考察(と英訳)~

 

 

ごきげんよう(最近大我さんのぶろぐこれで始まらないのに続けるべきか悩むaimです…)

 

書きたいブログも考察したい衣装も溜まりに溜まっているのですがどうしても早く書かねばという衝動に駆られ、Lifetimeの和訳と考察のような感想のようなものを先に書くことにしました。

ふせったーだと読みにくそうだし、これから書きたい京ジェブログとも絶対に繋がってくる(というかこれも半分京ジェブログ)のでブログで。

 

解釈の方は相変わらずばかでかい愛をだだ漏らしているだけの超個人的見解なのと、和訳だけ探している方もいるかと思うのでワンフレーズずつ訳してから、少しずつ想いを紐解いていきたいと思います。

英語が苦手なきょも担親友に「Lifetime良いこと言ってるんだろうなっていうのはわかるけど日本語で始まっても文の結論が英語だから結果何言ってるかわからないんだよ!!!」と嘆かれてなるほどと思ったので、私の意訳ですが、少しでもこの名曲をさらに愛するきっかけになれば。

 

それではLet's go٩( ᐛ )و(ジュリ)

 

 

Lifetime 和訳 

 

Don't be scared, Take my hand

I'll hold you down to the end

Make it through ups and downs

Don't look back, We'll stand strong

 

怖がらないでいいよ、僕の手をとって

最後の最後まで君を離さないから*

上り坂も下り坂も乗り越えていくよ

後ろは振り返らないで、一緒にならきっと強く耐え抜けるから 

 

夜の片隅で 肩を寄せて

We are one, We are one tonight

 

夜の片隅で 肩を寄せて

僕らはひとつ、今夜僕らはひとつになる

 

Cause now you're my blessing of a lifetime

君と超えてく Hard times

We're gonna make it last forever

Let's promise we'll look out for each other

今も 忘れない 変わらない Memory

君と生きてく Lifetime

My lifetime

              

だって君は僕が生涯大切にする恵みだから

辛い時だって君と超えてくよ

一緒にいつまでも続くものにしていくんだから

お互いを守り合うって約束しよう

今も忘れない 変わらない 記憶

君と生きてく一生

それが僕の一生

 

Just call my name, When you need me 

I'm right here, Oh, Stay with me

 

僕が必要な時はいつでも呼んでくれるだけでいいよ

僕はここにいるから 一緒にいてね

 

時の旋律に声を重ね

Sing for you, Sing for you tonight

 

時の旋律に声を重ね

君のために、今夜は君のために歌うよ

 

Cause now you're my treasure of a lifetime 

星も見えない Long nights

We're gonna make it through together

Know I will be there for you whenever

明日へ進めない時には Just lean on me

紡ぎ合わせる Lifetime

My lifetime

 

だって君は僕の一生ものの宝物だから

星も見えない長い夜も

一緒なら乗り越えていけるよ

いつでも君のために、君の味方であり続けるって覚えててね

明日へ進めない時は いつでも頼って寄りかかってくれていいから

紡ぎ合わせる一生

それが僕の一生

 

あの出会いも あの別れも

全て Once in a lifetime

また答えに近づいてく

Tonight

 

あの出会いもあの別れも

全て 一生に一度の奇跡

また答えに近づいてく

今夜

 

あの涙も あの笑顔も

全て Once in a lifetime 

また明日が輝き出す

Tonight

 

あの涙もあの笑顔も

全て一生に一度の奇跡

また明日が輝き出す

今夜

 

Cause now you're my pleasure of a lifetime

Me & You, We'll be sharing our lives

With you right here, Everything is alright

It all makes sense when I look in your eyes

 

だって君は僕の生涯の喜びだから

僕と君、一緒に人生を共にしていくんだから

君がここにいるだけでもう全部が大丈夫になるんだ

君の目を見るだけで全てが”わかる”んだ *

 

ここから重なる Lifetime

君と超えてく Hard times

共に歩く理由は

いつでもここにあるんだ

今も忘れない変わらない My memory

君と生きてく Lifetime

 

ここから重なる生涯

辛い時も君と超えてくよ

共に歩く理由は

いつでもここにあるんだ

今も忘れない変わらない 僕の記憶

君と生きてく一生

 

静かに過ぎてく Lifetime

星も見えない Long nights

君と描く未来は

輝き続けてるんだ

明日へ進めない時には Just lean on me 

紡ぎ合わせる Lifetime

My lifetime

 

静かに過ぎてく一生

星も見えない長い夜も

君と描く未来は

輝き続けてるんだ

明日へ進めない時には 僕を頼って、寄りかかっていいから

紡ぎ合わせる一生

僕の一生

 

Don't be scared, Take my hand

I'll hold you down to the end

 

怖がらないでいいよ、僕の手をとって

最後の最後まで君を離さないから

 

Lifetime 作詞: Komei Kobayashi 作曲:Christoffer Semelius / Jimmy Claeson

 

Lifetime 考察

 

①歌割りと歌詞の話

 

Don't be scared, Take my hand

I'll hold you down to the end

Make it through ups and downs

Don't look back, We'll stand strong

怖がらないでいいよ、僕の手をとって

最後の最後まで君を離さないから*

上り坂も下り坂も乗り越えていくよ

後ろは振り返らないで、一緒にならきっと強く耐え抜けるから 

 

 

team SixTONESの絶対的支柱ジェシーの柔らかく優しいけど力強い声から始まるこの曲。しかもその内容が確実に安心させるように手を取ってくれてるなんてあまりにも心強くて、この時点で心が包まれる感覚になります。

このパートで個人的に訳すときに少し困ったのが「*」をつけた2行目。

hold downは本来 "押さえつける" とか "組み伏せる" というような意味があります。色々調べたのですが納得いくポジティブな意味での用法が私の力では見つけられなかったので、譜割的にもズレがありますがここでは I'll hold you / down to the end の切り方で解釈しました。作詞家さんが日本人だからこそのワードチョイスだと思うのですが、どういう意味合いでこれを選んだのか気になる… 

3行目は冒頭に "We'll make it through" と付けても歌えそうなパートですが、あえてそこを省略することでより乗り越えていくことへの意志の強さが感じられる気がしてとても好きです。

 

 

夜の片隅で 肩を寄せて

We are one, We are one tonight 

夜の片隅で 肩を寄せて

僕らはひとつ、今夜僕らはひとつになる

 

 

ジェシーに続く導入部分の第二パートが慎ちゃんに任せられていること、このSixTONES初の壮大な約束の歌を一際まっすぐなSixTONES愛の強い末っ子2人が導いている感じがしてとてもとても好きです。

他の4人よりも大きな体で体力勝負のお仕事もたくさんする頼もしい末ズ。でもどんなに頼りになっても、どんなに強心臓のボケマシーンに見えても、実は見えすぎるくらい周りが見えて周りを想っているからこそ繊細な末ズが私は大好きで、2人が背負いすぎなくていい末っ子でいられるSixTONESの構図が本当に好きだなと思います。

そしてだからこそ自然にしなやかに約束に向かって手を伸ばす役割を担えるのかなと。

 

 

Cause now you're my blessing of a lifetime

君と超えてく Hard times

We're gonna make it last forever

Let's promise we'll look out for each other

今も 忘れない 変わらない Memory

君と生きてく Lifetime

My lifetime           

だって君は僕が生涯大切にする恵みだから

辛い時だって君と超えてくよ

一緒にいつまでも続くものにしていくんだから

お互いを守り合うって約束しよう

今も忘れない 変わらない 記憶

君と生きてく一生

それが僕の一生

 

 

broadcaSTの時から号泣していたここ。SixTONESにはロマンがあると常々思っているのですが、一番最初にこの Lifetime というロマンチストの極みみたいな言葉を歌うのが大我さんなの、解釈の一致がすぎるなあと思います。

たびたび言っていることですが、私は”ずっと一緒にいたい欲が強い大我さん”が大好きです(ツイート参照)。

最近で言うとMAQUIA 2月号のインタビューが動かぬ証拠だと思うのですが、大我さんの好きなものはとことん好きになって、とことん一途で、ずっとずっと好きでいる姿勢に私はものすごく共感するし共鳴します。そんな大我さんが”生涯” ”永遠” ”約束” なんて究極の長期的ロマンチックワードを連発するフレーズ、好きじゃないわけがありません。

そしてこの大我さんのパートが表裏一体で声の相性抜群なほっくんに引き継がれていくところも美しいなあと思います。

この3回出てくるサビのフレーズ("Cause~"シリーズと勝手に呼びます)は並べて内容を比較したいので詳しい考察は後半に。

 

 

Just call my name, When you need me 

I'm right here, Oh, Stay with me

僕が必要な時はいつでも呼んでくれるだけでいいよ

僕はここにいるから 一緒にいてね

 

 

ここの樹パートも天才的だなと初聴の時から思っていた歌割り。

”都合よく利用して欲しい”

"それぞれのシチュエーションで(曲を)楽しんで欲しい”

"音楽は届いたらもう聴いてくれる人のものだから好きにしていい”

"ラフにラブを” 

自分が愛情と魂を込めた宝物のような音楽やSixTONESの活動にも、ラフで心地良いスタンスでいていいんだと言ってくれる樹の優しい強さに私はいつも尊敬を超えて畏怖の念を抱いています。そして樹がSixTONESにいて本当によかったと、こういう簡単には言えない強い名言を何度も何度もteamに投げかけてくれる度に思います。

だからこそ、 必要な時は呼んでくれるだけでいいから というセリフが似合うにも程がある。

でもここで最後  一緒にいてね と言ってくれることに猛烈に安心もします。ラフに好きな距離感で愛でてね、という基本スタンスに ”それでもやっぱり一緒にいて欲しいな" と言われるこの破壊力。世界一愛おしい樹さんです。

 

 

時の旋律に声を重ね

Sing for you, Sing for you tonight

時の旋律に声を重ね

君のために、今夜は君のために歌うよ

 

 

先ほど長期的ロマンチストワードを連発する大我さん、と表現しましたが、一番アイドル的ロマンチストワードをこの曲で歌っているのはこのパートのこちさんで、それがたまらなく好きだなと私は思います。

邦ロックオタクの偏見かもしれないけど、時の旋律に声を重ねる なんて歌うのが許されるの、アイドルだけな感じがしませんか?

私の中でSixTONESSixTONESだけの形で成立している究極の最上級のアイドルだけど、その中でも一番王道的きらきらを”意識”しているのがやはり日々笑顔のこちさんだと思います。そんなこちさんが歌う 時の旋律に声を重ね  。しかも 君のために歌うよ 。最高のきらきら輝くアイドルだなと思います。

 

 

Cause now you're my treasure of a lifetime 

星も見えない Long nights

We're gonna make it through together

Know I will be there for you whenever

明日へ進めない時には Just lean on me

紡ぎ合わせる Lifetime

My lifetime

だって君は僕の一生ものの宝物だから

星も見えない長い夜も

一緒なら乗り越えていけるよ

いつでも君のために、君の味方であり続けるって覚えててね

明日へ進めない時は いつでも頼って寄りかかってくれていいから

紡ぎ合わせる一生

それが僕の一生

 

 

そして続くこちらが私のon eST配信大号泣ポイント。愛してやまない京ジェが、お互いの後ろ姿を背に、深く深く祈るように届けるように歌うこのパートが私はどうしようもなく好きです。

似ているところがあっても確実に違って、相手のことを理解しきれているとは言い難い、でも音楽と音楽への愛を通して深く共鳴して共振する京ジェが私は大好きです。

違うけど、違うからこそ、寄り添おうとする2人が好きで、”音楽”という見えないものを驚くほど強固な繋がりとして信じ合う2人が好きです。

そして音楽を愛しているからこそ努力に努力を重ねる大我さんと、音楽を愛しているからこそ楽しむことを何よりも大事にするジェシー。そんな2人がここまで築き上げてきた唯一無二のハーモニーが、お互いを見つめ合いながらではなく、背中に感じ合いながら、この壮大な約束の歌で響いていることがたまらなく好きです。

配信ライブだったからこそ強く強くこの関係性の尊い瞬間を見せつけられたあの画角を私は一生忘れないと思います。

 

 

あの出会いも あの別れも

全て Once in a lifetime

また答えに近づいてく

Tonight

あの涙も あの笑顔も

全て Once in a lifetime 

また明日が輝き出す

Tonight

あの出会いもあの別れも

全て 一生に一度の奇跡

また答えに近づいてく

今夜

あの涙もあの笑顔も

全て一生に一度の奇跡

また明日が輝き出す

今夜 

 

 

京ジェの世界の後に新たに見つかるこの展開。非常に朧げなライブの記憶が正しければ前半がほっくん主旋のゆごしん上ハモで、後半がほっくん主旋のきょもじゅり上ハモだったと思うのですが、この新鮮な歌割りがSixTONESの歌の超王道で主軸である京ジェの後に続くことがどこまでも進化し続けるSixTONES、という感じで大好きです。

良いことも悪いことも全てを奇跡だと捉えて噛み締める夜があることで進んでいける、そんな意味にも感じる歌詞だと思います。

そしてこのパートが初めて2人以上の声が重なるところであることも逃せないポイントだと思います。アイドルに限らず、ボーカルが何人もいるグループの曲において4分20秒の曲の2分15秒までソロパートしかないなんてそうないと思います。そしてその選択を”意図的に”したとアルバム解説で言っているからもう脱帽の一言しかありません。

”一番良い音楽の届け方”に信頼しかないSixTONESが大好きです。

 

 

Cause now you're my pleasure of a lifetime

Me & You, We'll be sharing our lives

With you right here, Everything is alright

It all makes sense when I look in your eyes

だって君は僕の生涯の喜びだから

僕と君、一緒に人生を共にしていくんだから

君がここにいるだけでもう全部が大丈夫になるんだ

君の目を見るだけで全てが”わかる”んだ *

 

 

新しい流れも、やっぱり回収するのは安心のジェシーさん。今のところ公開されてる僕僕の一部でも感じますがジェシーの落ちサビ力というかまとめ力というか、本当に安定してすごいなと思います。

ここも対比する”Cause~"シリーズ最後のパートなので内容には後ほど触れますが、この最後の行も訳に少し補足をしたいところ。

It all makes sense は直訳すれば ”全ての意味がわかる/通じる" 、と言う意味になります。ですがこの場合は前の文からの繋がり、そして 君の目を見るだけで と言う言葉が続くことを考慮すると、”今まで自分が生きてきた意味も全部わかるんだ”くらいのスケールで捉えてもいいと個人的に思っています。

愛が重いので私はその解釈が大好き。その意味も含めて訳には"わかる”と表記しています。

 

 

ここから重なる Lifetime

君と超えてく Hard times

共に歩く理由は

いつでもここにあるんだ

今も忘れない変わらない My memory

君と生きてく Lifetime

 

静かに過ぎてく Lifetime

星も見えない Long nights

君と描く未来は

輝き続けてるんだ

明日へ進めない時には Just lean on me 

紡ぎ合わせる Lifetime

My lifetime

 

Don't be scared, Take my hand

I'll hold you down to the end

ここから重なる生涯

辛い時も君と超えてくよ

共に歩く理由は

いつでもここにあるんだ

今も忘れない変わらない 僕の記憶

君と生きてく一生

 

静かに過ぎてく一生

星も見えない長い夜も

君と描く未来は

輝き続けてるんだ

明日へ進めない時には 僕を頼って、寄りかかっていいから

紡ぎ合わせる一生

僕の一生

 

怖がらないでいいよ、僕の手をとって

最後の最後まで君を離さないから

 

 

ここからが大我さんのフェイクに象徴されるようなLifetimeのクライマックスだと思いますが、このクライマックスが"Cause~"シリーズが発展したメロディーでありほとんど日本語になるところは、SixTONESがこの曲をライブのエンディングでやること、そしてファンへの気持ちを込めて満場一致で最速でアルバム収録を決めてくれた、何よりの証明ではないかと思います。

 

同じ空間で同じ音楽を共有することで、直接触れ合うことはなくとも生涯を重ね合わせることができること。

その事実を糧に”一緒に頑張れる”こと。

その証明はいつでもその音楽を共有した”ここ”にあること。

そしてそれはいつまでも色褪せずに”記憶”に残ること。

 

気づけば勝手に過ぎていってしまう生涯の中には、星も見えない長い長い夜もあること。

それでも一緒に描く未来は輝き続けていること。

そうであってもまだ進めない時は遠慮なく頼りにして寄りかかって欲しいということ。

重なるだけじゃなくて、撚り合わさって紡ぎ合わさって生涯を織りなしていくことが”自分の一生”だと。

 

そしてだからこそ、怖がらないでほしい、手を取って欲しい、だって最後まで離さないからと締め括るこの曲。

 

大我さんはLifetimeのセルフライナーノーツ

僕達の想い、そして僕達の未来とリンクした歌詞が、この曲に美しさと力強さを感じさせます。

英詞と日本詞を巧みに織り交ぜながら、等身大の僕達が心を込めて歌いました。

と綴っています。

この言葉とクライマックスの歌詞、そして6人のこの曲の歌い方を踏まえると、LifetimeはSixTONESから私たちが受け取れる最上級のラブレターであり、約束であり、決意の歌だと思わずにいられません。

 

 

 

② Cause you're my blessing and treasure and pleasure

  

さて、この時点で歌詞が和訳を含めると4重に書かれているので8000字を超えてしまったのですが () さらに考察というか解釈は続きます。

 

Lifetimeの大きな鍵となっている3回の"Cause you're my~"から始まるフレーズ。

マシュマロでも同じ”大切なもの”のニュアンスを持った blessing と treasure と pleasure の違いについて質問をいただいて確かにな〜とすごく思いました。

元々先行公開されていた部分を聞き取って訳した時にblessingを”宝物"と私も訳していたのでもろ宝物なtreasureがきて、これは訳を変えなければと感じたところでもあります。

 

結果的に私は

blessing of a lifetime を "生涯大切にする恵み" 

treasure of a lifetime を"一生ものの宝物" 

pleasure of a lifetime を”生涯の喜び”

と訳しました。

他のところの訳でも出てくる”一生”と”生涯”の違いはなんとなくのニュアンスと語感による違いです。(気分とも言う)

あくまでも意訳なのでそれぞれの受け取り方はあると思いますが、”神から与えられた恵み” というニュアンスの強いblessingが、やがて本当に手元に届いて宝物となり、物質を超えて喜びの概念になる、という解釈の流れがとても美しいと思っています。

 

そしてこの流れが大我さん→ジェシージェシーの順で歌い継がれることによってこの解釈の美しさは助長されると私は思います。

別次元的な美しさや儚さを纏える大我さんが神の恵みを歌い、安心感と包み込む力の強いジェシーが宝物と喜びを歌うからです。

 

でもそれで終わらないのがこの3つのパート。

同じ ”乗り越える” ニュアンスを歌っていてもはっきりと 超えてく と歌う大我さんと ”Make it through” とどちらかというと ”耐え抜く” ようなニュアンスを強く歌うジェシーという京ジェの対比があったり、

真っ先に 永遠にすること と 約束し合うこと という壮大で規模の大きい誓いを歌う大我さんに対して 、 

いつでもそばにいること や 人生を共にすること 、 「ここ」に君がいること や 君の目を見ること を通してあくまでも近距離で寄りそうジェシーがいたり、

未来を見据えた歌詞や京ジェの歌割りが多い中で1人、過去の記憶まで包み込みにいく北斗がいたり、

頼りにして寄りかかっていいと、一番頼もしいところを歌うのが大我さん1人かSixTONES 6人だったり。

そんな風に細かいところにまで気持ちが思いっきり詰め込まれたパートがこのLifetimeのサビなんだと思います。

 

 

 

③Epilogue

 

最後に。

”私個人”にとってのLifetimeは、信頼してやまない従姉妹が綴ってくれたこのレビューの言葉以上に表現されることはないと本気で思っています。

ongakubun.com

少しずつ詳細は違えど、同じような息苦しく生き苦しい中学時代をなんとかお互いと音楽に縋ってもがいて生き抜いてきた私たちにとって、SixTONESのファンであってもそうでなくても、Lifetimeは今の自分も昔の自分も全部ひっくるめて掬い上げて肯定してくれる救いの歌です。

 

ですが彼女と同じ解釈に加えて、私にはSixTONESが大好きで大好きで仕方ない視点と想いがあります。

そんな私から見ると、Lifetimeは愛してやまない京ジェの曲であり、SixTONESSixTONESとしての絆と未来を歌う曲であり、SixTONESSixTONESとファンとの絆を音楽として、この世界にずっと残っていく音として、形にしてくれた決意と約束の歌だと思います。

 

何よりも音楽を愛して大切にして、同じようにライブを愛して大切にする6人。

そんな大好きな6人が一生に一度の初めてのアルバムで満場一致で真っ先に入れると決めてくれたこの曲を生涯大事にしたいなと、とても純粋に思います。

 

だって私にとってSixTONESは 

""一生ものの恵みで宝物で喜び""

だから。

 

いつか、そう遠くない未来、同じ空間でこの音を共有する幸せを味わえますように。

 

 

 

 

 

 

 

 追記:Lifetime 英訳

出光さんのLifetime CM起用にとびっきりの感謝を込めて。世界にLifetimeが、そしてSixTONESの音楽が届きますようにという願いも込めて。Lifetime英訳です。

www.youtube.com

 

Don't be scared, Take my hand

I'll hold you down to the end

Make it through ups and downs

Don't look back, We'll stand strong

 

Huddling up close at the brink of the night

We are one, We are one tonight

 

Cause you’re my blessing of a lifetime

With you, I’ll withstand all the hard times

We’re gonna make it last forever 

Let’s promise we’ll look out for each other

 

Even now I haven’t forgotten nor changed our precious memories

This lifetime will be the one I’ll spend with you

My lifetime

 

Just call my name, When you need me

I’m right here, Oh, Stay with me

 

Layering our voices with the melody time composes

We’ll sing for you, sing for you tonight

 

Cause now you’re my treasure of a lifetime

Even through starless long nights

We’re gonna make it through together

Know I will be there for you whenever

 

Whenever it’s hard to take a step towards tomorrow, Just lean on me

Twining together our lifetime

My lifetime

 

All those Hellos and Goodbyes 

Each and every one of them is once in a lifetime 

Little by little, we come closer to the answer

Tonight

 

All those tears and smiles

Each and every one of them is once in a lifetime

Can you see the future starting to glow up 

Tonight

 

Cause now you’re my pleasure of a lifetime 

Me & You, We’ll be sharing our lives

With you right here, Everything is alright

It all makes sense when I look into your eyes

 

From here and now our lives layer upon each other’s

With you, I’ll withstand all the hard times

The reason we walk together with you will always and forever be right here

Even now I haven’t forgotten nor changed our precious memories

This lifetime will be the one I’ll spend with you

My lifetime

 

Our lives could pass by without a sound

And even through starless long nights

The future I envision with you always continues to shine bright and clear

Whenever it’s hard to take a step towards tomorrow, Just lean on me

Twining together our lifetime

My lifetime

 

Don’t be scared, Take my hand

I’ll hold you down to the end

 

 

 

 

 

 

 

憧れの原石に最長の恋を。

 

 

 

京本大我さんが好きだ。

 

どれだけ好きか、ありとあらゆる形容詞やら世界一やら宇宙一やら色々と付け足したい気持ちはあるけど、1番シンプルに。 

私は京本大我さんが好きだ。

 

私は自分の直感をすごく信用しているところがあって、一度直感的に好きだと思った人やもののことを永遠に好きだというとんでもない自信を持っている。

感受性が強すぎる分の遠回りを何度もしてきたけど、その中でも、他人でもものでも自分でも、”好き”を疑ったり嫌いになったりしなきゃいけなかった時が一番苦しかった。

 

そんな人間だから”推し”にまでなる人はみんなずっと好きな気がしてるけど、その中でも誰よりも強く、確実に、"ずっと好きな自信"があるのが大我さんだ。

 

こんなに多面的に、深く、何から何まで好きだと思えた上に、安心して好きでいられる人を私は他に知らない。

 

 

 

 

私が大我さんに抱いているこの気持ちは”次元が違う”恋であり、同時にそれを超越した憧れと愛だと思う。

 

もちろん、アイドルのファンらしく大我さんを男の人として好きで、

「こういう人が好み」「彼女とはこういうことをしたい」「理想のシチュエーションはこう」「自分は彼氏だったらこうありたい」

教えてくれるそういう話が自分にとって全くもって現実にならないことを自覚した上で、勝手にきゅんとしたりドキッとしたり頑張ろって思ったりする。

 

どんなに日々長文を綴っていようが、神々しい姿とか逆に素に近い姿を見たら語彙力は遥か彼方へ飛んでいくし、らじらーの彼氏企画とかANNのジングルを聴くたびに、毎回懲りずに墓を建てる。(フォロワーさんの間ではきっと周知の事実)

 

大我さんが大好きで大好きで大好きで、これが恋じゃないなら何が恋なんだろうと思う。不毛だの無駄だの言う人がいたとしても、これはきっと恋。

 

でもこの恋はあくまでもこの次元には存在していない恋なんだと思う。

簡単にはまとまらないくらい好きなのに、

"こんな好きな人もう絶対に見つからない!大我さんだけがいい!他の人のものになんてならないで!"

とは不思議と一度も感じたことがないし、ライブ映像を見るたびに隣で騒ぐ親友と違ってファンサもニコニコしながら見れる(急に引き合いに出してごめんね)

 

これはきっとあまりにも好きで、尊敬していて、自分の次元にいることがないレベルの"好き"の気持ちで恋なんだと思う。

好きだなあってずっと考えてると勝手に泣いてるくらい、色々なものを超越した"好き"。

いてくれることがもう好き。

 

だからこそ、本当に、ずっと好きな自信がある。

私の中に突然ふわりと優雅に着地した大我さんの場所はずっとずっと大我さんだけのものだ。

誰も入ることができない大我さんだけの領域が確実にある。

それはとてもすごいことだし、そう思えることは本当にとても幸せだなと思う。

 

たとえ現実的にずっと私の隣にいてくれるようなとっても好きな人ができても、大我さんが大好きという気持ちはきっと変わらない。

そのくらい、そういう次元で好き。

 

 

 

そしてそれはとにかく京本大我さんという存在自体が私の究極の憧れだからだと思う。 

憧れは究極の形を取ると愛になるんだなあと大我さんを好きになって知った。

私は決してアイドルになりたいわけでも、大我さんのお仕事を目指しているわけでもない。

でも1人のひととして、存在として、大我さんが大好きで大好きで大好きで憧れで憧れで憧れ。

 

 

 

それは例えば努力の天才であるところ。

誰もが羨んでしまう資質を生まれ持っている”からこそ”、呼吸するように努力をし、努力に対して絶対に妥協しない大我さんが私は大好きだ。きっと凡人には想像し難い理不尽を経験しているのに、逃げずに難しい方を選ぶ大我さんに私は憧れてしょうがない。

”まだまだ勉強できることがあるって幸せ”と言う大我さんが好きだし、”継続することで知り得る世界があることを僕は知ってしまった”と言う大我さんが大好き。

しかもこの努力の背景というか、この努力の理由になる”弱さ"から絶対に逃げずに向き合い続けるところ、さらには”弱さを見せる”強さまで持っているところが大好きで憧れだ。

大我さんは10年後の自分へのメッセージを書くときに ”自分にはどこまでも厳しく生きているか。己の心に潜む数えきれぬ弱さと向き合いどうか強く生き続けてください。” と書く人だ。

"元々京本大我という人間にあんまり自信がない”、最近になって”アイドルの自分も捨てたもんじゃないなと思った笑"、と言う人だ。

裸でぶつかると覚悟を決めて、とんでもなく強い想いと美しさを届けてくれたのに、”思い描いていたクオリティが100点だとすると20点だったね”と綴る人だ。

ニュージーズのお稽古を振り返って咲妃みゆさんが”必死に切磋琢磨する姿も包み隠さず曝け出してくれる人”と仰っていたのもとても印象的だった。

一介のファンが見てる姿が全部だなんて到底思ってないし、大我さんのセルフプロデュース力を何よりも信頼してるけど、というかだからこそ、”いろんな姿を見せること”を大我さんは意識してるように思う。その中にはもちろん”弱い自分”も含まれていて。

舞台稽古中は地獄のような日々で必ず毎日逃げ出したくなるほど苦しいこと、それでも幕が閉じる時にはいつもまたやりたいと思っている自分がいること。自分は完璧じゃないくせに完璧主義でいたがること。

そういう側面を曝け出す強さもありつつ、それを塗り替えていくことを諦めない強さもある努力の天才な大我さんが私の憧れ。

繊細だからこそしなやかな強さを持つ、という対局に位置するものを統合する力があって、それに常に磨きをかけている大我さんが心から美しいと憧れる。

 

  

例えば自分の軸を守りながら常に周りを思いやれるところ。

自分のことをよく理解していて、自分らしさの軸を守る力のある大我さんが大好きで憧れだ。

夢を聞かれたら”自分の世界観を守り続ける””自分らしい音楽をいつまでも歌っていたい”と言うくらいの軸の強さはSixTONESになるまで1人で戦ってきた時間が長い人だからこそ持てるもので、それが堪らなくかっこいいと思う。

でもさらにすごくて憧れるところが、この軸の強さと周りを見る力を両立させられているところ。

きょも担みんなが大好きなところだと思うけど、大我さんの”一緒に”は魔法の言葉だ。

儚く美しい姿に努力の天才であるという事実も重ねた大我さんはどこまでも強く遠い存在に見えてもおかしくない(摩訶不思議でかわいいお坊ちゃんなところは(大好きだけど)一旦目を瞑る)。でもそんな人が私たちに言葉を綴るときに必ずと言っていいほど選んでくれるのが”一緒に”という言葉だ。

大我さんを好きになるかならないかの頃に、自己紹介文に”己の心を大事に今を生き続けるので一緒に幸せになりましょう”と書くこの人は一体どんな人なんだろうと惹かれたのをとても鮮明に覚えている。この言葉は私の京本大我像の象徴になる言葉のひとつ。

雑誌のインタビューで“ファン”という言葉が軸になる文章を1番頻繁に使うひとな感覚もなんとなくだけどあって、いつもきゅんとしている。

そして大我さんはデビュー前最後のファンへの感謝の気持ちを、SUPER BEAVERひとつを通して伝えられたら、と言う人だ。

ひとつ

ひとつ

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

自分の軸は確実に持っていて譲らないけど、共に歩んでいこうと、一緒に生きていこうと、いつだって手を伸ばしてくれる大我さんが大好きでしょうがない。

この世の仕組みが怖い時も、一緒に強く生きようと言ってくれる人。

こんな人になりたいという憧れの最たる姿。

 

 

例えばひとつひとつの繋がりや積み重ねを宝物のように大事にするところ。

周りの人みんなをめろめろにでろでろにする大我さんが大好き。

それはあの天性の愛らしさの力もあると思うけど、大事な人のお誕生日を絶対忘れないところとか0時ぴったりに連絡するところ、デビュー前の感謝を伝える人たちに”フィールドは変わってしまったけれど確かに苦楽を共にした戦友たち”と丁寧に書くところ。こうやって自分と関わる誰に対しても常に礼儀正しくて思いやりと愛情があるからこそ、ここまでたくさんの人に大我さんは愛されるんだと思う。

ミュージカル界の錚々たる面々の寵愛を受ける、というかでろっでろに溺愛されてる大我さんは全きょも担の大好物だと思うし、あのマウント合戦はいつ見ても怖くて()楽しい。

東京和奏の編集さんとか沸騰ワードのスタッフさんもめろめろにされてる証拠をいっぱい見せてくれる。

そして特に紅白出場が決まった時の三田佳子さんのブログは本当に大我さんの丁寧な人付き合いの象徴だったと思う。京様も共演すると聞いて驚いたというエピソードもある大女優さんに、共演から時間がたった今でも素晴らしく素敵な言葉をもらえる大我さんは、常に心を配れる視野が広い人だし、関係性を続けることに力を注げる人だし、心の温度が高い人だと思う。

丁寧な積み重ねがこんなにも素敵な人を構成するんだと教えてくれる憧れ。

 

 

例えば好きなものをとても大事にするところ。

アニメでも邦ロックでも、オタクを隠さない大我さんが大好き。

話してるだけでテンションが上がってしまうほど好きなものがあるってとっても豊かな人生なはずなのに、それを隠した方がいいんじゃないかって思ってしまうことは今の社会では多いと思う。本当はそれがおかしいんだけど、そう思いがちな時に大我さんは勇気をくれる。

好きなことは好きだって胸を張って言っていいし、好きすぎて暴走することがあってもそこも含めて自分を愛してくれる人はいるんだって証明してくれる。”好き”の気持ちが自分の良さを相手に伝えられることとかチャンスに繋がることも見せてくれる。

スキルを高めるために密かに努力していることは?という質問に”好きの気持ちを忘れずに取り組むこと”と言ってしまえるところも、大我さんが自分の”好き”の気持ちを大事にしている証拠だと思う。

これは努力を呼吸することくらい当たり前にしているからこそ出てくる言葉だと思うし、それがまずすごくて大好きなんだけど、努力が当たり前になりすぎると出てきかねない苦痛や義務感を”好き”の気持ちで変換できるという魔法だと思う。

大我さんの ものや人の愛し方が憧れ。

 

 

 

”好きなところ”あげたらキリがないから、”ずっと”好きでいる理由として”憧れな理由”に絞ったつもりだったけど、その制限の中でも時間さえ許せばいくらでも言葉は溢れ出てしまうし、また好きでいる日が積み重なっていくごとに新しい好きをくれる大我さんが大好きなので、そろそろまとめておかないとこのブログは永遠に終わらない…

 

 

 

とにかく。

 

SixTONESを好きになった最初の最初からずっと大我さんが好きで、私はそれがとっても幸せ。

 

美しい京本くんを好きになって、突拍子もない摩訶不思議なきょもを好きになって、最高にかっこいい大我さんを好きになった。

好きになってからの日は浅くとも、毎日毎日好きが募る一方で、びっくりしたり、嬉しくて仕方なくなったり、時々(本当に時々)は大好きだからこそだいきらいで苦しくなったり、普通の生活じゃ絶対に体験できない気持ちの動かされ方をしてる。

 

元々愛してやまない音楽ともお洋服とも言葉とも、大我さんとSixTONESはたくさん繋がってくれて、だからこそここまで好きになったのかもしれないけど、これは卵と鶏の話レベルで私の”SixTONESが好き”という気持ちの周りをぐるぐる回っていて。

自分が大事にしてることを大事にしたまま、時にはもっともっと大事にしたくなる気持ちにさせてもらいながら、大我さんとSixTONESは日々好きな気持ちを更新させてくれる。

 

そんな日々が愛おしくて幸せで仕方ない。

 

 

そしてとても大それたことで、いちファンが言うのは間違ってることかもしれないけど、有言実行が座右の銘の大我さんが憧れだから、言いたいと思ったことがひとつ。

書きながらとんでもないエゴの塊なことを自覚して怖くて仕方ないけど、それでも言いたいくらい本気で思ってしまっていること。

 

いつか大我さんが、そしてSixTONESが、纏うお洋服を作る人になりたいです。

 

まだまだまだまだ未熟でしかない私だけどなるために必要な努力を絶対に積み重ねる自信はあるから。

言葉で伝えずとも、とびっきりの愛情と感謝を感じてもらえるくらい、それくらい素敵なお洋服をいつか届けられるようになりたい。

恩返しだなんて思うことこそ烏滸がましいのかもしれないし、ただただ自分の夢という名の欲を押し付けてしまうことなのかもしれないけど、こうしてもらってしまっているとてつもなく大きな気持ちをどうしても返したくて、そのために私ができることは今のところこれしか思いつかない。

愛のあるお洋服がどれだけ人を輝かせることができるか私は信じてるから、あのTrackONE IMPACTの白衣装のように、そういう愛に溢れたお洋服をSixTONESにはずっと着ていてほしい。そうやってずっと輝いてほしい。そしてそれを実現させる側にいつか、携わってみたい。

夢、というのはこの欲を取り繕うための言葉なのかもしれないけど、それでもこれを夢と掲げて走ることできっと私はまたたくさん力をもらえてしまうから、叶わずとも、この想いを持っていたい。

そしてその想いと共に。どうか。今日も "一緒に "頑張らせてください。

 

 

 

改めて、京本大我さん、26歳のお誕生日おめでとうございます。

 

同じ時代に同じ国にいて、大我さんの存在を知って、好きでいられることがとても幸せです。毎日好きなことが誇らしいです。それがとても嬉しくておかげで毎日楽しいです。大好きで大好きで仕方ないです。きっとずっと、本当にずっと。これは最長の恋だから。

 

生まれてきてくれてありがとう。そしてここまで生きて、アイドルでいてくれることを選んで、選び続けてくれてありがとう。音楽を愛してその愛を奏でる音楽にのせて届けてくれてありがとう。

今日この日に存在するそのままの京本大我さんでいてくれてありがとう。

 

 

歴史上一番素敵な26歳の一年を祈っています。

 

 

 

2020.12.3   aim

 

The beginning of aiming for Diamonds ~SixTONESに落ちるまで~

ごきげんよう

 

スト担ブログブーム、初めて8.8を過ごしたこと、そしてSixTONESを好きになってからほぼ1年経つことに後押しされ、ようやく沼落ちの経緯をまとめてみました!

 

自分がなんのオタクか聞かれたときに邦ロックオタクの人格の方が勝ちやすいにも関わらず、”芸能人を好きになる”という感覚を持ったのは間違いなくジャニーズのおかげな私。

なので初めてジャニーズを好きになったところから振り返らないと中途半端だな、と思って軽い気持ちで始めたら嵐沼落ち経緯も含めた人生の振り返りみたいになりました笑

長いです。もはやただの備忘録と決意表明です。 読んでくれる方いたらすごい…

一応1万字ぴったりです…

 

 

ざっくり段階ごとに整理してみた目次はこれ。SixTONESがちゃんと出てくるのは【3】からです。

 

 

 

 

Prologue: そもそも沼落ちってなんだろう

 

恒例の長い前置きです()

今までたくさん素敵な沼落ちブログを読んできたのですが、人によって沼落ちの定義は様々。

というか本当は沼落ち直後に書くものなんだろうな!沼に落ちた自覚があってそこからすぐ記録に残せている人羨ましいな!私の沼落ちはどこ??????

となったのでこのブログを書くにあたってまず”自分にとっての沼落ちとは何か”について考えました(真面目か)

 

そこで私の真の沼落ちは

推しを推すということに対して決定的な行動を起こしたとき

なのかな…という結論に至りました。

 

FCに入る、というのがわかりやすいと思うのですが、デビューが決まっているSixTONESにしか出会っていないため、情報局に入るまでの行動力は邦ロックオタク全開な私にありませんでした。

というわけで私の沼落ちは

今のTwitterアカウントを開設した日

ということにしました。

 

邦ロック用の閲覧アカウントしかなかった私が、SixTONESが好きだという気持ちで初めて外の世界へ飛び出したあの日。そこに向かう日々を記録してみようと思います。(Twitter始めて以降の気持ちの変遷は全部Twitterに集まってるしね)

 

それでは長文の旅へ  let's go!

 

 

 

 

【1】 aim、ジャニーズに目覚める

 


衝撃のジャニとの出会いは5歳(無駄に早い)。
当時アメリカから帰ってきたばかりで、 日本の流行に追いつこうと思った母が積極的にテレビを見る中、 Mステに出ていた修二と彰

亀梨くんが世界一かっこいいと思った

 

当時の私はとても惚れっぽく飽きやすく天邪鬼なところもあって(5歳だから許して)亀梨くんはみんな好きみたいだな、だったら

上田くんもいいな

なんてあっさり推しを変えていたりもした。

天邪鬼だった以外に好きだった理由が思い出せないなんて非常に失礼なことは自覚しつつ、今もKAT-TUNであり翔くんを兄貴と心から慕う今の上田くんをみて、幼い私の直感も間違ってなかったんだなと勝手に嬉しく見ています…

そして今考えると、幼すぎて"推し"という概念にまでは届かなかったものの、最初に好意を抱いたジャニーズの2人がKAT-TUNなこと、SixTONESのパフォーマンスが好きなことに絶対通じててすごい…

 

 

そこから母がジャニオタの友人に花男は絶対に見なければいけないと半ば強制的にDVDを貸し出され、 なんとなく隣で見ていたら

あっさり花沢類に落ちた。

 

私は昔から優しくて穏やかな賢い人が好きだった。 というわけで道明寺はむしろ嫌いで、 なぜ母世代が揃いも揃って道明寺(この時松潤という認識はない) が好きなのか、全くもって理解できなかった。今でも正直なところ道明寺司というキャラ自体に魅力は特に感じない笑

 

花男は物凄いブームで、 幼稚園で一番仲が良くてほぼ毎日家に遊びに行っていた友達のお母さんも松潤が大好き。 その流れで嵐の番組を勧められてひみつの嵐ちゃんを見るようになった。

 

その後は嵐面白いな〜かっこいいな〜なんてぼんやり思いつつ、好きなジャニーズは?と聞かれたら上田くん、と答えていた(気がする)日々。

 

 

ところが、小学校に入った私は

山田太郎ものがたりのニノに出会う

  

この時も私は優しくて穏やかな賢い人が好きだったようで御村くんは全く眼中になく、山田くんなニノが好きだ!と思い、好きなジャニーズはニノ、と答えるようになった。

 

そして小学2年生の運動会でHappinessを踊ることになった時に”練習をしたい”という口実を盛大に振りかざし、初めて父親にCDを借りたいとおねだりした。お願いするときにすごく緊張したことを今でも覚えてる。

 

このくらいから徐々に、嵐が好き、と周りに言い始めていた気がする。

  

 

その後ひみつの嵐ちゃんを見ていく中で、

実際”優しくて穏やかで賢い”のは翔くんでは?

と気づいた(気がする)そこから私は徐々に翔担になり、今でも翔くんが大好きだ。

 

たぶん、流星の絆の時点でニノ担ではなかったと思うのだけど、”翔くんがかっこいい…!!!”という記憶で一番鮮明に覚えているのは Believeのラップ

 ヤッターマンの髪型は好きじゃなかったけど、郵便局から勝手に届いたヤッターマン翔くんが乗った年賀はがきを大事に飾るレベルには翔担になっていた笑

 

そこからは嵐好きの友達(ほぼ翔担と言ってもいいほど周りに翔担多かった…)と日々小学生なりに語り合い、CDを借り、楽しく過ごしていた。

ちなみに人生で初めて自分のお金で買ったCDはPopcorn。邦ロックを好きになってから、なんで好きなバンドに初めて買ったCDはあなたたちのです!って言えないんだろう…なんて卑屈になった時期もあったけど、今は嵐が最初なことが誇り。CDの形態に種類があるなんて知らなくて、ドキドキしながら母にネットで注文してもらったなんの変哲もない通常盤だけど、今でも宝物。

 

  

そしてこの嵐が好きだった時期に、毎晩見てたのがRの法則

ようやくSixTONES登場!!!

樹とジェシー私の人生へようこそ!!!(ここまでが長い)

でも特に二人が好きだったということでもなく、ジャニーズJr.という認識があったくらい。明らかにチャラそうな樹は苦手だった気がする笑 ごめん笑

  

 

 

 

【2】 aim、邦ロックに染まる (が、嵐にも戻ってくる)

 

 

具体的な邦ロックとの出会いの経緯と結果はもしもSixTONESが邦ロックを歌ったらのブログで触れているので割愛。

でも小学校時代をどっぷり嵐が好きで過ごしたところから一転して、中学校時代は邦ロック一色だったという変化は大きかった。

息苦しくて生き苦しい毎日を邦ロックになんとか救われ続けた日々だった。

 

嵐の番組は見てたけど、正直音楽は響かなくなっていたし、邦ロックオタクとしての偏見が徐々に形成されて、”アイドルの音楽”というカテゴリーは避けがちになっていた。

そうして邦ロックに染まったまま高校生になって日本を出て、私は嵐からもジャニーズからもだいぶ遠のいていた。

 

でも高校最後の1年だけ1人寮生活をすることになり、休暇で日本に帰ってくる度にたまに見る嵐にどうしようもなく安心した。

その安心感とともに、きっと邦ロックに全力で縋らなくても生きていける精神状態に落ち着いたことも影響して、やっぱりいい曲も多いな、と嵐の曲もまた聴くようになった。

 

 

 

 

【3】 aim、サブリミナルSixTONESを大量に浴びる

 

 

日本に帰ってきて観るようになった番組は主に嵐の番組とMステで、そこで私は一応SixTONESを認識するようになった。なので無意識に蓄積された”サブリミナルSixTONES”が実はたくさんいた。でもその頃の私はSixTONES

”大人になってしまったJr.”

として認識していた。(土下座)

 

 

そしてなんと、

YouTubeアーティストプロモも見ていた。

(後悔に押しつぶされる絵文字)

  

YouTubeSixTONESの広告を見て、最近の大人になってしまったJr.はグループもあってYouTuberにならなきゃいけないのか〜大変だな〜なんて適当なことを思っていたし、母と表参道の大きい広告を見て、なんか最近の大きいJr.らしいよ〜シックストーンズじゃなくてストーンズらしいけどジャニーズっぽくない名前だよね、なんて延々と失礼極まりないことを言っていた。

 

でも、樹とジェシーがいる。

それだけは覚えていた。まだ頑張ってるんだ〜なんて呑気なものだったけど(再び土下座)

そこから嵐の休止発表があって、気付いたら会見を見ながら泣いていた自分にびっくりしつつ、それまで以上に嵐の番組を真面目に視るようになった。

 

そんな中、VS嵐

 

翔んで埼玉チームの京様の息子がジャニーズだという情報を見て

きょもが存在すること

をなんとなく認識し、

 

パーフェクトワールドチームの北斗によるSixTONESの説明を聞いてあ〜あの時の広告の!と思い、

 

監察医朝顔チームの慎ちゃんの「SixTONESの中では2枚目〜」というボケを

「ふーんそうなんだ」と鵜呑みにしていた

(今考えると最高に面白い)

 

そして北斗と慎ちゃんのVS嵐の間にあったニノさんを観て、ジャニオタ男子の美容師さんが発する

”きょも”というなんとも不思議な平仮名

歌広場さんの”きょも知らずですか!?”というパンチ力抜群の名言、

ニノの「有名だよ」という言葉、ジャニオタ男子の熱、よしむーたちわかってないけど京本がきょもって二宮がニノみたいなことでしょ、わかるわかる可愛いじゃん、でも大人なジュニアだな〜なんて感想が記憶に残っていた。

 

 

 

 

【4】来たる、2019年8月最終週。

 

 

そしてついにきてしまった奇跡のようなこの週。

嵐がパーソナリティーなおかげで24時間テレビを全部録画していた私はシンデレラガールを歌うSixTONESに巡り合った。でもまだこの時は出会っただけ。

 

以下、当時の私の思考の変遷。

ストーンズ?樹とジェシーのとこか!」

「あ〜ジェシー、シンデレラガールって言えばいいのにCinderella GirlがSindelella Girlになってる〜あ〜…でも歌はうまいな」

「なんか一人すごい歌上手いキラキラした人がいる!?!?!?」

「なんで最後に24時間テレビで歌うかもしれないA・RA・SHIが5人じゃないの!?ラップ翔くんにやらせて〜〜〜!!!でもリーダーと一緒に歌う2人は上手いな!?」

「あ〜でもなんで5人じゃないの〜」

 

 

 



 

 

      大 反 省 

 

 

 

 

 

 

いや、しょうがない、当時の私ならしょうがないんだけど、なぜここで落ちなかった、なぜこんなにも失礼、なぜあらスト担今世紀最大レベルの最高コラボを初見で楽しめなかった、と思うことはやめられない。

適当なことばっかり思っててごめんSixTONES…でもちゃんとその後落としてくれてありがとう……

 

 

そしてここからがやっとたどりついた沼の淵(遅)

どういう巡り合わせか、24時間テレビ後の週に久しぶりに会った親友(Twitterではきょも担親友として度々出演中)が急に

「最近ちょっとジャニーズにハマったんだよね」と言い出した。

 

セカオワが原点なのが同じで、ミュージカルが好きで、2.5次元に推しがいる彼女がジャニーズ!!?嵐派かAKB派かの小学生時代をAKB派で過ごしていたのに!!?と衝撃を受けたのを覚えている。

しかも誰???なんで???と聞いたら「SixTONESって知ってる?」

 

 

 

 

 

 

いや数日前に嵐とコラボしちゃってた人たちじゃーん!!!

 

樹とジェシーがいるとこじゃーん!!!

 

 

 

 

 

 

 突っ込みつつ、そのままなんで?のところを掘り下げたら、映画館で少年たちの予告(ジャニーさんの追悼上映のタイミング)を見てミュージカルっぽいのが気になって観たくなった→調べたらYouTubeをやっていた→面白くてハマってるということだった。

ふーんと言いつつ、親友が見せてくる動画を2本続けて観た。

 

 

 

 

 

JAPONICA STYLEMr.ズドン

 

 

 

 

 

いや初っ端から癖つよ!!!!!!!!!

 

 

 

これはあくまでも今振り返って爆笑しながら思う感想であって、当時はジャポに対して

「最近のJr.は持ち歌があるのか、いやでもジャポニカスタイルってなに笑 途中のジェシー急にかっこつけるやん笑 ほうほう親友が気になってる人はこの美人な人ね」

としか思ってなかったし(再び大反省)

Mr.ズドンに対しては

「何なのこれ笑 でもめっちゃ楽しそうだな笑(誘えよ俺をの北斗を見て)この人がいじられ役なのかな?この親友の推しの人のボトムスはどうなってるの!?!?!?スカート!?いやでも足バタバタさせても大丈夫だな…気になるな…」

というファッションオタク全開な感想が勝つ謎の現象を起こしていた。

 

でもその動画を見た後からなぜだろう、親友と一緒に一日中「大きくズドンズドン♪」と歌うことがやめられない…なんかよくわかんないけど楽しい…あと親友の推しの綺麗な人、最近ライブを見たばっかりでかっこよかったバンドのベースの人にちょっと似てる…(今思うと顔の系統は近いけど当然大我さんの美しさには似てない笑)気になる……

 

 

気付いたらストチューブを検索して最初から順番に見ていく私。

ただただ綺麗で、ニノさんで聞いたことがある”きょも”があだ名な人だと思ってたらなんかすごい独自の世界観を持った人だな…?すごい可愛いな…?でも美しくてかっこいいな…?YouTubeのスタッフさんに何かとテロップでいじられて愛されてるな…?

と思い始める。

 

そのまま気付いたら”京本大我”、”きょも”をとことん検索してしまう私。

歌が本当に上手い人だ…しかも24時間テレビでも1人だけ上手いのを覚えてた人だ…綺麗だしかっこいいしすごいな…

と気付き始める。

 

 

そして2019年9月8日。初めて親友とのLINEで

”京本くん”と発した。

 

 

そして9月10日にはこの動画が面白かったんだとリンクを送り、

初めての”京本くん”呼びから1週間後の9月15日。

 早速きょもと呼び始めた。

 

さらにきょもを褒めて”(推しに甘い)”とか文末につけてる…

しかも少クラに興味を持ち始めていた…

さらにさらにニュージーズが先すぎると嘆き、どうやら少クラの観覧に応募できるらしいとの情報を見つけている…(結局2人一緒に入れる確実性のなさに心が折れて応募はしなかった)

 

 

 

 

完全に落ちてるな。

 

 

 

 

親友とは基本毎日会っていてそこで報告してることが多いせいで、この2週間の間の細かい段階は記録に残っていない。

でも京本くんからきょも呼びに変わるまでの短い間に

「きょもって呼んだら終わり…YouTubeチャンネル登録したら終わり…インスタフォローしたら終わり…FCなんてもってのほか…」

と全力でハードルを立てようとしてたことを覚えてる。(もちろんこのハードルはほぼほぼ存在しなかったくらいあっという間に全てきれいにSixTONESになぎ倒された)

でも確実にこの2週間で情報収集癖に拍車がかかり、きょもが推し…!という気持ちに抗いきれず、沼に両足を突っ込んでいたことは間違いなかった。

 

 

そしてさらに2週間後の9月27日。最初に親友に録画してみるわ、と言っていた少クラはまさかの少クラプレミアムでガッカリしていたものの、この週やっと初めて観た少クラがなんと少クラセレクションだった。そこで

 

 YOUを歌う大我さんと目があった。

 

いや、目があったどころではない。絶妙な流し目をしながら髪を耳にかけ、ウィンクしてほんの少しだけ首を傾げる大我さんに

 

 

 

 

 

 

心を解いてcome to meされた。

 

 

 

 

 

(動詞にするな)

 

 

これはやばいと思った。これは本当に好きな人だと。SixTONESで自担はあなた!というのは決まってたし抗うことは少しずつ諦めてたけど、心がぎゅんってなるレベルで好きな人だとここで自覚したことは覚えてる。

翔くんみたいなキラッキラな笑顔で目線を投げる人も大好きだし、最近ジャニーズ内各グループの好きな人を選ぶときょも以外、みんなビジュアルと王道アイドル感が翔くんっぽいと気づいた私(翔くんときょもの通じてるところはビジュアルより内面だと思ってる。そしてきょもはきょもなりに”王道アイドル感"を持ってると思うけど長くなるのでそこはまた翔きょも論として必ずブログ書きます)

でもそれはきゃーっ!となる可愛いタイプの好きな気持ちであって。

撃ち抜かれすぎて心臓が止まりそうな、呼吸が一瞬できなくなって好きが溢れて泣きそうになるような、そういう好きな気持ちを私はバンドマンに育てられた。

耳掛けしながらウィンクまでして心を解いてcome to meする大我さんは間違いなくアイドルだから、バンドマンに感じるようなときめきをこの大我さんに感じたのは少し不思議。

でもあの綺麗すぎる流し目と微細な首の角度の変化は、滅多にカメラを見てくれないもしくは目が合わないバンドマンと奇跡的に目が合って心を奪われる瞬間に似ていたんだと思う。

大我さんの音に気持ちを乗せる力、アーティストとしての力を、実際に心を解かれたことで実感してしまったというのもバンドマンに通じるのかもしれない。

 

 

そしてこの日からさらに1週間後の10月5日。気が向いたときだけ使ってる日記アプリを更新した。

なぜなら

 

 

 

 

 

 

夢にきょもが出てきたから。

 

 

 

 

 

 

気になってる人が夢に出てきちゃうとか中学生の恋かよって動揺して親友に相談したら「やばそれガチで好きじゃん笑笑」と爆笑された。どんな内容か聞かれて2人きりで1時間くらい美術館で話したって答えたら余計に笑われた()

 

この辺りから親友とは同じオタク気質とはいえ、私の方が圧倒的に愛が重くてのめり込みやすいたちなことが明らかになり、私の熱量を彼女1人としか共有できないのは彼女に圧をかけているようで申し訳ないという気持ちになっていた(フォロワーさんならきっとお分かりいただけるでしょう…)

 

邦ロックオタクの人格は必死にハードルを立て続けようと頑張った。

それでもSixTONES熱は加速するばかりで、話したい気持ちは膨れ上がるばかりで、情報収集の間に見かけるTwitterで楽しそうなスト担に惹かれ始めた。

 

 

そしてデビュー日が決まった配信も見届けてしばらくたった11月14日。

ついに、夜中の衝動でTwitterアカウント開設〜!!!

 

ちなみに更新頻度が少し上がっていた日記でこの3日前に”ジャニ垢作りたくなってきた私はいよいよ末期なのか…”と書いている。

末期おめでとう!!!!!!←

 

 

というわけで。

これがaim陥落までの長い長い記録。

 

 

 

 

Epilogue: なんで沼落ちしたんだろう

 

 

ここまででも十分長いけど、沼落ち経過を綴ってきただけで沼落ち理由まで満足に触れられてないので最後に分析を。

 

私がきょもに惹かれたことは、今まで推してきた人(&推しとまでいかなくても好みの人)を並べると一目瞭然だと思います。

男くさい人より美しい人が好き。努力家でどこか儚げな人が好き。でも同時にどこか抜けてる、完璧なのに不完全な人が好き。

これはどの推しにも共通してると思うし、SixTONESの中で私の推しは誰だと思う?と周りの人に聞いたら100発100中できょもだと当てられるはずです笑

きょもを好きになったきっかけも要約すれば、パフォーマンスの美しさとかっこよさときれいに対比するストチューブでのぶっ飛んだお坊ちゃん具合。

 

でも、こんなにものめり込んだのは知れば知るほどすごい人だってわかって憧れと尊敬が日々募ってしょうがないから。(これについてはそのうち出す大我さんブログで詳しく。)

 

そしてこんなにもしっかり沼の奥底まで落ちたのは、SixTONES”丸ごと大好きになった”から。

 

私の最初のSixTONESの印象は完全にストチューブで作りあげられました。

わちゃわちゃしてて、いつも6人でいることが楽しくて仕方ないって様子で、しかもその仲の良さがストチューブの回を重ねるごとに深まっていくのが見えて、ストチューブを追ってた過程でびっくりするくらいたくさんの笑顔をもらいました。

アイドルを好きになる時、私は間違いなく音楽性よりも人間性や関係性を見ています。

でも思い返せば嵐を好きになった時にはもう嵐は仲良しの極みで、ほとんど完成された人たちとして映っていました。

でもSixTONESはまだまだ発展途上な感じがあってどうしようもなくワクワクしました。この人たちを見ていたい、見ていきたい、と強く思いました。

メンバーひとりひとりが個性的で面白くて魅力的で、どんどん知りたくなったし知れば知るほど好きになって、こんなの追いかけるしかないって。

 

それから”丸ごと”には”自担以外のメンバー”というだけではなく、好きになるきっかけだったストチューブのバラエティー要素ではない、”パフォーマンス”も入ります。

最初に注目するのが人間性や関係性でも、音楽性も好きになれなかったら”推す”境地までいきません。特に邦ロックに人生を形成された後の私は。

でもSixTONESの圧倒的歌唱力と目が離せなくなるパフォーマンスは一直線に心を奪いにきました。

そしてきっと、あんなにわちゃわちゃしてるのにステージ上ではとことんかっこいい、という多面性も間違いなく心を奪われた要因。

 

さらに、沼落ちの理由というよりは沼にとどまり続けている理由になるけど、team SixTONESが大好きなことも今の私がいる理由です。

邦ロックのためにもTwitterはやっていなかった私が、実際に知っている人を頼ることなくファンダムに飛び込んだのはSixTONESが初めて。

そんな私でも、優しくしてくれる人に出逢って、秀逸な文章や素敵な絵をたくさん見つけて、ファンダムの空気感を体感して。

SixTONESへの愛を加速させて深化させてくれる要素が本人たちだけじゃなくてファンダムにまであるなんて、なんて素敵だろうと思いました。

 

きっと今の私はモンスター級の愛をSixTONESに対して持ってるけど笑、Twitterを始めてなかったらこの境地までは到底たどり着かなかったと思います。

なのでTwitterのスト担の皆さんは共犯です笑 そして心の底からありがとう。

 

とにかく”SixTONES”を取り囲む全てが丸ごと魅力的に思えて大好きで、そして”好き”という気持ちと共に”追いかけたい、同じ旅をしてみたい”と初めて思った。

それが沼落ちした理由かな、と思います。

 

 

沼にとどまっている他の理由はきっと考えだしたらキリがないし、日々のツイートが何よりの証拠だと思うので書くかわかりません。

でもこの1年弱を振り返って、SixTONESを毎日毎日前の日よりも好きになっていく連続なのは、SixTONESが本当に答え合わせが上手なグループだからかなと思います。

この人たちが好き、と思う感覚を合ってるよ、正しいよって肯定するかのように、日々新しい好きな根拠をくれるSixTONES

知らなかった一面を新しく見つけても、だから好きなんだ…と納得させて好きなことを誇りに思わせてくれるSixTONES

追いかけてて楽しくないはずがないし幸せじゃないはずがありません。

もちろん、なぜか茨の道に立ち寄りがちなteamで、好きだからこそ苦しい思いをすることもあるけど、それも含めて愛しく思えて、最終的には幸せが勝つ。毎日が楽しくなる。

こんな素敵な場所を見つけられて私は幸せです。

 

 

 

改めて、SixTONESとteam SixTONESに出会えて本当に良かった。

沼落ちもやっと記録できてよかった笑

 

とびっきりの愛を持って、これからもずっとSixTONESについていかせてください。

唯一無二の原石たちを追いかけ続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮でとりあえず決めてたブログ名、Chasing Diamondsに落ち着きました。これからも全力で追いかけるよ!