Chasing Diamonds

長文考察愛だだ漏れ系aimのぶろぐ。140字じゃ足りない愛は原石を追いかけて。

SixTONES

The Break of Dawn Awaits SixTONES Everyday 〜Dawn 和訳と考察〜

SixTONES、Feel da CITY 完走、そしてデビュー後初めてのツアー完走おめでとうございます!!!!!! アルバムの曲を主軸にしつつ、これまでの曲も 半年の間に仲間に加わった曲も織り交ぜていく本当に表情豊かな"街”だった Feel da CITY。 そんなツアーがデ…

Songs magazine Vol.4 と京ジェとSixTONESと。

2022年1月25日。 Songs magazine 特集内容発表。京ジェ表紙の段階で買うに決まっていた。なんならその時点で読む用と保存用の雑誌を買うときの自分の恒例購入ルートを一瞬で想定した。それくらい、普段から京ジェ狂を名乗るものとして買う理由しかない雑誌だ…

A trust in SixTONES till the end of time ~Everlasting 和訳と考察~

1週間でCassette Tape に続く、CITY 和訳考察第二弾〜! 今回はEverlasting 編です! Lifetimeがブログにまで至った初めての和訳だった身として、Everlastingも書きたくなるだろうなと曲の存在を知った時点で思っていました。そうしたら何と念願のTHE FIRST …

How could SixTONES ever make it all wrong? ~Cassette Tape 和訳と考察~

あけましておめでとうございます!そしてお久しぶりの和訳ぶろぐ! 2022年も元気に長文錬成してます aimです。 まずはSixTONES、2nd アルバム CITY 発売おめでとうございます!!!フラゲ日と発売日で40万超えも本当におめでとうございます!!! 間違いなく…

Dear diary, Forever NEWSIES。

ニュージーズ閉幕から1ヶ月。 私生活は謎に、SixTONESごとは幸せに忙しくて、あっという間にこんなに時間が経ってしまったけど、ニュージーズという作品に想いを寄せ始めてからの2年、そしてその中でも特に濃かった10月9日から11月17日までの記憶は絶対に文…

まだ僕は生きていく。

愛してやまない26歳の大我さん、忘れられない一年をありがとう。 「京本大我としては空っぽの一年」「舞台に立ててなくて毎日心折れそうだけど」を「今年最高だー!」にまで持っていってくれた一年。 この時間がいちファンにとってもどれだけ特別なものだっ…

凪のその先。

2021年版ニュージーズ雑誌ラッシュがまだ半分しかすぎていないというのに、次にぶろぐを書くのはニュージーズを見てからだろうと思ってたのに、”ここで書く”文字にしなければ抱えきれないほどの気持ちに襲われた。 SODA 2021年11月号。 フォロワーさんには周…

Can SixTONES really Make Up? ~Make Up 和訳と考察~

ごきげんよう、aimです! 京ジェぶろぐをつい1週間前に出したのにぶろぐ更新のスパンおかしくない???って感じですが!もう本当にMake Upを聴いて居ても立っても居られないので過去最速の和訳ぶろぐです。 曲の概要の50文字強が公開されただけでこれだけ取…

10cm間の深淵。~わたしの京ジェ論~

ジェシー、初めての単独主演舞台、スタンディングオベーション開幕おめでとう。 ずっとまとめきれていなかったこの京ジェぶろぐを、大我さんもニュージーズが上演が決まった上で、今日この日にあげることができてとても嬉しいです。 と言ってもいつも通り、…

『推し、燃ゆ』を読んだらSixTONESを好きな自信が増した。

今更だけど、『推し、燃ゆ』を読んだ。 世間の注目を浴びている作品であるのと共に、心を抉られるオタク(=同じ種族)が多発しているという空気感だけずっと感じていて。 自分も抉られる側に当てはまるのだろうか、今後の推しを見る姿勢が変わったらどうし…

Best Dressed Breakfast Awards ~Strawberry Breakfast 衣装考察~

ごきげんよう、aimです! 先週火曜日に突如サプライズプレゼントとして投下され、瞬く間に500万回再生も超えたStrawberry Breakfastのmv。 www.youtube.com このmvがあらゆる意味で完璧で素敵だということは、公開直後のTLに溢れる 解釈の一致・死ぬ前の夢・…

邦ロックスト担アンケート集計結果

ごきげんよう、aimです! そして大変、大変、長らくお待たせいたしました! 3月末に突発的に始めた邦ロックスト担アンケートの集計結果発表ぶろぐです!!! 調査内容を欲張りすぎて超大作のブログになりましたが、大変興味深い結果なので是非最後まで、お好…

京本大我さん10000字インタビューを読んだ。

ごきげんよう、aimです。 今回はただひたすらに、京本大我さんの10000字インタビューを読んで溢れ落ちていく感情をどうにか受け止めたい記録。あくまでも私の受け取った感情と勝手な推察。 きっと正解ではないけど、正解なんてないのかもしれないし、とにか…

Connecting your call to SixTONES... ~Call me 和訳と考察~

ごきげんよう! またまた書きたいブログリストをすっ飛ばして書きたい衝動に従い、Call meの和訳と考察を書くことにしました。 個人的にSixTONESの全編英詞曲史上もっとも歌詞の意味を理解して聴くべきだと思うCall me。解禁時に書いていた歌詞予想ではやは…

Cause SixTONES is my blessing of a Lifetime ~Lifetime 和訳と考察(と英訳)~

ごきげんよう!(最近大我さんのぶろぐこれで始まらないのに続けるべきか悩むaimです…) 書きたいブログも考察したい衣装も溜まりに溜まっているのですがどうしても早く書かねばという衝動に駆られ、Lifetimeの和訳と考察のような感想のようなものを先に書く…

憧れの原石に一生ものの恋を。

京本大我さんが好きだ。 どれだけ好きか、ありとあらゆる形容詞やら世界一やら宇宙一やら色々と付け足したい気持ちはあるけど、1番シンプルに。 私は京本大我さんが好きだ。 私は自分の直感をすごく信用しているところがあって、一度直感的に好きだと思った…

The beginning of aiming for Diamonds ~SixTONESに落ちるまで~

ごきげんよう! スト担ブログブーム、初めて8.8を過ごしたこと、そしてSixTONESを好きになってからほぼ1年経つことに後押しされ、ようやく沼落ちの経緯をまとめてみました! 自分がなんのオタクか聞かれたときに邦ロックオタクの人格の方が勝ちやすいにも関…

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら⑤

もしも大好きなSixTONESが大好きな邦ロックを歌ってくれたら…という夢シリーズその5。ヨルシカ、雨のパレード、黒木渚、米津玄師について。

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら④

もしも大好きなSixTONESが大好きな邦ロックを歌ってくれたら…という夢シリーズその4。RADWIMPSとSEKAI NO OWARIについて。

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら③

もしも大好きなSixTONESが大好きな邦ロックを歌ってくれたら…という夢シリーズその3。Hello Sleepwalkers、LAMP IN TERREN、Mrs.GREEN APPLE、ONE OK ROCKについて。

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら②

もしも大好きなSixTONESが大好きな邦ロックを歌ってくれたら…という夢シリーズその2。BIGMAMA、BUMP OF CHICKEN、Czecho No Republic、The Floorについて。

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら①

もしも大好きなSixTONESが大好きな邦ロックを歌ってくれたら…という夢シリーズその1。[Alexandros]、androp、Base Ball Bearについて。

Why "Crimson" became "White" ~SixTONESとImitation Rainと白と~

やっと完成した初めてのブログ! まずはごめんなさい、タイトル思いつかなすぎてカッコつけました() ”紅が白になったわけ” そんな答えを私が知るはずがありません。 でもそういうことを考えたくなるほど、SixTONESのImitation Rainの白衣装は素晴らしい、…