Chasing Diamonds

長文考察愛だだ漏れ系aimのぶろぐ。140字じゃ足りない愛は原石を追いかけて。

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら③

ごきげんよう

 

少し期間が開きましたが、今回のブログも前回に続いて、SixTONESに歌って欲しい邦ロック曲リストの解説 第三弾です。

 

リストの全貌はこちらから。

 

第一弾とこの企画の趣旨や私の邦ロック遍歴、そして第二弾はこちらからご覧いただけます。

aimingforsixtomatones.hatenablog.com

 

aimingforsixtomatones.hatenablog.com

 

 

今回もアーティスト名にはオフィシャルサイトのリンク

(サイトから各種サブスクサービスに飛べます)

MVがある曲は曲名にYouTubeのリンクを貼ってありますので

お時間のある方は曲を聴きながら読んでもらえたらとても嬉しいです。

 

第三弾では4バンドの曲を紹介します。

目次からお好きなところだけでもどうぞ!

 

  

もしもSixTONESが邦ロックを歌ったら③

 

Hello Sleep Walkers

力強いツインボーカルトリプルギターが特徴の5人組バンド。

2014年にアニメノラガミのオープニングテーマに午夜の待ち合わせが抜擢されたことでご存知の方ももしかしたらいるかもしれません。

ハロスリの楽曲からはいつも高い攻撃力近未来感を感じていて、

その要素と物語性を両立するところが好きです。

そして今回リストアップしたバンドの中で一番SixTONESとの予想外の相性の良さを感じたのがハロスリ。

オススメのアルバムはLiquid Soul and Solid BloodPlanless Perfectionです。

とにかくかっこいい。痺れる感じ。

 

 

ツインボーカルと言えど大多数の曲で肝となるのが女性ボーカルのナルミさんの声なので、攻撃力の高さという意味でも、闇属性大我さんに歌っていただきたい曲ばかり!

 

その中でも選んだのは百鬼夜行天地創造水面夜明けPerfect Plannerです。

 

特に天地創造は曲の展開が大好きな上、この物語調の歌詞を大我さんが見事に演じる姿が想像できます。

 

夜明けも大好きな曲でまさに夜明けを感じる空気感と儚い感じがとっても大我さん。

孤立と共感を天秤にかけて

今日も自分を保っている

簡単なことさ

生き抜くことは枯れた水脈を掘り当てるくらい

何度も何度も繰り返せば

いつもと違った朝が来る

ここの歌詞とか好きなんじゃないかなと勝手に思ってます。mvも素敵。

 

Perfect Plannerの単語を連続させる印象的なサビも素敵に歌ってくれそうだな〜と想像したり。

 

 

ジェシーには優しさもあるけど少し影を感じるハーメルンはどのようにして笛を吹くのかを。

ハロスリ得意の物語調の歌詞と緩急がしっかりした曲で、歌唱力の高さも際立つと思います。

 

 

樹にはスピード感が気持ちいい2曲、Worker Ant2XXXを歌って欲しいです。

この曲の樹との相性は実はかなり自信あり笑

ちょっとラップに近いほど言葉が羅列され、反骨精神の強さが樹っぽいWorker Ant

最強の装備で身を固めた無敵の状態、という空気感を纏った2XXX

2曲ともフードを被った樹さんに見下ろされながら聴きたいですね←

あとシンプルに2XXXの冒頭の

Welcome to the cutting edge of technology

樹に言って欲しい…絶対似合う……

 

 

北斗に歌って欲しいのは朝に二人は

きょもに当てた夜明けと同じような時間帯の歌ですが、

朝が来たら君の街へ行き

僕の気持ちすべて晒して

声にして答えを聞かせて

君の番だよ

ここの歌詞に北斗っぽさを強く感じます。

結局この僕側の想いしか歌われずに曲が終わるのもとても北斗っぽい。

 

 

 

 

LAMP IN TERREN

一度聴いたら忘れられないハスキーなボーカルが特徴の4ピースバンド。

「この世の微かな光」という願いが込められたバンド名から伝わるように、

希望にも絶望にも優しく寄り添ってくれるような曲が多い印象のバンドです。

お気に入りのアルバムはfantasia

 

 

きょもに歌って欲しいのは私がテレンの曲の中で一番好きな地球儀

現実にマイナスの感情を抱きつつも、音楽の力で夢に向かって解放されていく歌詞がまさに大我さんだと思います。

特に

今なら飛べるさ 音に乗って

くだらない日常の中へ

ラクタに見えても

きっと輝くから

は歌の力を信じる大我さんとの親和性が高いと思います。

歌っている時間を"翼が生えて飛ぶほど楽しい"と表現する大我さんにくるくるぴょんぴょん踊りながら歌って欲しい1曲。

 

 

ジェシーに歌って欲しいリメンバーはいなくなってしまった大切な人に向けて歌った優しい曲。

どことなく感じる少年ぽさと温かい切なさにジェシーを感じました。

アコースティックアレンジとかでも素敵かも。

 

 

北斗に歌って欲しいeveは繊細だけどポジティブな曲。

ぼくがきみへと贈れたものなど

きみがくれたもので滲んでしまった

今も当てのない声 ただ風に任せて

胸にしまい込んでいる

ここの歌詞に一番北斗を感じたのですが、ここから先の歌詞で弱さと向き合いながら勇気を振り絞っている感じも北斗っぽいと思います。

 

 

 

 

Mrs. GREEN APPLE

お待たせしましたここできょもが聴いていると噂のミセスです!!!

ボーカルとギターがジェシーと同い年、ほぼほぼSixTONESと同世代で、

最近のバンドとしては珍しくとても若くして人気が出た5人組バンドです。

タイアップもいろいろやっていますが、ドラマ僕たちがやりましたの主題歌のWanteD! WanteD! や、映画青夏 きみに恋した30日の主題歌青と夏あたりが有名でしょうか。

嵐ファンの方はニノが最近Attitudeをベイストでカバーしたことでご存知かもしれません(私はあのカバーに感動しすぎて今でも録音を繰り返し聴いています)

 

特徴はなんと言ってもボーカル元貴くんの圧倒的な歌唱力。本当にすごい歌うまお化け()

私はデビュー曲のStaRtの冒頭4秒で元貴くんの歌声に心を奪われ、5年経つ今でも、誰かの声にここまでの衝撃と瞬間的な感動を感じたことがありません。

とにかく歌声の持つパワーがすごい。

 そして特に初期曲に感じられる、

感受性の強さと知性を感じる哲学的な歌詞も唯一無二で素敵です。

元貴くんには良い意味でSEKAI NO OWARIの深瀬くんとのマインドの近さを感じています。

 

アルバムは初期の3枚、ProgressiveVarietyTWELVEが大好き。

一番"生"な感じのミセスが詰まった3枚です。

 

 

悔しいことにきょもが選んだ僕のこと点描の唄は私のリストに入っていなかったのですが(入ってたらもっと発狂してたけど笑)

すでに本人が歌っているアーティストだと知って余計に歌って欲しくなった曲は

我逢人CONFLICTStaRtL.P恋と吟愛情と矛先umbrellaFACTORY春愁アウフヘーベン

特に苦しみと葛藤を歌いながらも儚く

貴方の愛しい胸に

その葛藤がある限り

この世も諦めることはなく

微笑みかけるでしょ

と歌い切るCONFLICT

悲痛な叫びに満ちたL.P(タイトルはLove Personの略)

胸がぎゅーっとなる失恋ソングumbrella

胸が痛い この痛みに名前をと

じゃなきゃとてもじゃないけど

生きていけないよ 嫌になるから

振り続けるんだ 雨は

少しだけでも 

僕が傘になる 音になって

会いにいくから

を大我さんに弱々しく微笑まれながら歌って欲しいです(想像して勝手に死にかける私←)。

それから産みの苦しみを歌ったFACTORY

社会に疑問を投げかけるアウフヘーベンでは

君との未来があるけれど

僕たちの住む世界は

「歪んでいて綺麗なもの」でした

と歌うきょもをみたいです。

本人も聴いて歌っている情報が入ってきたし全体的に歌唱力の面でも相性が良いバンドだと思うので、いっぱい歌っていつか聴かせて欲しいです…

 

 

ジェシーには優しくて大きな愛を感じるバラード2曲、えほんThey are

そしてマイナスも知って、乗り越えて、たくましく生きて行こうよと希望をくれるLionを。

特に

「素直に心を開きたい」

きっと相手もそう思っている

世界は貴方が思うより

悪くないかもよ

の歌詞はジェシーに歌ってもらうことですごくパワーをもらえる気がします。

 

 

慎ちゃんに歌って欲しいのはREVERSE

やっぱり洋楽っぽいノリが似合う慎ちゃんには

ミセスの実験的なサイドのこの曲を歌ってほしいと思って選びました。

 

 

北斗はリスキーゲーム灯火も歌って欲しいのですが、

とにかく歌って欲しいのがナニヲナニヲ!!!!!!(急なテンション)

社会に疑問を投げかける歌詞が多いミセスですが、

痛々しい感じで感情がぶつかってくるナニヲナニヲは間違いなく北斗。

しかも

「君を愛していたいの」

僕は 愛していたいの

叶わない恋ならば

共に灰になろう

「笑っておくれよ冗談だよ」

「他の人」が良ければ

別にそれでもいい

これは!!!もう!!!北斗!!!!!!(語彙力)

灯火を擬人化した物語の歌詞の灯火も、切ないけど力強くてきっと北斗に似合う曲。

是非歌詞で物語を楽しんで欲しい1曲です。

 

 

やっぱり楽しくて可愛い曲を当てたくなってしまうこーちさんにはOzキコリ時計を。

特にOzオノマトペがたくさん散りばめられた歌詞がとっても可愛くて元気になります。

踏み出せば

不思議な旅は自ずと進んでいく

行き先は君次第

お城はどんな色ですか?

笑顔のこーちしか思い浮かばない〜

 

 

 

 

ONE OK ROCK

言わずと知れた、世界的に見ても今の日本を代表するロックバンド ワンオク。

ここ数年海外進出が本格的になるにつれて音楽性に大きな変化が生じたバンドですが、

これぞロック!という精神は全くブレることがなく、本当に自分の信じる”かっこいい”を追求するロックバンドだと思います。

 演歌歌手x2の最強の遺伝子がさらに努力で磨き上げられたTakaの圧倒的歌唱力と、

生で見ると余計に感じる別格の迫力と音圧がワンオクの特徴だと思います。

 アルバムはみんな好きだけど出会いの人生×僕=(読み:人生かけて僕は)が特別。

 

 

歌唱力(特にシャウトもしちゃう闇属性大我さん)の面でワンオクとの相性が良いきょもには歌って欲しい曲がたくさん。

 

初期曲の中だとシャウト気味に歌って欲しいのがLOST AND FOUND

 

アルバムNicheシンドロームの曲は本当に名曲代表曲揃いで、

ベタに完全感覚Dreamer混雑コミュニケーションも歌って欲しいけど、

一番はやっぱり未完成交響曲

生きる限り日々努力して

その度に学んで七転び八起き

もしも僕が明日死んでも

何かここに残せるよな

そんな人間になりたいありたいって

思いながら日々生きてる

・・・

この世に要らないこだわりなんてないから

努力家で好きなものには溢れる情熱を注ぐきょもの精神性にとっても近い気がするので歌って欲しいです。

 

Clock Strikes

永遠がある世界が理想ではなく

それを信じ続けている姿

それこそ僕らが望むべき世界

と気づくことができたなら

What will we have?

も”ずっと”という言葉を臆せず使ってくれる印象が強いきょもに歌ってほしいなと思います。

あとシンプルにだいっすきな曲だからきょもに歌ってほしい笑

 

しっとりしてるけど確実に強さを持ったFight the nightリスト上でRight the nightになってますすみません…)

しなやかでありながら強い大我さんらしさを感じる曲。

We'll fight fight till there's nothing left to say

Whatever it takes

Fight figh till your fears they go away

The light is gone and we know once more

We'll fight fight till we see another day

”たとえ光がなくても、限界まで戦い続ける”姿勢、大我さんだと思います。

 

最近の曲だと、きょもがお気に入りのキングダムの主題歌だったWasted Nights

圧倒的な歌唱力がなければ絶対に歌えない名曲ですが、

きょもなら間違いなく歌いこなせるので是非歌って欲しいです。

 

 

特に最近のワンオクの曲は英詞がほとんどでTakaの発音もどんどん良くなっているので、ジェシーに歌って欲しい曲もたくさんあります。

個人的に発音以外に声質の面でもTakaの声にジェシーが一番置き換えやすかった印象。

 

初期曲だと欲望に満ちた青年団

青いまま青さを歌った初期のTakaらしさ全開の曲だと思っているのですが、バカレア時代のSixTONESを思いながらジェシーにリラックスした感じで歌って欲しいなあと思います。

 

キミシダイ列車のサビで繰り返される

Just hold on tigh, it can be alright

We take it back 取り戻すのさ

過去の自分が今僕の土台となる

もいくつも壁を乗り越えてきたSixTONESの歌としてジェシーに代表して歌って欲しい感じ。

 

The Beginningでは

悲しみと切なさの艶麗

は北斗だと思うのですが

Look how far we've made it

The pain I can't escape it

このままじゃまだ終わらせることはできないでしょ

何度くたばりそうでも朽ち果てようとも

終わりはないさ

It finally begins

とサビの歌声の力強さがすごくジェシーだと思います。

今更だけどほくじぇのデュエットにしちゃうか……?(震え)

 

Good Goodbyeはしっとり落ち着いた感じと

切ないけど穏やかな英詞が心地よい1曲なので絶対ジェシー

 

Ambitionsというアルバムの海外盤にしか収録されていないのですが、

Jadedジェシーに歌って欲しい1曲。

Jaded, feeling like you're out of mind

I believe, I believe, I believe in you

Even after all this time

Jaded, don't you wanna feel alive?

I believe, I believe, I believe in you 

I believe the dream will never die

Jaded(うんざりした、疲れ果てた)状態に達してる人に

”それでも俺は信じてる!生きてる実感を持ちたくないか?夢はいつまでも生き続けるって俺は信じてるぜ!”って

これだけ繰り返しいうパワーがあるのはジェシーだと思います。

 

One Way TicketTake What You Want (ちなみに5SOSとのコラボ曲)ジェシー本人に近いものを感じるというより、

ジェシーに”演じて”欲しい曲。(こう考えるとジェシーの恋愛観だいぶ謎だな…)

 

そして絶対何がなんでも歌って欲しいのがStand Out Fit In

違う文化に触れる苦労を経験したことのある人なら誰しもが感動し救われる曲だと思います。

MVも素晴らしくて、比較的恵まれた帰国子女生活を送ってきた自覚のある私でも初めて聴いた時に涙が止まらなかった曲。

この曲の一番大事なメッセージをTakaに劣ることなく、120%伝える力があるのはジェシーだと思います。

歌詞はもう全文見て欲しい…

 

行動を起こそうぜ!と投げかける曲としてThe Last Timeジェシーに合うと思うのですが、より歌って欲しいのはChange

I know we got the power

Masters of our own fate

Together we are stronger

As long as we got faith

(中略)

You know it's not too late for us to make a change

You gotta listen to your heart what does it say?

No matter how much we might bend we will not break

'cause we got what it takes to stay

先の”自分たちの運命を変える力を俺たちは持ってる、信じる気持ちを持っていれば一緒にいることで強くなれる”という部分はSixTONESだし、"自分の心の声を聞こうよ”と投げかけるところにすごくジェシーを感じます。

 

 

慎ちゃんにはワンオクの甘くて切ない名曲を。

 Heartachedocomoのcmにも使われた Always coming back

特にHeartache

It's so hard to forget 固く結んだその結び目は

It's so hard to forget 強く引けば引くほどに

You and all the regrets

解けなくなって離れなくなった

今は辛いよ それが辛いよ

すぐ忘れたいよ君を

So this is Heartache? 

So this is Heartache?

たろぴのキャラメルボイスで聴きた〜い!!!

"心が痛いってこういうこと?”って海辺で歌って欲しい〜!!!!!!

 

 

樹には歌詞の空気感に樹っぽさを強く感じたLetting Goを歌って欲しいと思いました。

ほとんどのワンオクファンは日本を離れて海外での活動を本格化させたワンオクからファンへの曲として捉えている曲ですが、まっすぐに受け取れば恋人との別れの曲のように聞こえる曲です。

I hope you know 

That it wasn't easy

Letting go 

”手放すのは簡単じゃなかったってわかってくれると嬉しいな”、

ヘラっと笑った爆モテずるい男樹さんに歌って欲しい〜!!!(大の字)

 

 

北斗にはまだ青さと尖が際立ってた頃のワンオクを歌って欲しいなと。

皆無

ここは皆無・カイム

森やビルや人でさえも 誰かの作る幻想で

だったとしたら 君はまさに

誰かの作るカラクリにまんまと手を貸しているのかい?

この世の中を憂う感じが北斗っぽい…。

叫びの歌であるLiar

Staring your eyes to feel

この想いが届くようにと願うけど

理想とは裏腹 so cold

隣で微笑む君

Hey liar, hey liar

を全力で北斗に叫んで欲しいです。

 

 

 

 

ということで第三弾いかがでしたでしょうか。

邦ロックに限っても、本当に様々な個性を持った素敵な音楽が溢れているので、1曲でも興味を持って聴いて楽しんでいただけたらとても嬉しく思います。

おうち時間が減る予定なのでいつになるかは未定ですが、好きなバンドトップ3に入るRADとセカオワが登場する第四弾、あまり期間を開けずに書けたらいいなと思っています。

また目に留めていただけたらとても嬉しいです。

 (感想を頂けるとさらに嬉しいです(小声))

 

 

 

本日も長文にお付き合い頂きありがとうございました!